恩返しの国、日本─最も優れた模範国 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

恩返しの国、日本─最も優れた模範国

2013年01月25日 18:00

私も知りませんでしたが、つい最近の


平成2年7月、
日本はついに開発途上国を“卒業”した



のでした。今から約23年前のことです。


戦後間もない1953年から導入されはじめた

世界銀行(国際復興開発銀行)からの低金利の融資

は合計8億6,000万ドル(当時の日本円では3,200億円、現在の額に換算すれば約6兆円)に達し、
インドに次ぎ2番目の大きな金額だったのでした。


つまり、

日本は世界でもっともお世話になった被援助大国の一つ

であったのです。


当時の日本の経済力は
アメリカのわずか数%に過ぎませんでした。


日本はその資金を、

東海道新幹線
東名高速道路
黒四ダム
愛知用水


といった日本のもっとも必要とした経済発展のインフラ(経済基盤)整備に使い、
その結果、日本は驚異的な発展を遂げたのでした。


日本は毎年着実に世銀ローンを返し続け、
平成2年7月、全ての借金の返済を終了しました。


そして借りたお金を有効に使い経済大国へと発展し、
アメリカと並ぶ最大の拠出国となった日本は、
世銀の目から見て、最も優れた模範生となったのでした。


現在日本のODAは年間1.5兆円と言われています。
お世話になった世界銀行への恩返しをしっかりとしているのが日本というわけです。






ODAちょっといい話(外務省)

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/941-aea62bce
    この記事へのトラックバック



    fx