【祝900号!】「継続」は、本気と覚悟と自己満足を。 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【祝900号!】「継続」は、本気と覚悟と自己満足を。

2013年03月02日 18:00

本日メルマガ発行をもちまして、
900号を達成しました。

800日以上毎日欠かさずメルマガを発行しております。

毎日読んでくださる方、
時々読んでくださる方、
ありがとうございます!

900回メルマガを書いてきたのかと思うと、
長かったような気もしますが、あっという間ですね。

ついに1000号の大台が見えてきました。

100号ぐらいのときに、1000号、10000号にすると豪語していましたが、
あまり現実感はありませんでした。

本当に1000号が近づいて感じるのは、
意外とあっさりいけるものなのかなと思っています。


ただ継続するだけでなく、
ここからは読者のみなさんやいろんな方々と、
このメルマガを媒体としてリアルにつながることができるよう工夫をしていきたいなと思います。


ぜひ、ご感想など、メールをください!
よろしくお願いいたします。







メルマガだけでなく、科学技術や産業の分野、宇宙の世界でも、

「継続は力なり」

ということが言われているそうです。



こんな時代こそ「継続は力なり」
(テクノロジー編集部BLOG)





─────────────────────────────────
【引用ここから】


「青年よ強くなれ、牛のごとく、象のごとく……継続は力なり」。住岡夜晃氏の「讃嘆の詩」に出てくる一節です。明治から昭和を生きた宗教家が説いたのは「一心に一本道を歩み続ける」ことの大切さでした。

そして現在、科学技術や産業分野では「創造的破壊」ともいえるイノベーションが問われる一方で、継続することの重要性が再認識されています。

   ◇         ◇

オゾンホールは(日本の南極観測基地)昭和基地で得たデータから発見された。しかし、いったんデータが途切れると、それまでの蓄積が無駄になってしまう」──。第39次日本南極地域観測隊(1997~1998年)の越冬隊員として南極に滞在した外科医の大野義一朗氏はこう語っています。先日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開催した星出彰彦宇宙飛行士の国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在報告会のトークセッションでのことです。



その日のテーマは「科学と技術が切り開く未来、宇宙の技術から見えること」。今夏に宇宙に打ち上げられる人型ロボットの人工知能開発に携わるトヨタ自動車のエンジニアの片岡史憲氏、星出氏と大野氏が自動車開発、宇宙飛行士、外科医という異なる立場から自らの体験や考えを語り合いました。

3人が繰り返していたのがまさに「継続」という言葉です。

「技術は継続、進化させていかなければならない。よい種をまいて、いい時期に刈り取れるように仕掛ける。ただ、刈り取りには時間がかかる。(何も収穫できないと思いがちだが)その間に人が育つ」。トヨタの片岡氏はいかにも同社らしい視点を披露しています。

星出氏にとって、宇宙飛行士になることは人生を懸けた挑戦でした。超難関に合格したのは「3度目の正直」(同氏)。日本人で宇宙飛行士になる人の中には、1発で合格する猛者がいる一方、米国で5回受けた人もいるといいます。

「米航空宇宙局(NASA)は宇宙飛行士に“本当に”なりたいのかどうかをみている」そうで、星出氏はエンジニアとしてJAXAに勤務しながら、宇宙飛行士になる夢を描いてきました。

宇宙開発こそ、「超」がつくほど長期的な視点が求められる分野といっていいでしょう。何しろ相手はビッグバンから約137億年という悠久の時を経て今に至る宇宙空間です。

例えば、有人飛行の手段として役目を終えたNASAのスペースシャトル。星出氏によると、米国は有人飛行に関する技能の伝承を長らくしていないうえ、宇宙開発の一部を民間企業に担ってもらおうとしています。このため「(有人飛行の)新技術をあみ出すのに苦労している」(同氏)といいます。


【引用ここまで】
─────────────────────────────────



「米航空宇宙局(NASA)は宇宙飛行士に“本当に”なりたいのかどうかをみている」

この言葉が、何かを「継続」しているとよく感じられる言葉なのではないかなと思います。


何事も本気ならば継続できるし、
覚悟があれば継続できるのだという意味でしょう。


本気や覚悟、そして習慣化も大事だと思うのですが、
さらに加えると、

自分自身が継続して楽しくなるような仕組み作りも合わせると、
さらに続けやすくなるのだろうと思います。


続けているとこんな面白いことがある、
そう自分が感じられれば、続けようと思うものです。


私の場合は、
このメルマガを読んで、

「元気が出ました!」

とか、

「こんな情報もありますよ!」

とか、

「ぜひお会いして話しましょう!」

というメールをいただくと楽しいですね。


さらに続けようという気持ちになります。



自分も楽しいなと思えるよう「自己満足」も加えていくと、
続けやすいのではないでしょうか。
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/980-f1143885
    この記事へのトラックバック



    fx