「戦略を語る前に語るべきこと─事業の経済構造を前提に考えているか」─DIAMOND Harvard Business Review - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 
自由民主党・県民会議
 事務局長
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
みやぎパラボウリング協会 会長。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

「戦略を語る前に語るべきこと─事業の経済構造を前提に考えているか」─DIAMOND Harvard Business Review

2013年01月18日 18:00

経営共創基盤(IGPI)代表取締役の冨山和彦さんが、


『DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2013年1月号』に、


「戦略を語る前に語るべきこと─事業の経済構造を前提に考えているか」

という内容でインタビューを受けていますので、
これをみなさんにシェアしたいと思います。


DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2013年1月号



昨今「日本企業には戦略がない」と指摘する声は多いですが、

誤った戦略を立てているのか、
実行不全なのか、本当にそもそも戦略がないのか。


企業再生と成長支援に関わってきた冨山和彦氏は、
戦略を問う前に考えるべきことがあると言います。

シェアを取ろうが、競争相手に勝とうが、
持続的に利益を上げられなければ意味はない。

最も重要なことは、事業の経済構造だというのが氏の指摘。

さらには、いかなる戦略も実行されなければ水泡に帰す。
組織の強みと整合性が取れるか、戦略を実現できる組織体制をつくれるかが大きなカギを握ると説いています。



経済構造とは、

ある事業が儲かるか儲からないかを決定する最大の要因。

戦略に言及する時は、経済構造を前提として市場戦略や競争戦略を組み込むべきで、
これを理解せずに戦略を論じたところで、的を射た議論はできない。


組織の拡大を目指すことではなく、
それが利益につながるかを、経済構造の観点から常に検証しなければならないということ。

これが両立しない限り、拡大するほど儲からなくなるというジレンマに陥る。


価格より大切なのは、顧客がどのような事業を営んでおり、
購入したものからどのような価値を生み出しているのかという、
顧客サイドの経済構造をどこまで理解しているかという点にある。


つまるところ、戦略は経済構造に従う。
市場戦略や競争戦略が経済構造と整合するかどうかを検証し、
規模の拡大と収益を担保するかを問わなければならない。

これが戦略をつくりこむときに、決して忘れてはならない思考軸。


ビジネスモデルや産業モデルにおいて、
技術革新など表層的な部分には変化があるように見えます。

しかし、事業の経済構造という基本的な面からみると、
実は昔からほとんど変わっていません。
産業的イノベーションが起こることはめったにない。

楽天のビジネスモデルの下地にあるのは、
アメリカの老舗百貨店シアーズ。

一見イノベーションに見えることが、
事業の経済構造を根本的に変えているのかどうか、常に検証しなければなりません。

そこを見極めるカギは、コスト構造が根底から変わったか否かという点にある。



組織の呪縛から逃れるには、組織の聖域に踏み込んでメスを入れなければなりません。
自由で合理的な戦略を思考し、実行しようとするならば、
組織のDNAに沁みついた自由な発想を妨げるものを切り取らなければならない。

それは組織が最も嫌がることなので、
猛烈な免疫拒絶反応が出てくるはず。
あえて踏み込むのは大変だが、それが戦略の思考と実行の前提になっているので、避けては通れない。



日本企業に欠けているのは戦略ではない。

日本企業が「サラリーマン共和制」に陥っているから

経営者の権力の基盤はムラの総意にすぎません。
ムラの総意を破壊するような戦略行動は、
ムラ全体が消滅してしまうようなショックが起きない限り、暗黙のうちにタブーになってしまう。

大きな負け戦が起きない限り、
合理的戦略行動が取れないことを宿命づけられる。

現在の日本企業の根源的な問題は、トップである経営者が戦略を実行できる仕組みになっていないこと。

日本企業がすみやかに着手すべきことは、
戦略を語るよりも、トップがリーダーシップを発揮できるようガバナンス体制を一新すること。
そのうえで、自他ともに認める強いリーダーを育てていくこと。

組織としてトップが戦略を思考し、実行できる体制につくり変えることができて初めて、
戦略を議論することができるようになる。





───────────────────────────────────────

DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2013年1月号



■ 特集:戦略をシンプルに

事業の経済構造を前提に考えているか【インタビュー】戦略を語る前に語るべきこと
冨山和彦経営共創基盤(IGPI) 代表取締役CEO

重大なボトルネックに対処する複雑な時代のシンプル・ルール
ドナルド・サルロンドン・ビジネス・スクール 教授
キャサリン M. アイゼンハートスタンフォード大学 教授

事業環境、業界によって異なる戦略構築にこそ戦略が必要である
マーティン・リーブズボストン コンサルティング グループ シニア・パートナー
クレア・ラブボストン コンサルティング グループ プロジェクト・リーダー
フィリップ・ティルマンズボストン コンサルティング グループ コンサルタント

規模の拡大から質の向上を目指す低成長時代に有効な戦略はあるか
三品和広神戸大学大学院 経営学研究科 教授

あらゆる選択肢から検証する7つのステップ独創的な戦略を科学的に策定する
アラン G. ラフリー前 ザ・プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー 会長兼CEO
ロジャー L. マーティントロント大学ロットマン・スクール・オブ・マネジメント 学長
ジャン W. リブキンハーバード・ビジネス・スクール 教授
ニコライ・シゲルコペンシルバニア大学 ウォートン・スクール・オブ・マネジメント 教授

戦略リーダーは心理学者であれ戦略に連想は欠かせない
ジョバンニ・ ガベッティ

目標と優先順位が明確になる現場を動かす戦略ブリーフィング
スティーブン・バンギーアシュリッジ・ストラテジック・マネジメント・センター ディレクター


■ HBR Article

積極果敢と安定重視の二兎を追え10年連続で高業績を続ける秘訣
リタ・ギュンター・マグレイスコロンビア大学ビジネス・スクール 教授


■ Serial Article

【連載】盛田昭夫 グローバル・リーダーはいかにして生まれたか[第3回]人生を変えた物理学との出会い
森 健二ジャーナリスト


OPINION「水問題」に解決策はあるのか 沖 大幹
BRAIN FOODよいデータは、よい意思決定につながるか
シュべタンク・ シャーコーポレート・エグゼクティブ・ボード IT業務統括責任者 アンドリュー・ ホーンコーポレート・エグゼクティブ・ボードマネージング・ディレクター ジェーム・ カペラコーポレート・エグゼクティブ・ボードマネージング・ディレクター
BRAIN FOOD夢のなかでスキル向上を図るダニエル・ エルラッヒャーベルン大学 講師
CHIEF OFFICERSディズニーの「マジック」と地域性の融合が成功の要因エリオット・ ミルズアウラニ・ディズニー・リゾート&スパ コオリナ・ハワイ 副社長兼ゼネラル・マネジャー




DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2013年1月号

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/933-b64026f9
    この記事へのトラックバック



    fx