株でビルを建てる方法「目立つ寄付より目立たぬ寄付」 ─山崎種二(山崎証券社長)その4─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

株でビルを建てる方法「目立つ寄付より目立たぬ寄付」 ─山崎種二(山崎証券社長)その4─昭和時代の私の履歴書

2013年01月22日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉




山崎種二のお話の続きです。

関東大震災の後、山繁商店の主人は廃業して、
土地などを売り、公債を買って利子で暮らすようになりました。

これを機に山崎は独立する決心をし、
大正13年7月3日、
資本金3万円で回米問屋の店開きをします。

山崎種二、30歳のときのことでした。


山崎もまた震災がきっかけで人生が変わったといえるかもしれませんね。


起業にあたっては、山崎の妻が嫁入りのとき条件を付けていました。

「小売白米店をやるのだったら、嫁に行かない」

というのでした。


山崎は資力の点からいっても、米屋としての順序からしても小売店から始めたいと思いましたが、
問屋をやることが妻の条件になっていたので、問屋として出発したのでした。

問屋とはいえ、きわめて小さなもので、
借地十二坪に間口二間半奥行五間、
二階建ての延べ二十坪の家を千五百円でつくって、

自分と妻と長女の三人にお手伝いさん一人、
それに合名会社であったので、店の者が五人住みました。


独立の翌年に米は相当の高値を出しましたが、
山崎はどちらかというと買いより売りのほうが得意だったので、
成績は芳しくなく、赤字経営で苦しいものでした。

ところが、大正の末から昭和の初めにかけて、
大阪の買い方主力などがかつての石井定七のように米の思惑買いをやって、
売れないままに古米になっているものが大阪に十万俵近くありました。

山崎は誰も見向きもしないこの古米に目をつけます。
大阪へ行き、わざわざ安宿に泊まり、
金子と変名し、実は小幡というブローカーを利用して、
堂島の米倉庫を全部調べます。

よくみると、なんどもサシ(俵に差し込んで穀類を見分け検査する道具)を入れてあるので、
虫がついていて、みそかしょう油の原料にしかならぬ古米。

しかし、それは倉庫の入り口に並んでいる俵だけで、
奥のほうは大丈夫ではないかと考え、試しに一つの倉庫を念入りに調べてみました。

まさしく思った通り。

これはしめたというわけで、大阪の倉庫の古米を全部買い占めます。


端境期でもあり、東京の買い占め派は絶対に米はないと安心していたとこへ
十万俵の米がきたというので投げ始め、このため相場は大暴落をしました。

山崎はこれが当たって、生まれて初めて三十余万円(昭和30年代で約8000万円)という金を手に入れました。

このときから山種というあだ名で新聞にも出るようになっていたのでした。


売りも現物を持たずに売る空売りでは危険と、
山崎は実米を持って、清算市場へ売りつないでいたので、
自信たっぷりで売り方に回ったのでした。


昭和8年大豊作の年に、山崎は農林省米穀部長に

「米をどこに入れるか考えてください」と頼みましたが、

「そんなことは米を売る者が考えたらいいじゃないか」

という返事でした。


そこで山崎は、倉庫さえ確保していたら大もうけになる。
米を買うより、まず倉庫を借りたほうがいい。

半年分の倉敷料を前払いして、東京と横浜の空いている倉庫の「借占め」をします。

山崎は回米を買っては、政府へ売りこれで大成功をします。

その売買高は米穀高が閉鎖になる昭和14年まで第1位を占めたのでした。


山崎は若いときには倉庫番をやり、米屋を開業してから倉庫を兼営し、
辰巳倉庫という倉庫会社の社長をやります。


山崎は、「ケチ種」と言われるほどの男でしたが、
若いころから一つの夢があったのでした。

徴兵検査で帰郷する時、鏑川の川止めにあいました。
そこで成功のあかつきには、川に橋をかけたいという念願を抱いたのでした。

たまたま、昭和5,6年の金解禁相場で、
利益を得たので、多年の夢を実現しました。

まず星川橋をかけ、ついで塩畑堂橋をかけ、その道を県道にしてもらいます。


これには時の内務大臣であった安達謙蔵に骨を折ってもらい、
塩畑堂橋には開橋記念の碑を書いてもらいます。



山崎は先輩から、


「目立つ寄付より目立たぬ寄付、特に人に踏まれる寄付がいい」


と教えられます。

この橋と県道は、後年思わず役に立ちます。

太平洋戦争のさなかに荷物を疎開するとき、
山崎の諸道具や美術品を積んだトラックが通れたからでした。

もし橋がなければトラックは通れず、疎開も思うようにできなかっただろうと。



また山崎は昭和6年、兜町と麹町三番町の土地を買います。
独立してから十年間は建築しないハラでいて、

すぐに建築資材を買い集める代わりに、
建築資材をつくる会社の株を買います。

鉄筋の建物には丸棒がたくさんいるので、
日本鋼管の株を買い、

セメントもいるので浅野セメント、

木材は秋田木材、

それに日立の前身の日本産業と東京電燈をかなり買います。


その後株がどんどん高くなります。
そこで利食いするとともに、

十年間は建てまいと思った店と住居を建てることにしました。


4,5万円で建てるつもりでいたのですが
株の利食いが案外大きかったので、18万円で建てます。

昭和10年頃、
五階建て、大理石造り、自動式エレベーターの付いたビルを建てます。

はたから見るとずいぶん向う見ずなことですが、
家を建てる前に建築資材株の買いつなぎをしたのでした。

建築資材が値上がりするときには、
建築資材株も値上がりする公算が大きいものです。

いざ建築というときに、その費用が高くなっても、
株式の利益で埋め合わせができるからで、

現に買いつなぎは、予想以上に成功しました。




続きはまた次回に。







私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/939-01065bc0
    この記事へのトラックバック



    fx