相場で大儲けし、婚礼の三日前に留置場─山崎種二(山崎証券社長)その2─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

相場で大儲けし、婚礼の三日前に留置場─山崎種二(山崎証券社長)その2─昭和時代の私の履歴書

2012年12月25日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉


山崎種二のお話の続きです。


山崎は大正3年の夏、徴兵検査を受けて甲種合格となります。
それまでは一度も田舎へ帰っていませんでしたが、
一人前の若衆になるまでは郷里へ帰らないという信念を持っていたのでした。

たまたま徴兵検査のため、
山崎は6年ぶりに帰郷します。

そのとき、利根川の支流の鏑川の川止めにぶつかって、
仕方なく一晩泊まりました。
そのときつくづく、いつか成功したら橋だけはかけたいと思ったのでした。


甲種合格、砲兵として近衛連隊に入ることになります。

このころ砲兵の在営期限は三年間、衛生兵は特別に二年間となっていました。
そこで、山崎は何とかして二年で帰りたいと思い、
衛生兵を志願、野砲の照準手として中隊一番の成績をあげます。

山崎は、深川の正米市場で売り方をしていたころ、
多い日には13,000俵から15,000俵も売ることがありましたが、
それをいちいち帳面につけないで頭の中で覚えていたほどで、
暗記力が非常に強かったのでした。

これを応用して、
中隊長が右へいくらとか左へいくらというのを寄せたり引いたりして答えをすぐ出すので、
照準だけは一番になったのでした。


衛生兵になってからは、外出日を利用して米相場を張りました。
日曜日になると外出して、帰りに大福もちを飯ごうの中に入れてくるのが、何よりの楽しみでしたが、
この大福屋を通じて、知り合いの米屋へ連絡を頼んだのでした。

今度は売ってくれ、今度は買ってくれというように手紙を書いておいたのでした。
しかし、兵隊当時やった相場はあまり成績がよくありませんでした。

大正5年の暮れに除隊。
それからひともうけして、大正9年の大暴落ではスッテンテンになりますが、
それまでは売っていいのか、買っていいのかわからないといったありさまで、
試練時代でした。



軍隊生活を境として、山崎は大人の世界に入ったのでした。
軍隊ではいろんな経験をしましたが、勇気が出て度胸のすわったことが何よりの収穫でした。

除隊になると、回米問屋の山繁の店に再び勤めることになりましたが、
大正6年5月、山崎が23の時、主人が亡くなり、二代目が後を継ぎます。

それから支配人が独立したので、
山崎は市場部長として、全国からくる委託米の売りさばきの采配をふるいました。



大正6年9月30日、東京に大津波がありました。
山崎の知る最大の台風でした。

深川の米倉に寝泊まりしていた者が、その夜枕元まで水が来て初めて目が覚めたというほど浸水が早かった、
まさに寝耳に水だったと山崎は述べています。

九月末は米の端境期、東京には65万俵しかなかった米の三分の一、
20何万俵を濡らしてしまいます。

ぬれ米はほっておくと、全部腐ってしまう。
そこで深川のいくつかの堀に俵を浸し、水の中へつけておけば腐らないということで、
引き揚げ蒸気で蒸して乾かし、大阪のオコシの原料として売ったのでした。


大正7年8月には、有名な米騒動が起こります。
米が一番安かった時で、一俵三円から四円。

ところが大正7年になると欧州戦争ブームによる諸物価の高騰と前年の不作で米が暴騰し始めたので、
米騒動となったのでした。

東京では各小売業者が襲撃された後、
蠣殻町の米穀取引所も深川の倉庫も焼き払うといううわさが飛び、大変な騒ぎに。

そのころ、山崎は痔の手術で築地の林病院に入院、
米よこせデモの投石で病院の窓ガラスも破られる始末でした。

こうなっては山崎も責任上じっとしていられず、
まだいくらか患部の痛みのあるのをこらえて店に帰ります。



大正7、8年は欧州戦争による好況のときでした。
山崎は米でも株でも相場にあたって、3万円くらいもうけます。

今の値段でいうと、6000万円くらいでしょうか。

そこで山崎は、ひとつ積極的にいい娘を見つけて結婚したいという気持ちが起こってきました。
そのころ山崎が気にとめていた娘がいました。

その祖父は、萩原瞭太郎という人で、群馬蚕糸の創設者、衆議院議員にもなりました。
山崎の主人が萩原家と親しい関係で、
山崎が小僧のころから、娘の母親は「この小僧は見所がある」と記憶に残していたようです。

大正8年にはブームで儲けて羽振りが良く、
また群馬県に米の検査所ができたとき、山崎が県会で米の講義をし、新聞にも取り上げられたのでした。


そこで山崎は「お宅の御嬢さんを」と直談判します。
お母さんも大体納得していたのですが、大正8年秋に縁談がまとまり、
大正9年2月16日に式を挙げることになりました。

ところが、婚礼の三日前に大変な事件が持ち上がります。

農林省の官吏が殺人事件を起こし、
同省の外米汚職事件が明るみに出て、そのとばっちりによって、

山崎は留置場に入れられてしまったのでした。

新聞にもデカデカと出てしまいます。


とんだ濡れ衣でしたが、嫁の実家や親類はびっくり。

「大体、こんな男に萩原家の娘をやるのは反対だ」

という親類もいたほどで、婚約解消論が強く出てきたのでした。





この山崎の履歴書、普通の人生ではないような予感はしていましたが、
ここあたりから、波乱万丈な人生があらわれてきますね。

続きはまた次回に。







私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉



昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。




関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/909-a65abbee
    この記事へのトラックバック



    fx