つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

お盆休みをどう過ごすか

2019年08月11日 09:19

420e9d77ca1a39cc885b6ea5ffad3c32_s.jpg


まもなくお盆休みがやってきます。
今年は、8月13日から15日というところが多いようですが、

8月12日が山の日祝日ですので、
10日から16日も休んで18日までの9連休という方もいらっしゃるようです。


基本的に政治家は、
お盆休みにも夏祭りがあったり、
様々な行事があり、

特に今年は16日から仙台市議選が始まりますので、
参院選に引き続き選挙態勢のため、

毎年のとおり残念ながら夏休みはないのですが、
しかし通常業務や人の動きも少なくなるので、
時間的に余裕ができるときでもあります。


思い出してみると、
平成26年の4月から7月に
初めて東北大学大学院で講師をした後、

こういう講義を受けてみたいという声をたくさんいただき、
偶然8月になって中小企業庁の創業スクール事業を知り、

お盆休みのすべてを使って徹底的に
創業スクールの事業計画をつくりました。


お盆明けに公募書類を提出し、
9月以降採択を受け、
その後創業スクール事業が急展開しました。


お盆休みになると時間に余裕ができるので、
普段できないようなことを徹底的にやるということは
その後の人生を大きく変える可能性が高いです。


キャンプでもいいでしょうし、
子供と徹底的に遊ぶというのもいいですね。

読書を徹底的にやるというのもいいですし、
私のように事業計画を練るというのもいいと思います。


時間は有限です。


多くの人がご存知のことと思いますが、
明日がいつも通りにやってくるとは限りません。

どんな人も、
赤ちゃんもおじいちゃんも、
余命を推し量ることはできません。

そうであるならば、
このお盆の期間中に徹底して何かをやってみる、
それもまたよいことではないかなと思います。


いまこの瞬間に徹底して挑戦をする。
まとまった時間がとれる時がチャンスですね。


宮城県議会議会運営委員会の県外調査に行きました(静岡県、大阪府)

2019年08月07日 23:31

68508733_2871763669517507_7554875274987307008_n.jpg


8月6日から7日まで、
宮城県議会 議会運営委員会の県外調査ということで、
静岡県議会、大阪府議会へ超党派で出向き、調査をしてまいりました。

議会運営委員会とは、
議会の運営、ルールなどについて議論をする委員会で、
直接住民に関わる政策とは距離がありますが、
政治家が議論をする土台となる場ですので、
非常に重要な委員会であると感じています。



●静岡県議会

定数は68名(宮城県議会は59名)、
静岡市、浜松市という政令市を要する静岡県議会です。

自民改革会議が39、ふじのくに県民クラブが19、
公明党静岡県議団が5、無所属が5。

予算は7常任委員会で審査(宮城県議会は予算特別委員会を設置、分科会と総括審査)。

代表質問は全定例会で実施(宮城県議会は2月及び9月定例会)。
一般質問は25分以内、一問一答方式を含む分割質問方式又は一括質問方式の選択制。

県議会だよりを年4回発行、新聞折込やポスティングにより配布。
県内高校生全員に配布するとともに高校へ授業での活用を依頼。
(宮城県議会では県議会だよりを年4回新聞に掲載)

県議会議員が高校へ出向き生徒と意見交換、
県内大学生向けの情報誌へ広報記事の掲載。

ふれあい親子県議会教室(小4-6対象、保護者)。
動画のホームページ公開。


議会のルールはそれぞれの議会により様々な歴史がありますので、
多様な慣習があるわけですが、
議会改革を進めるにあたりどういう取り組みが可能なのかは、
他県の事例を聞くと非常に参考になります。

特に同じ人口規模の県議会については、
イメージがわきやすいですね。





●大阪府議会

定数は88名(宮城県議会は59名)、
大阪市、堺市という政令市を要する大阪府議会です。

大阪維新の会大阪府議会議員団が51、
自由民主党・無所属 大阪府議会議員団が16、
公明党大阪府議会議員団が15、
日本共産党大阪府議会議員団が2、
民主ネット大阪府議会議員団が2、
改革保守が1、創生保守が1。


