喜多方の瓜生岩子の思いやり─じいちゃんが小学生の時に読んでいた本その7 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

喜多方の瓜生岩子の思いやり─じいちゃんが小学生の時に読んでいた本その7

2013年02月17日 18:00

私の娘も小学生です。

早いものだと思いながら、
自分の小学生のときと同じことをやっているなと思うときもあります。

父も母も、祖父も祖母も、
かつて小学生でした。

そんなとき、
自分のじいちゃんが小学生のころに読んでいた本のことを知りました。


当然戦前日本のお話です。

その本の中からこれはいいなというお話を
みなさんにシェアしたいと思います。




東京浅草の観音におまいりすると、
やさしい笑いをたたえたおばあさんの銅像があります。

これこそ貧しい人や、みなし子の母としたわれた瓜生岩子の銅像です。


岩子は、福島県の喜多方に生まれました。
早く父に死に別れ、続いて火事にあい、小さい時からいろいろとくろうをしました。

結婚してから、若松で呉服屋を始め、子どもが生まれ、
店もおいおいはんじょうして、やっとくらしがらくになったころ、

夫が重い病にかかって、七年の長わずらいののちに死にました。
岩子は、それから店を人にゆずって、喜多方へひっ越しました。


たび重なる不幸にあっても、
岩子はそのため世をはかなむようなことはなく、
かえって同じような不幸な人に対する思いやりの心を深くしました。

喜多方へひっ越してまもなく戊辰の役が起り、
若松は戦争のちまたとなりました。

岩子は、

「どんな時にも、女には女の仕事がある。」

といって、銃火の中をくぐって、
負傷者の介抱や、たき出しなどに、かいがいしく立ち働きました。


この時、会津藩士の家族は、
多く喜多方の方面へのがれて来ましたが、とまる家もなく、うえと寒さに苦しんでいました。

岩子は、見るに見かねて、わが家につれ帰り、
また近所の家や付近の農家に頼んで、とまらせることにしました。

そうして、これらの人に、
着物やたべものなどをととのえてやり、
病気の者には、みずから薬をせんじて与え、
老人をなぐさめ、おさない者をいたわり、働ける者のためには、仕事をさがしてやるなど、
わが身を忘れてせわをしました。


とりわけ、岩子があわれに思ったのは、父兄を失ってたよる人もない子どもたちのことでした。
定めて名ある武士の子であろうに、
武士らしいしつけも受けず、毎日遊び暮しているのを見て、岩子はその行末を案じました。

そこで、よい先生を頼み、ささやかな学校を開き、
古机・古本・古すずりなどをもらい受けて、
勉強ができるだけの用意をし、
9歳から13歳までの子どもを集めて、読み書きそろばんをまなばせました。

この時、集った子どもは50人ばかりありましたが、
岩子はその親ともなって、しんせつにみちびきました。


明治5年に始めて小学校ができたので、
岩子の学校は閉じられることとなりました。
岩子は、これから世の貧しい人を助け、みなし子を育てることに全力をつくしました。

そのおこないが世間にひろまり、おかみから何度もほうびをいただきました。

ついで養育院が始めて東京にできた時には、その最初の幼童世話係長にえらばれました。

岩子は、功により藍綬褒章を授けられ、昭憲皇太后から、ありがたい御下賜品までいただきました。









おしまい。




自分のじいちゃんが小学生のころに読んでいた本。


この年になっても、
勉強になるなあと思えるお話がたくさんありますし、

子どもたちに伝えられたらさらにいいなと思って、
不定期にみなさんに紹介したいと思います。



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/964-b7325722
    この記事へのトラックバック



    fx