平成24年年末にあたり一年を振り返る - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

平成24年年末にあたり一年を振り返る

2012年12月31日 19:00

年末になりました。

今年もメルマガ読者の皆様にはお世話になりました。

今日で365日、
今年も毎日メルマガを書き続けたことになります。

800日以上毎日書き続けております。



毎日読んでくださる方、
イイネのリンクをクリックしてくださる方、
本当にありがとうございました。


またこのメルマガ発行運営の費用のもととなる、
広告を出してくださったみなさまに
心より感謝申し上げます。

このメルマガを別のメルマガでご紹介いただく相互紹介を
していただいた方もいらっしゃいました。
ありがとうございました。


今年を振り返ると、
今年も本当に多くの皆さんに助けていただいた年だなと感じます。



林英臣政経塾
大阪維新の会維新政治塾


この二つの政治塾に通うことで、
政治家としての原点をしっかりと腹に落とし込むことができたように感じます。

そして日本の政治を何とかしなければならないという、
たくさんの同志と会うことができたのは、
かけがえのない財産となりました。


3月にはマスコミでもたくさん取り上げていただきました。
報道各社の皆さんにもお礼申し上げます。


【渡辺勝幸メディア紹介履歴】






5月には坪内氏とともに、
起業開業支援の

株式会社つくる仙台


を立ち上げました。

東北の復興にいささかなりとも貢献できたのではないかと自負しておりますが、
私たちもこのビジネスをすることで多くの出会いをいただき、
とてもありがたく思っております。

来年は更なる飛躍を目指し、
東北の発展に尽力したいと思います。



株式会社つくる仙台を起業して6か月がたちました!(12/11/8)




今年は、仙台JCでの活動も充実していました。
なかなかすべての会合に出ることはできなかったのですが、
JCの仲間と仙台を盛り上げる様々な活動をすることができました。

また、仙台東倫理法人会においては、
先輩経営者の皆さんから、人としてのありかた、
経営者として考えておくべきことなど多くを学びました。



今年を振り返ってみると、
仙台以外の街を飛び回ることが昨年よりも増えました。

維新塾や林塾、つくる仙台としての仕事でも飛び回りましたが、
外へ出れば出るほど、仙台がより見えてきたように感じます。

ちがいを知ることで仙台の魅力もたくさん見えてきました。



秋以降は衆院選対応でしたね。

自らの衆院選についての対応もメルマガに書きました。


【ご報告】今回の衆議院選挙について(12/11/24)



千葉で気合を入れて選挙をやりました。




今年も1月に目標をメルマガで公開しましたが、
いくつかは実行できたという自負がある一方で、
全くできなかったなというものもあり、
反省をしていきたいと思います。


新年の目標を実現するための三つの秘訣と私の新年の目標について(12/1/4)







今年の私は、


負けても負けても戦い続けた年だった


ように感じます。



目標をあらためて見直してみると、

11番の「日本全国各地で行われている地方の優れた政治を勉強し、たくさんの地方議員に会う。」
は実現しました。

これを機にさらに地方の勉強をしていきたいものです。



12、メルマガを毎日発行する。発行部数三万部を目標とする。
13、全国にいるメルマガ読者と会い、さまざまな話を聞く。

三万部は実現しませんでしたが、メルマガは毎日発行し、全国のメルマガ読者の方とお会いすることもできました。
これもさらに深めていきたいです。



14、千人の人と新たに出会い、百人の人に新たな出会いをつなぐ。
15、選挙で出会った多くの人たちとさらに交流を深める。

これも実現しました。
維新政治塾でたくさんの同志に出会えました。
つなぐ努力はビジネス上でもいろいろできましたが、さらにネットワークを深めたいです。


22、機会がめぐってきたときは、どのステージであれ、選挙に立候補する。

今年はこの気持ちは常に持ち続けていました。
結果として立候補できませんでしたが、
常在戦場で行きたいと思っています。





平成24年は、
私にとって、とても素晴らしい年でした。




この記事を読んでいる多くのみなさまに
心からの感謝を申し上げ、

今年は発芽しない年でしたが、
昨年来まき続けた種が、
来年以降みなさまにさまざまな形で恩返しができるよう、
さらに努力し、
そんな年にしていきたいと思っています。


今後ともなにとぞよろしくお願いします。

来年がみなさまにとって
よき年となりますよう、
心よりお祈り申し上げます。






過去の全記事表示リンクはこちらです。
お時間あるときにでも、読んでいただければうれしく思います。







関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/915-4e3e3de5
    この記事へのトラックバック



    fx