日本におけるスペイン年─その原点は伊達政宗と支倉常長 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

日本におけるスペイン年─その原点は伊達政宗と支倉常長

2013年03月17日 18:00

2013年6月から2014年7月にかけて、
今年が「慶長遣欧使節団派遣400周年」に当たることから、

日本側がスペインにおいて
「日本スペイン交流400周年事業(スペインにおける日本年)」を、

スペイン側が日本において
「日本におけるスペイン年」を、

それぞれ開催する運びとなりました。


今年は、日本とスペインにとって記念すべき年となるわけです。

その両国の原点となる出来事が、


1613年の慶長遣欧使節


でした。



1613年(慶長18年)のこと、
仙台藩主伊達政宗は、大御所(前征夷大将軍)徳川家康の許可を得て、

スペインに向け支倉常長を大使とする使節を派遣しました。

これが慶長遣欧使節団と呼ばれるもので、
この使節団は、日本人として初めて太平洋と大西洋を横断し、

1614年(慶長19年)にスペインに到着し国王フェリペ3世への謁見を果たしています。


支倉はスペインにおいて洗礼を受けてキリスト教徒となり、
その後、ローマを訪問し教皇パウロ5世への謁見も果たしました。


ちなみに私も十年前イタリアに行ったときに、
せっかくと思って、支倉常長が到着したイタリアのチヴィタヴェッキア(Civitavecchia)という港町へ行ったことがあります。

日本人はほとんどいませんでしたが、
すてきな港町でしたね。


さて、この使節団の目的は、当時スペイン領であったメキシコとの通商関係の樹立であったとされており、
使節団の派遣はスペインに対する日本からの最初の公式な使節団の派遣であり、
日西関係の端緒となる重要な出来事として歴史に刻まれています。



今年はたまたま400年の記念すべき年ということを知りましたが、
あらためて伊達政宗という人の発想の大胆さ、豊かさを感じるところです。

当時、戦国時代が終わり江戸時代の基礎が固まりつつある頃、
その野心はともかく、仙台と江戸の政治にとどまらず、

世界へ視点を向けていた伊達政宗の着眼点は、
当時の大名のなかでもなかなかなかったのではないでしょうか。


また現在、この「慶長遣欧使節関係資料」をスペインと共同で、

ユネスコ記憶遺産

として日本は推薦をしています。

今年5月にも、ユネスコ記憶遺産国際諮問委員会による審査、
ユネスコ事務局長による決定が行われるのではないかと言われていますが、
これもまた地元としては盛り上がる話でいいですね。



支倉常長は、サンファンバウティスタ号という船に乗って、
石巻の月の浦港から出港しました。

実は不思議なことに1611年、慶長の大地震が発生し、
仙台藩も大津波によって大変な被害をこうむりました。

当時の死者は五千人以上とも言われています。

その400年後の2011年に東日本大震災が発生したのは、
何か不思議なものを感じます。


伊達政宗は災害復興のために、
石巻に港をつくり南蛮貿易をしようと考えていたと言われています。


伊達政宗の歴史といえば前半生の戦国時代が有名ですが、
江戸時代の平和になってから、大津波が発生し、復興に力を尽くしたことはあまり知られていません。



いまこうやって仙台の原点を知ったとき、
400年後の私たちもやはり伊達政宗のように大胆な発想をもって、
リスクを取ってでも積極的に戦わなければいけないなと感じます。

結局支倉常長が戻ってきたころ、
日本は鎖国政策を採用してしまい、
伊達政宗の所期の目的は達成されませんでした。


しかし、伊達政宗のチャレンジ精神は私たちが受け継ぎ、
400年前と同じように、復興を成し遂げなければなりませんね。


今年はこれもご縁ですので、
ぜひともスペインに注目していきたいと思います。







【参考】
日本スペイン交流400周年事業(在スペイン日本国大使館)

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/991-62def969
    この記事へのトラックバック



    fx