【再録】東芝をたて直し、経団連会長としてエネルギー問題に取り組む土光─土光敏夫(臨調会長)その6(終)─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】東芝をたて直し、経団連会長としてエネルギー問題に取り組む土光─土光敏夫(臨調会長)その6(終)─昭和時代の私の履歴書

2012年12月13日 18:00

(第672号 平成24年7月17日(火)発行)


昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉




土光敏夫のお話の続きです。


石川島播磨重工業の社長を14年間務めた土光でしたが、
昭和39年、後継社長にその座を譲ります。

そして、昭和40年5月に、
当時東京芝浦電気会長であった石坂泰三に懇請され、

減配続きの東芝を立て直すために、
社長に就任します。



「石坂泰三(経団連会長)─昭和時代の私の履歴書」(第273号 平成23年6月14日発行)
 



以前にこの石坂の、私の履歴書も、
このメルマガで紹介していましたね。

こういうつながりが出てくると、
履歴書を立体的に読むことができて実に面白いですね。


東芝は、資本金も従業員数も石川島の三倍あり、
病根を探すにしても大変だと土光は感じていました。

しかし調査の結果、大きく安心することが一つありました。

それは、


会社が擁している人材の優秀さ


でした。

これだけ有能な人間を抱えていれば、
その活用さえはかれば、必ず再建できると考えたのでした。


人材活用のため土光が考えたのは次の二つ。


1、組織にバイタリティーを与えること

2、各事業部に百パーセント権限を委譲して、権限を存分に使えるようにすること




土光は就任後ただちに、

「一般社員は、これまでより三倍頭を使え、
 重役は十倍働く、私はそれ以上に働く」

とハッパをかけます。

十倍以上働くと宣言した土光は早速、毎朝七時半には出社します。


───────────────────────────────
【引用ここから】


ところが、初出社の日、
まさか社長がそんなに早く出て来るとは思わないものだから、
受付では

「どなたでしょうか」

「こんど御社の社長に就きました土光という者です。よろしく」

などという珍妙なあいさつが交わされ、
微苦笑を誘う光景が出現した。

守衛は、びっくりして最敬礼したのを覚えている。


【引用ここまで】
───────────────────────────────


社員の意識改革を行い、
組織にバイタリティーを吹き込むには、
機構改革が手っ取り早いと土光は述べています。

従来あった専務会や常務会を廃止し、
新たに「経営幹部会」をもうけます。

そして事業部グループ制を廃止し、機能別の分担役員としました。
決裁権まで事業部長に与えて、
百パーセントの権限移譲をしました。


───────────────────────────────
【引用ここから】


事業部を一つの会社と考え、部長はその社長である。
その社長を補佐するの集団が事業部内閣で、
これを中心に「事業部経営会議」が開かれる。

そこで、自主的に目標を設定し、それを遂行する。

予算も作れば、その行使も自由。

たとえば、部員の海外出張なども、
必要あらば部長が判断して行かせればいい。


ただし、最後の責任はトップがとる。
そのため、コミュニケーションだけは、
しっかり通じるようにしておく。

日常の仕事は事業部に全面的にまかせ、
トップ、役員は、その活動を外側から管理し、
援護すればいいのである。


【引用ここまで】
───────────────────────────────


土光の発想は、
仕事の上では、社長も社員も同格。

その同格という意識を持つには、
ディスカッションするのがいちばんいい、

と述べています。


石坂泰三は、

「経営者はラッキーな男でなければならない」

と言っていましたが、

土光もまたラッキーだったと振り返っています。

東芝社長を引き受けた翌年から、
いわゆる「いざなぎ景気」がやってきました。

好況の波に乗り、東芝はみるみる回復。
八期連続の増収増益を実現しました。

これも、全社員が目いっぱい働いた成果だと土光は述べています。


───────────────────────────────
【引用ここから】


私はだいたい、人は能力以上に働かなければならないという
重荷主義を信奉する。

その人が百キロのものが持てるとすれば、百二十キロのものを持たせ、
百二十キロが持てれば、百四十キロを持たす。

