久原房之助との関係と、株以外の相場について─山崎種二(山崎証券社長)その5(終)─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

久原房之助との関係と、株以外の相場について─山崎種二(山崎証券社長)その5(終)─昭和時代の私の履歴書

2013年01月29日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉


山崎種二のお話の続きです。


山崎は成功し、株でビルを建てたり、
故郷に県道と橋を寄付したりしました。

しかし成功がトラブルを引き起こすこともあります。

昭和11年2月26日の朝、山崎はいつものように三番町の自宅から兜町の会社へ向かいました。

乗っている自動車が竹橋の少し手前にある連隊の兵舎のそばを通ると、
将校が二人出てきて、

「止まれ」「乗せろ」

と。何事かと思いましたが、将校の言う通り、赤坂の連隊まで連れていき、
将校を下してから三宅坂を下りてお堀端に来ると、
銃が乱立しています。

「なにかあったな」

と思いながら兜町についたら、

反乱軍がクーデターをやったことがわかりました。


取引所は立会停止に。
暴落します。

山崎の売玉が非常な利を得ました。

そのときのもうけは約五百万円(昭和30年代当時に換算して17億5000万円)でした。


そしてこのために兜町には大きなセンセーションが巻き起こります。

「山種は反乱軍と一脈通じている」

とのうわさも飛びます。


それから間もなく「憲兵」が山崎証券へやってきました。

「憲兵隊まで来い」

とのこと。


「君は反乱軍と関係があるんじゃないか。
 久原房之助さんは反乱軍の関係者をかくまったが、
 君は久原さんに融資をしているというが、どうなんだ」


そこで山崎は丁寧に久原との関係を説明します。

昭和9年の夏に、久原が振り出した手形が回り回って山崎のところへ来ました。
その手形は落ちると思ったが落ちない。

ある日、山崎は父の老後のために千葉県の飯岡に建てた小さな家に行っていると、
そこへ久原がわざわざたずねてきて、手形の延期の言い訳をしました。

金額は当時の金で30万円、今のお金で一億円(昭和30年代当時)という大金でしたが、
久原が直接頼みに来られたので快く承知し、
山崎は久原を一段と尊敬するようになったのでした。

売り玉も反乱のあることを知って建てたわけではなく、
エチオピア戦争が起こった時からの継続戦である、

こうした事情を説明したらよくわかってもらえ、
山崎と取引所の売買日記帳がぴったり合って、
疑う余地がなくなって疑いが晴れ、一晩憲兵隊にとめられただけで済みました。


山崎は昭和6年に綿糸人絹の仲買人になり、
翌7年には株式の取引員になり、穀物、ゴム、砂糖の取引所会員にもなります。

しかし競馬、競輪は一度もやったことがありませんでした。
金山や銅山にも手を出しませんでした。

それは、競馬の場合、
馬券の14%は競馬会に、11%は政府に取られて、
残り75%が当たったものに返ってくるという仕組み。

相場の社会では売りと買いの二つのうち、一つでも当たりにくいのに、
二対一どころか、何十対一というような勝負に勝つことは、
どうしてもソロバンに出てこないというのが、山崎の考え方でした。

また鉱山は表面に出ているものではなく、
地下のものを探し出すのだから、私などにはわかりにくいと山崎は言っています。


山崎が相場以外に手がけたのは倉庫業でした。
また鉱山には手を出しませんでしたが、温泉は手がけます。
千葉県の飯岡、熱海の十国峠の近くの温泉を手がけました。


山崎は絵にも興味を持っていました。
小僧の時代から、主人が非常に書画を好み、その蔵の出し入れなどをしたのでした。

そこで独立して住居兼用の店を建てたときも、
ささやかな床の間を設えて、宿望の一幅をぶら下げます。

しかしそれは真っ赤な偽物でした。

それでも絵に対する愛着心は衰えず、
方々の展覧会を見に行き、金のかからぬ絵の鑑賞をしているうちに、
なんとか自分で買い入れていき、
超一流の先生の絵を持てるようになりました。

しかし成長株も狙い、速水御舟の色紙を手に入れます。
これは昭和11年頃50円で買いましたが、
時価50万円以上になりました。


また山崎は、ただ一つ営利を離れて、
ソロバンを外して育英事業をやりました。

練馬中村橋にある富士見女学校の経営です。
戦争中は農業もやり練馬大根をつくらせたり、
学徒動員でも非常にいい成績を上げました。

終戦後になって、男女共学の問題が起こり、
都の方からも共学にするようしきりに言われましたが、

「それは困る。こちらは感ずるところがあって、
 女子の教育のために私財を投じて経営しているのだから、共学は承服できない」

と頑張り通しました。



山崎のような、相場を相手に成功した財界人はそんなに多くはありません。
その成功は、小僧時代から人並み以上の洞察力を持っていたからだと言えるのではないでしょうか。

そして成功しているときの山崎は、
履歴書を読むと熱くなっていません。

計算をしっかりしていることが感じられます。


大相場を張ったり大風呂敷に見えて、
しっかりした計算をしていくことが成功には必要なのでしょう。






次回から、安川第五郎(日本原子力発電社長)です。





私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/945-7762ff69
    この記事へのトラックバック



    fx