8常任委員会で審査(宮城県議会は6常任委員会)。

特別委員会は2025年大阪・関西万博推進特別委員会(宮城県議会は予算、決算、5調査特別委員会)。

議会運営委員会は定数17、委員長は議長、副委員長は副議長。

代表質問は2月及び9月(前半)定例会で実施(宮城県議会は2月及び9月定例会)。
一般質問は任期中一人最低2回は質問できることを基本とし、
毎年定数の半数の議員が質問できる機会を確保することとしている。
一人20分以内、一問一答方式を含む分割質問方式又は一括質問方式の選択制。

9月議会と12月議会を統合、9月議会は平成30年度85日間実施。

府議会だよりを年4回発行、新聞折込で配布、府政だよりと合併発行。
大阪府議会出前授業。
キッズ大阪府議会。
議員インタビュー動画の配信で質問のポイントや思いを伝える。
府議会Facebookの運用。定例会周知ポスター。


大阪府議会のこの10年余りの改革は、
橋下改革の流れなのかと思います。

議会改革も様々取り組んでいて参考になりますが、
変えていったことによるデメリットなども、
見えてくる時期なのかと思います。

これは総括的にみなければならないと思いますが、
その効果をどのようにとらえるのかも考える必要がありそうです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


静岡、大阪の取組を調査しましたが、
大きなヒントが得られたものと感じました。

それぞれの議場に実際に足を運び雰囲気も感じながら、
宮城県議会とのちがい、
ルールのあり方やそれぞれの経緯などを知る貴重な機会でした。


議会運営は政策形成や行政と直接は関りがない、
つまり住民生活に直接影響があるものではありませんが、
間接的に大きな影響があるものです。

なかなか取り上げられることも少なく地味な分野ですが、
議会の土台を支える重要な、政治家の醍醐味ともいえる分野ですので、
これから政治家としての経験を重ねながら、
議会運営の研究も進めていきたいと感じた今回の調査でした。


浪人生活の感覚を思い起こすこと

2019年07月22日 23:59

111105 渡辺勝幸出陣式


参院選も終わり、
8月25日には仙台市議選、
そして10月27日には私自身の宮城県議選があります。

私にとって今度の選挙は3度目の選挙となり、
1度目は次点にもなれず落選、
2度目にトップ当選ということで、
落差のある2回の選挙を経て、
現職として初めて迎える選挙になります。