人間を能力以下に置くのは、むしろ罪悪である。
人間尊重とは、ヘビー労働をかけ、その人の創造性を高めることだ。


やり甲斐、働き甲斐は、やってみてはじめて出てくる。
やりもしない、働きもしないで、
どうしてそのような喜びが得られるだろうか。
生き甲斐にしてもそうだ。

精いっぱい生きる努力をして、はじめて生きる喜びを知るのだ。


遊んでいて金がもらえるような仕組みを放置する経営者は、
人間尊重をしていない経営者といえる。


【引用ここまで】
───────────────────────────────


いろいろ考えさせられる土光の文章です。
私もどちらかと言えば自分に対して重荷主義なので、
よくわかりますね。

昭和47年、もう東芝は大丈夫という見通しが持てたので、
8月社長を退きます。


そして昭和49年5月、土光は、
経済団体連合会の会長に推されたのでした。

この時も土光は石坂に相談したようですが、
土光はしばしば石坂に相談をしていたようです。

その内容がこの履歴書にも書かれているわけですが、
これは以前石坂の履歴書に書かれていたようなお話です。


ここに私は、書物の妙があるなと感じます。

石坂や土光のような財界総理に、
私のようなレベルの人間が人生相談することは普通はできませんね。

しかしこの「私の履歴書」を読むことで、
その相談に対するアドバイスをもらうことができるのです。

しかも成功者のアドバイスは、
実際的で的確です。


ここまでで40人弱の大物経営者の履歴書を読んで、
大いに血となり肉となっている自分を感じます。

ぜひみなさんにもシェアしたいなと思っているところです。



さて、土光が経団連会長に就任していたころは、
石油ショックとエネルギー問題がたいへんなときでした。

エネルギーは経済にとっても、国民生活にとっても、
最重要問題です。

石油危機後、民間企業が成し遂げたことは奇跡だと土光は述べていますが、
エネルギー節約の号令がかかった翌年から、
だいたい年10%ずつ石油消費量を節減していったのでした。

50年に約3億キロリットル、
53年に約2億6千万、
55年に約2億4千万。

省エネルギーについては、産業ばかりではなく、
国民一般もそれに協力したのでした。

このような国民社会は、世界に類がないであろう、
日本国民の勤勉性と合わせて、
改めて称賛と敬意を表し、その一員であることを誇りに思うと土光は述べています。


土光は昭和30年代から、原子力に注目、
将来必ず原子力がエネルギーの中心になるであろうと予測していました。

石川島時代、技術研究所にいちはやく、

「原子力研究班」

をつくり、東芝へ移ってからも研究チームを編成します。

そして米国GEと技術提携を結び、
発電用原子炉の国産化を可能にしました。

日本原子力発電の敦賀発電所、
東京電力福島第一原子力発電所一号炉の建設時には、
GEの下請け生産でしたが、

中部電力浜岡原子力発電所一号炉からは、
東芝が主契約者となりました。


土光は、以前より、
外国技術の招来に関して、
導入はいいが、むやみに依存してはいけないことを
再三主張していました。


「日本には日本の国土にあった機械を、自主技術で設置すべきである」


土光は、このとき、原子力から、高速増殖炉、核融合へ進むであろうと予測していました。

しかし我が国の技術開発に対する政府の取り組みは、
貧弱だと指摘しています。

資源のない貿易立国として立ち行かねばならないわが国は、
省エネに徹し、技術開発を進めるべきとの主張です。


先に取り上げましたが、
土光の母は、

「個人は質素に社会は豊かに」

を標榜し、女学校を創立しました。


メザシの土光さんの基本的精神は
そこにあるのだろうと思います。


21世紀になり、平成の今、
エネルギー問題が大きく取りざたされています。

その議論に入る前にまず、私たち一人一人が、

「節電」

にはたしてどこまで取り組めるのか、
土光さんから宿題を出されているように思えてなりません。




来週からは、豊田英二(トヨタ自動車会長)です。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉



昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。









  (第672号 平成24年7月17日(火)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/899-83fec532
    この記事へのトラックバック



    fx