米相場に勝ち、関東大震災─山崎種二(山崎証券社長)その3─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

米相場に勝ち、関東大震災─山崎種二(山崎証券社長)その3─昭和時代の私の履歴書

2013年01月08日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉



山崎種二のお話の続きです。





米騒動のとき、政府は応急措置として外米を輸入したのですが、その後も輸入をしていました。

そのころ、農林省の米穀担当官に山田憲という若い官吏がいました。
彼は外米の輸入商をやっている鈴木弁蔵から金を借りて米相場を張っていました。

農林省が外米を入れるといえば、米の相場が暴落するので、
この変動を利用して、はじめのうちはかなりもうけます。

また、この鈴弁は外米輸入商の筆頭で、
外米の輸入には便宜を与えてもらったので、山田に金を融通していたのでした。

こうして腐れ縁になっていたのですが、
あるとき鈴弁は、金を貸すばかりでは困るというわけで、

「返してくれ」

といったのですが、山田は返しません。

そこで

「返さなければ農林省の上役に言うぞ」

と脅したところ、山田はカッとなって、
そばにあったバットか何かで、鈴弁をなぐり殺してしまったのでした。

これは「鈴弁殺し」といって、当時は有名な事件でした。


外米の輸入については、不正が多かったので、
これがキッカケで外米汚職事件が起こり、農林省や外米商が調べられたのでした。

山崎たちは内地米を扱っていたのですが、
これにも不正があるだろうというので、指定商が警視庁へ呼ばれます。


そのころ正力松太郎が捜査を担当していて、
山崎は正力に直接調べられたわけではありませんでしたが、その下の人に調べられます。

このことが新聞にデカデカと出たのでした。


これが山崎の結婚式の直前で、花嫁の実家では婚約解消論まで飛び出すというありさまでした。

このときの召喚で出頭するのは、
指定商の主人であるべきで、山崎が行く必要はありませんでした。

検事も
「指定商の利益は主人がとっているのであるから、主人が責任を持たないのはおかしい」
といいましたが、

山崎は兵隊から帰って度胸もついていたので、
責任を負って出頭したのでした。

しかし、結局悪いことはしていないので、婚礼の前日に無罪放免となったわけでした。



すったもんだの挙句、結婚式を挙げます。
当時の山崎は懐具合もよかったので、芝の紅葉館で披露をやります。

挙式や披露の準備は山崎一人でやり、
結婚式の当日、下足番までやります。

披露に招いたお客さんの顔ぶれは、
山崎だけが知っているからとのことで、

玄関に立って送り迎えをしながら、
下足番の手伝いをしたわけで、

「花婿はどこにいる」「玄関で下足番をしている」という次第でした。


山崎は新婚旅行もせず、牛込若松町の新居に入ります。
二階の間借り生活を始めました。

月給から部屋代を払うのは、なかなか苦しかったのですが、
相場のほうでは相当の資産をつくっていました。


ところが結婚して一か月目の大正9年3月10日の大暴落では、
米でも株でも大損をして、三万円の財産をすっかりなくしてしまい、
有頂天の出ばなをくじかれてしまったのでした。



大正9年の経済恐慌のあとを受けて、
翌10年も見通しは明るくなりませんでした。

米のほうも植え付けまではよかったのですが、
土用から8月いっぱい土砂降りとなります。

これでは大凶作になるというので、
当時の大相場師である石井定七が米の大思惑をはじめます。


その年のコメ相場は、春には25、6円であったものが、
石井の買い占めが7月から始まって、41円ぐらいまで暴騰します。

石井は大阪の定期市場で50万石、東京で30万石も買い占めます。

当時の金でざっと9000万円、
今の金にすれば240から250億円にもなるものでした(注:昭和31年)。


そのころ、山崎は回米問屋山繁商店の支配人になっていましたが、
山崎たちの商売は米を買い集めては売りさばくことであったので、
石井の買い占めに対して実米を売るため、全国から買い集めました。

ふだんなら東京市場へきたこともない兵庫米や岡山・広島米まで集まります。


このため、石井の買い占めは失敗に終わりました。

石井は思惑の失敗で非常に大きな借金を背負い、
「借金王」の異名をとったほどでした。

山崎たちは、開店以来の数量景気に恵まれました。
山崎自身も店に勤めてから最高記録の賞与をもらいます。

大正9年の大暴落で山崎は無一文になりましたが、
このボーナスを元手として大正12年の関東大震災までに2,3万円の金を貯めることができたのでした。

山崎に相場というものがわかりだしたのは、このころからでした。



────────────────────────────────
【引用ここから】


軍隊生活の経験も役に立った。

たとえば、行軍するとき、休みなしに強行軍をすると、兵隊はバタバタ倒れる。

やはり休みをはさんで行軍しなければならぬ。

相場もまた「売る」「買う」だけではいけない。

「売る」「買う」「休む」の三拍子そろわなくてはならない。

「休むも相場」というが、全くその通りである。


【引用ここまで】
────────────────────────────────



大正12年9月1日、関東大震災が起こります。

そのとき山崎は店にいましたが、ものすごくグラグラッときたので、

「これは危ないぞ」

と思い、通勤の店員をそれぞれの家へ帰したのち、
山崎も自宅のことが心配なので、余震のなかを自転車でかけつけます。

そのころ、山崎は渋谷の借家に住んでいました。
この家は幸いつぶれていませんでした。

家族も無事でした。

その年8月初めに長女が生まれ、震災の日がちょうどお宮参りで、
山崎の実母と妻の母親が、初孫の顔をみるために前から来ていたのでした。

妻の母はとてもしっかり者で、家に帰った山崎に、


「ともかくあなたは店の代表ですから、万一店が焼けたらどうします。
 家は私たちがまもるから、早く店へもどんなさい」


といいました。

そこで山崎は、この騒ぎのなかを店へ帰りました。


深川の店に戻ってみると、近所で火事が起こっています。

山崎は店も焼けると判断して、倉から米を三俵だし、
店の前の堀にある伝馬船に積みます。

また金庫のなかから小切手と現金で約三万円入っている手提げ金庫を出して、
二、三人の若い衆とともに、店の燃えるのを見定めてから避難しました。

堀のハシケはほとんど焼け、
人も水に入ったきり浮き上がってこないものもあり、
まさに生き地獄でした。

山崎はびしょぬれになった金庫を家に持って帰り、
お札や小切手は夜布団の下へ敷いて寝ました。



この関東大震災の後、山繁商店の主人は廃業して、
土地などを売り、公債を買って利子で暮らすようになりました。

これを機に山崎は独立する決心をし、
大正13年7月3日、
資本金3万円で回米問屋の店開きをします。

山崎種二、30歳のときのことでした。







続きはまた次回に。







私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉



昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。過去の記事はこちらからどうぞ。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/924-73b23b6b
    この記事へのトラックバック



    fx