秋篠宮殿下を池に放り込む─今日は天皇誕生日です - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

秋篠宮殿下を池に放り込む─今日は天皇誕生日です

2012年12月23日 18:00

今日は天皇誕生日です。
心よりお祝い申し上げます。


祝日法によれば今日は、「天皇の誕生日を祝う。」ことを趣旨としています。
その時在位中の天皇の誕生日を祝う日であります。
天皇誕生日は、慣例により日本の国家の日とされ、1948年(昭和23年)までは、天長節(てんちょうせつ)と呼ばれていました。


天皇陛下は今日で79歳を迎えられました。
これに先立ち、皇居宮殿で記者会見に臨まれましたので、報道を引用したいと思います。


──────────────────────────────────────
【引用ここから】


天皇陛下は23日、79歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち、皇居・宮殿で会見に臨まれた。

公務のご負担軽減について、80歳を過ぎても公的な行事に出席を続けられた昭和天皇の例や、
さまざまな行事を公平に扱う必要性を述べた上で

「今のところ、しばらくはこのままでいきたいと考えています」と、否定的な考えを示された。


病気の際には皇太子さまと秋篠宮さまが代わりを務められるとし、
「何も心配はなく、心強く思っています」と述べられた。


2月18日に受けた心臓冠動脈バイパス手術に関しては、
「東日本大震災一周年追悼式に出席したいという希望をお話しし、それに間に合うように手術を行っていただきました」とし、
「多くの人々に心配を掛けました」と述べるとともに、健康を気遣う国民に感謝の気持ちを示された。


また、東京電力福島第1原発事故の影響で故郷に帰れない人々や、がれき処理、除染などに従事する人々を案じられた。
11月に8年ぶりに訪問した沖縄県については

「戦争で沖縄の人々の被った災難というものは、日本人全体で分かち合うということが大切ではないかと思っています」

と述べられた。



ご負担軽減「しばらくこのままで」(産経web12/12/23)



【引用ここまで】
──────────────────────────────────────


皇太子殿下と秋篠宮殿下がいらっしゃることで、
心強く思っていらっしゃるとのこと。

天皇陛下は両殿下がまだ小さいころ、
お二人の子育てについて、


「私はふたりを、可能な限りわけ隔てしないでいきたい。
 それまでは上の方を自由に、下のほうを窮屈にとの方針で育てたいと考えています。」


とおっしゃっていたそうです。


皇太子は将来、窮屈な立場になるから、できるだけ自由に伸び伸びと育てたい。
秋篠宮は次男で将来もっと自由な立場になるのだから、小さいときには厳しく育てたい。

というお考えから、秋篠宮さまには厳しくされたということです。



─────────────────────────────
【引用ここから】


秋篠宮さまが小学校低学年のころのエピソードをご紹介します。


冬、私がペットにしていたテンジクネズミを池で泳ぐかと思って泳がしました。
そうしたら心臓マヒを起こして死んでしまいました。
ちょうどその時父がそこを通りかかりました。

「何をしているんだ?」と「泳がしたら死んじゃった」と私が言ったのです。
そうしたら次の瞬間わたしは池に放り込まれていました。(笑う)

ええ、次の瞬間、私がテンジクネズミのようでした。

「秋篠宮さま」(江森 敬治 著)より


このように、秋篠宮さまに厳しくされていた天皇陛下ですが、
皇太子さまに対しても、戸棚の中に閉じ込めたり、廊下に立たせたり、
反省文を書かせたりと厳しくされていたようです。


秋篠宮さまが小学校高学年から中学生だったころ、
数学の分からない問題を天皇陛下がご一緒に解かれたり、

「この問題を解きなさい」「じゃあ、これは」と、随分ご熱心に教えられました。

また、美智子さまも必ず図を書きながら算数などを教えられたり、
短い詩や和歌、平家物語などもご一緒に読まれていました。

意味とか解釈はほとんどせず、ただ読むだけだったので、とても楽しかったと秋篠宮さまはおっしゃっています。


【引用ここまで】
─────────────────────────────



天皇陛下は「民の父母」であり、
日本の象徴及び日本国民統合の象徴であると同時に、
父親としての象徴でもあります。




今日は国民の一人として、
子供たちにもお話をしながら、
天皇誕生日を心からお祝いしたいと思います。







【参考】
幼いころの皇太子さま、秋篠宮さまの個性
http://s005.seesaa.net/article/102715540.html





秋篠宮さま [単行本]
江森 敬治




関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/898-a132c1e5
    この記事へのトラックバック



    fx