のり巻小僧の修養時代 ─山崎種二(山崎証券社長)その1─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

のり巻小僧の修養時代 ─山崎種二(山崎証券社長)その1─昭和時代の私の履歴書

2012年12月18日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉



山崎 種二(やまざき たねじ、1893年12月8日 - 1983年8月10日)は、日本の相場師・実業家・教育家。
山種証券株式会社(現SMBCフレンド証券株式会社)、
山種物産株式会社(現株式会社 アサヒトラスト)、
株式会社ヤマタネの創業者であり、米相場と株式相場において成功を収める。

味の素創業家・鈴木家とは遠戚である。


明治26年群馬県生れ。
大正13年回米問屋を開業、
昭和初年米の売り方で成功、
「売りの山種」と知らる。

8年証券業に進出、11年暴落で財をなし、
大相場師の名を決定的にした。

41年山種美術館を開く。
58年8月10日死去。


この私の履歴書は、昭和31年11月に連載している。



山崎の郷里は群馬県高崎。
昔は名字帯刀を許された農家でしたが、
家運が傾き、父の代には小さな農家になってしまっていました。

子供のころから体が大きく、
十一、二のころから米作や養蚕を手伝い、
十二、三のころからは大人にまじって道普請もします。

不作の時に山崎家は高利貸しから差押えを食らい、
臼まで赤紙を貼られます。


山崎は、汗水たらして働いても米はとれず、
債鬼には責め立てられたので、
東京へ出たいという気持ちが一度に燃え上がります。

そのころ、山崎の父の従兄にあたる人が、
深川で回米問屋を営んでいました。

名は山崎繁次郎と言い、全国の五十万円以上の長者番付にも載ったほどの金持ちでした。

山崎はこの人を頼って上京します。

上野へ着き、果物店の店先に色とりどりの果物がずらりと並びびっくりします。
食べてみたいと思いましたが、
買いたくても買えません。

家を出たとき、山崎は86銭しか持っていなかったのでした。
東京でほとんど無一文から出発したのでした。



明治41年11月28日、
山崎は、山崎繁次郎を頼って上京、
深川の回米問屋の小僧になりました。

この晩、主人が若いころに勤めていた渋谷倉庫の縁から、
渋谷篤二(渋沢栄一の子)を招き、義太夫の会が開かれました。

このとき、先輩の店員が「寿司を食え」といって、
にぎりとのり巻きを出しました。

しかし山崎は山の中で過ごしていたので、
刺身を食べたことがありませんでした。

生の魚はなま臭くて食べられないので、
のり巻きばかり食べたのでした。

こんなわけで、山崎には早くも“のり巻小僧”というあだ名がつきます。


田舎では東京に奉公に出て、
さぞ苦労していることと思われたそうですが、
実は全く反対。

朝は味噌汁にちょっとしたおそうざい、
米の飯がいっぱい食べられ、昼も煮魚つき、
夜は惣菜と煮魚で、
山崎にとっては盆と正月が一緒に来たようなごちそうでした。


仕事も楽でしかたありませんでした。
奉公して最初にやらされたのが俵かつぎ。

倉庫番もやり、一年たつと「サシ米」といって、
見本の米を持って歩く役をしました。



当時の米の包装は改善されておらず、
蔵へ入れると非常にこぼれやすいのでした。

倉庫番を任された山崎は、
主人の許しを得て、ニワトリを二十羽ぐらい飼いました。

倉の前にこぼれた米をかき集めれば、
ニワトリを二十羽や二十五羽飼っても、
エサに不自由することはありませんでした。

また山崎は毎日倉にパチンコをかけてネズミを捕りました。
少ない時でも五、六匹捕れました。

当時はペストが流行していたので、
ネズミを交番に持っていくと、一匹につき二銭くれました。

卵は一つ一銭。

こうして集めた小金でこっそり米相場を張りました。
山崎が十八、九のころのことでした。
これが相場の張り初めでした。



山崎はこっそり米相場を張りながらも、
そのほかは終始かげひなたなく働きました。

また、田舎では重労働の野良仕事をしたおかげで、
荷車で物を運ぶにも、他の小僧の半分の時間で能率をあげます。

こんなことから「種二のやつ感心だ」ということになり、
主人にも認められます。


満十六の秋には主人のお供をして、東北の地主まわりをします。
仙台、青森、弘前、秋田を経て、
本庄、酒田、鶴岡を回ってきます。

そのころはまだ鉄道がなく、
主人は人力車で山崎は借りた自転車でその後を追いました。

庄内で主人は山崎に

「よく田んぼを見ろ」

というので、鶴岡と酒田を毎日自転車で往復しました。
このようにしてだんだんと米の勉強をします。

そのころは各問屋が集まって品評会をやり、
何等米かを決めたのでした。

山崎は昭和4年に産米格付委員になります。
米を握れば産地も分かり、
何等米かも分かるぐらいになったのは、修行を積んだおかげでした。

関東大震災のときにはかりが焼けてなくなりましたが、
山崎は米俵を持ち上げただけで「何斗何升入り」と当て、
立ち会った農林省の役人を驚かせます。

これも小僧時代に俵をかついだ経験からきているのでした。


来週に続けます。






私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉


昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/904-41444690
    この記事へのトラックバック



    fx