党務の青年局長をはじめ、
PTA会長や諸団体のお役目をいただき、
そして県議会も公務として9月議会がありますので、
時間のないなかで戦うはじめての選挙であり、

若林区では新人も自民党はじめ各党から出馬しそうですので、
守りの選挙になるのは、
私にとってはなかなか厳しいものがあります。


しかしながら、
失業、被災、落選した五年間の浪人生活を思い出すと、

その頃に比べると自分自身も成長し、
また多くの方に支えていただけるようになったなという実感があります。


そして同時にあのころは、
自分が未熟だったなということも感じます。

未熟だった自分を多くの人に育てていただいたなと思い出しながら、
よく考えてみるといまだなお成長途上であるとも感じます。

経験を積み未熟さは薄れてきたと思っていますが、
しかし政治を志した原点は忘れずに、

そして自らが逆境の状況から、
志を忘れずに、狂っているほどの行動をする、し続ける、

そんな日々を送り続けるということを、
自分が倒れる日が来るまで止めないでいたいと思っているところです。



以下に引用するのは、平成25年、
落選してから二年の日のメルマガ記事です。

落選直後もつらいものですが、
先が見えない中間の時期というのはもっとつらいものだったなと思い出します。

このころから次の選挙が見えてきたので、
徐々に徐々に目標が明確になってくるのですが、

孟子が

「志は気の帥なり。
目標を持てば、気力は自然と湧いてくるものである」

と言ったように、

浪人生活のつらさを乗り越える最も重要なポイントは、

「目標を持つことができるかどうか」

にあると経験して感じました。



令和元年7月22日現在、
街頭活動は778回。

平成25年、このころの感覚をときどき思い起こしながら、

日本の政治をつくる、世界を変えるんだ
という大きな目標を持ちつつも、
いまできる小さなことを着実に継続していきたいと思っています。




─────────────────────────────
【引用ここから】


【私が落選して、二年がたちました】


平成23年11月13日、
私は宮城県議会議員選挙に無所属で立候補し、

5,042票をいただきましたが、
落選しました。


あれから二年がたち、
落選翌日から続けてきた街頭活動も、
数を数えると246回となりました。


長かったような短かったような、
そしていろいろなことがあった二年でしたが、

新しい政治を「つくる」んだという志だけは、
なんとか持ち続け、
現在に至ります。


家族をはじめ、つくる仙台関係のみなさん、
そして地域の多くのみなさんのお支えがあって、

二年間なんとか活動を続けられました。


衆院選、市長選、参院選、そして知事選と、
この二年は選挙が多い二年間であり、
私自身の名前があがったりもした二年間でしたが、

おそらくあと二年は、
仙台で選挙が行われることはないでしょう。


起伏のないなかでの地道な政治活動というのもまた
浪人にとっては大変なものがあります。


しかし、
早朝の街頭活動をしていると、
それぞれの場所でなじみの顔の方が増えてきました。

最近では点が線に変化したような感覚にも。

いろんな人に別の場所で会ったときに、

「いつもがんばっているの見てますよ」

と声をかけていただいたり。

大人だけでなく、
ちびっこも小学生も中学生も。

街頭活動をただ続けたということだけで、
人の輪が広がっていくようにも感じ、

また毎日朝早くに街頭に立つという
普通に考えると困難なことも、
最初は大変厳しい精神状態でしたが、

次第に時が経つにつれ、
なじみの顔がそこにあるから行かなきゃな、
という楽しい気持ちになってきたのでした。


ポジティブチェンジですね。


しかし不安がまったくないわけではありません。

街頭に立ち続けたからと言って、
次の戦いで必ず勝利できる保証はどこにもありません。

風次第でいくらでも結果が変わってしまうのが政治の世界。


不確定な将来ではありますが、
そして逆境が長きにわたり続き、
何度もあきらめかけたことはありましたが、

あと二年、
なんとしてでも必死で頑張りたいと思います。




ところで、日本の原点は、
武士道精神にあると私は確信しているのですが、

武士にとっての刀とは、
「道具ではない」のだそうです。

「道具」とは片付け、しまうもの。


しかし武士にとっての刀とは、
肌身離さず、常住死身。


そして私たちは、
刀を身につける武士と同様、
常に「志」を肌身離さず持っていなければなりません。


私にとっては、
志を毎朝毎夕確認する刀のようなものが、
街頭演説なのかもしれないなと、

先日林塾の同志とのやりとりの中で
感じることがありました。



事務所の前に張り出している、
街頭演説の回数表示。

これを一つずつ加算していくことで、
自分には志があるのだとあらためて確認しており、

志に水をやっている場面はまさにこの街頭活動であり、
街頭回数表示を貼っているときなのだなと自覚しました。




そうであるならば、
次の戦いまで、
ひたすら常住死身になって、

人から見れば「狂っている」と思われようとも、
私はやり遂げていきます。




さて、あなたの志は何でしょうか?

その実現のために、人から見れば狂っていると思えるほど、
やっていることは何でしょうか?


いまどん底だと思っているあなたは、
二年前の私といっしょです。

逆境から、
志を忘れずに、

狂っているほどの行動をする、
し続ける、

このことが志を果たすためには必要なのだと思います。


さらに言えば、結果として、
志が果たされなくてもそれでよいのだと思います。




さあ、あと二年。
やっと折り返し地点まで来ました。


皆様の応援、よろしくお願いいたします!



(第1156号 平成25年11月13日(水)発行)


【引用ここまで】
─────────────────────────────



小泉進次郎、宮城県に来たる!

2019年07月11日 23:59

R010711 小泉進次郎2ショット 仙台駅


令和元年7月11日、
愛知治郎候補の応援で宮城入りした小泉進次郎衆議院議員と

南相馬、岩沼、石巻から仙台駅まで同行、
車中で様々お話をし、
宮城県の復興の現状をお伝えすることができました。


この日小泉さんは午前中から茨城県、福島県と演説を続け、
午後に遅いお昼を福島県南相馬市の双葉食堂でとられるということで、
ここまでお迎えに行き、合流しました。


この日は東日本大震災から100回目の月命日。


この月命日である11日を選んで
愛知治郎候補の応援をしてくださったことに、
小泉進次郎さんの強い思いを感じましたし、

また「小泉進次郎の演説」がつくられる過程を垣間見、
そこにはそれぞれの土地への強い愛情と好奇心を感じたところです

小泉さんの演説はかねてより何回も聞いているわけですが、
しっかりした事前準備と地域におけるいろいろな方との会話から、
その思いを酌み取る名演説ができているんだなと感じました。

これを模範として、
私も考えをクリアにしたいと思ったところです。



『小泉進次郎来たる! 岩沼市・石巻市』
7月11日(木)
16:30 フーズガーデン玉浦 食彩館 前(岩沼市玉浦西4-1-1)
17:45 津田海運前(石巻市のぞみ野1-1-2・蛇田中学校南側)



小泉さんや安倍総理はじめ大物が続々応援に来るということは、
この参院選宮城県選挙区が大激戦区であるということであり、
たいへん厳しい選挙になっているわけですが、

こうやって小泉進次郎さんが応援に来ていただけることで、
演説のたびに支持が広がっていることが実感できます。

ありがたいことですね。


終盤戦、また宮城入りしていただきますようお願いします。
小泉進次郎さん、応援、ありがとうございました!

選挙を手弁当で応援することで得られるものがある

2019年07月04日 23:59

65245879_2309056776013502_2682388646094438400_o.jpg


参議院選挙が始まりました。

令和元年7月4日、参議院選挙が公示され、
宮城県選挙区においても選挙戦がスタートしました。


私は、自民党公認の愛知治郎参議院議員候補の、
必勝祈願、出陣式、第一声に参加し、
第一声では例によって締めの必勝コールを担当しました。


この宮城県選挙区では、

政治団体のNHKから国民を守る党の新人三宅紀昭氏(57)、
自民党現職の愛知治郎氏(50)=公明推薦=、
立憲民主党新人の石垣のり子氏(44)=社民推薦=
の3人が立候補を届け出ました。



選挙戦に入る前からですが、
毎度のことながら多くの方が
ボランティアで選挙戦を手伝ってくださっています。

今日のポスター貼りは雨の中でしたので、
県内各地でポスターを張ってくださった方は
きっとびしょぬれになったことでしょうし、

インターネット上で演説会の案内バナーを
深夜にかけてボランティアでつくってくださっている人もいて、
ほんとうにありがたいことだと思います。


選挙において投票所に行って
名前を書いてくださるだけでもありがたいのですが、

自らの仕事の合間に夜も寝ないで、
選挙を支える様々な事務作業を手伝ってくださる方がたくさんいる、

これは本当にありがたいことですし、
こうした方々が政治の背骨を支えてくださっているのだと、改めて感じます。

私には自民党と公明党側しか見えていませんが、
きっと野党側の方々も共産党も含めてそうなのだろうと推測します。


ありがとうございます。


そしてそういう手弁当の方々がどれだけいるかで、
世の中がどれだけよくなるかが
変わってくるものと私は確信しています。


私も若いころから選挙戦にはいろいろな形で携わってきましたが、
こうした手弁当は一見損をしているようで、
自らの大きな力にもなります。


世の中を変え、自らの力ともなる、
そんな機会に出会えたことに
私自身も有り難く思っているところです。


参議院選挙投票日は、7月21日です。
期日前投票もぜひご活用ください。






【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx