【再録】逮捕される土光、固定観念を破る石川島播磨重工業─土光敏夫(臨調会長)その5─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】逮捕される土光、固定観念を破る石川島播磨重工業─土光敏夫(臨調会長)その5─昭和時代の私の履歴書

2012年12月11日 18:00

(第665号 平成24年7月10日(火)発行)



昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉



土光敏夫のお話の続きです。


土光は石川島重工業の社長に就任しました。

ある時土光は友人から、


「土光さんは、ゴマ化し書類を見破る達人と聞いているが、このコツは?」


と聞かれます。

コツはないと土光は述べていますが、
提出したときの態度やことば遣いでなんとなく、
こりゃおかしいぞ、とピーンとくるそうです。


そして自分でも、
書類を一見して辻つまの合わない部分をすばやく見つけ出すのは、得意な部類だろう、
と言い、

設計を長く手がけていると、おかしな部分はすぐわかる
と述べています。おもしろいものですね。


石川島再建にあたっても、
提出される稟議書や計画書を、直ちにチェックして、押し戻す。
それが三、四回になる。

すると、経費は最初の時の三分の一ぐらいになっているのだそうです。

こうして経費節減がみのり、
石川島はある財界年鑑に「日本一のケチ会社」に挙げられる名誉に浴したのでした。


また土光は、現場へ行って、機械の調子が悪いと、
故障個所を見付けるのも早かったそうです。

じーっと機械音に耳を傾けているうち、
ある種の第六感で悪い個所がピーンと分かるのだとか。

土光は石川島重工でも、
暇さえあれば現場へ顔を出していました。


あるとき、機械が故障、あらゆる点検をしましたが、
どうしても故障個所がわからなかったということがありました。

土光は、音を聞いて、
すぐに故障個所を指摘したそうです。

改めて点検したら土光が指摘した通りだったのでした。



──────────────────────────
【引用ここから】


こうした“事件”があると、
現場の信用は厚くなる。

生産会社は、現場の者のやる気一つで、
かなり左右されるところが大きい。


【引用ここまで】
──────────────────────────



土光が石川島重工業の社長に就任した翌日、
朝鮮戦争がはじまります。

不況にあえいでいたわが国産業界は、
これでにわかに息を吹き返し、以後特需ブームに沸きます。

石川島も売り上げは二年で五倍に跳ね上がりました。

そしてさらにその五年後の昭和32年には、
またその五倍に躍進します。






さて、石川島は大躍進するのですが、
この昭和時代の「私の履歴書」を読んでいると、

日本の経済を支えてきた財界の大物たちも、
長い人生の間に様々な失敗を重ねてきているということを知ることができます。



失敗続きの私は彼らから勇気をいただいているわけですが、

彼らの人物伝を読んでいると、
成功するために3つの試練を経験し、
乗り越えてきている人が多いと分かります。



1、大病をする

2、刑務所に入る

3、放蕩(浪人)する




この履歴書に登場する人物はほぼ間違いなく、
どれか一つは経験しています。

土光は以前紹介したように、
長期の浪人生活をしていましたが、

彼はなんと刑務所に入る経験もしていました。




昭和28年7月、朝鮮戦争の休戦が成立すると、
造船業界にはまたも不況が訪れます。

この不況を、政府は大幅な利子補給をして支えてきました。

この利子補給に関連してリベート金が政界に贈賄されたとして、
例の造船疑獄事件が起きたのです。

この事件は、ときの吉田政権下の犬養健法相が「指揮権」を発動、
自由党幹部の逮捕を中止させたことであまりにも有名ですが、

検察側が取り調べた政、官、財界人は総勢八千二百余人にのぼり、
逮捕された者百五人という未曽有の事件でした。


土光は、造船会社社長の一人として逮捕され、
拘置生活二十日間の憂き目にあいます。


朝、六時過ぎ、いつものように自宅前のバス停でバスを待っていた時、
東京地検の検事が来て、


「ちょっとお宅まで戻って下さい」


といわれ、

二時間ほどの家宅捜索を受けたのち、
任意出頭を命じられます。


担当検事はのちに、土光の家のボロ屋と電車通勤している姿を見て、
「あっ、この人は違うなと直感した」と、記者団に語ったそうです。


しかし二十日間の牢獄生活。
ここで土光は改めて教訓を得ます。



「人生には予期せぬ落とし穴がついて回る。
 公私を峻別して、つねに身ぎれいにし、しっかりした生き方をしておかねばならない」



結局は「関係なし」になりましたが、
拘置生活は土光にとって、
多忙から離れた久々の休養となります。

牢獄からながめた青い月が妙に美しかったことを覚えていると書いています。






さてその後、
石川島はブラジルにも進出し、造船所を建設します。

当時ブラジルは世界の名店街と言われ、
一千社以上の世界の大企業が進出し、本社までブラジルに移した会社もありました。

しかし、造船会社だけは一社も進出していませんでした。


何が原因なのか、土光は
政治、経済、気候、風土など徹底的に研究、調査します。

ブラジル政府は、造船所建設用地を提供するとまで伝えてきました。
そして、造船、海運振興の法律まで作り、
どうぞおいでくださいとの姿勢。


──────────────────────────
【引用ここから】


ここに至っては、もはや逡巡する理由はない。

ところが、わが国内では、政情の不安定その他を勘案して、
ブラジル進出はリスクが大きすぎ、
とても実行できないものだという意見が多かった。

私は、それらの反対意見を、
「すべて責任は私が負う」として押し切り、
33年1月8日、ブラジル関係当局と協議し、議定書の調印を行った。


【引用ここまで】
──────────────────────────


土光の決断ですね。

リスクに対する慎重意見はいつの時にもあります。
その意見がもっともだという時もあります。

その意見を超えて決断するためには、
やはり徹底的に研究、調査していくことが大事なのだと
読みながら感じました。


この造船所はその後、中南米一の造船所に発展し、
この造船所で働いた者は、技術者としてハクがつき、
他の所で高給がもらえるという、いわば技術者養成所のような役割も果たします。





そして昭和35年、日米安保改定をめぐって、
日本国内が揺れに揺れていたその年、

石川島重工業と播磨造船所との合併が発表されました。


大型企業の合併として、
当時大きく取り上げられました。

石川島がタービン機関を、
播磨がディーゼル機関を互いに供給し合う友好関係にあり、
土光は播磨の六岡社長と会食を重ねていたのでした。

しかしこの合併話は、半年以上、
一部の人間が秘密厳守で
会議を重ねていったのでした。

その会議では、それぞれの欠点、弱点を洗いざらいさらけ出す、
ということがなされます。

公表している決算諸表ではわからない含み利益や含み損失まですっかり見せ合います。


また合併後、社風、給与体系、昇進制度のちがいが問題になりましたが、
まず役員構成は両社それぞれ九人とし、人事面での平等感を前面に押し出します。

そして会社組織を五部門に分割、完全事業部制とし、
両社の従業員は本社にいったんプール。

そのあとほとんど無差別に五事業部に再配分。
この結果新しい職場では、上役も同僚も
いったい石川島なのか播磨なのかわからない配置となったのでした。

この配分により、かえって組織のマンネリズムが一掃され、
逆に清新の空気がみなぎり、
石川島播磨重工業はフル稼働していきます。



合併により業界内で、

資本金第4位、
売上高第2位、
船舶は第2位、
航空エンジンはわが国唯一の専門メーカー、
産業機械はビッグスリーの一角を占め、
原動機・化工機はボイラーのトップメーカー、

となります。

一たす一を三にも四にもしていく、
と土光は進軍ラッパを鳴らしたのでした。


そして昭和38年ついに、

「造船世界一」

を実現します。


造船世界一の功労者は、のちに社長になる
真藤恒君(のちのNTT社長)だと土光は述べています。

ちなみに皮肉なことに、
NTT会長時代に真藤はリクルート事件で逮捕されています。


土光によると、真藤が設計した「経済船型」が
造船世界一の原動力となったのでした。


「経済船型」とは、


「船は細長くなければならない」

というこれまでの常識を破り、ズングリムックリ型の設計にしたもの


でした。


この種の船型の原理は、すでに実験室的には既知であり、
理論的にも推定されていました。

しかし、実際の船舶では予測できない現象も起こります。
そして何より、失敗すれば何億という損害でした。

そこで誰も踏み切れなかったのですが、
真藤はあえて踏み切ったのでした。


石川島播磨では、


「固定観念を破れ」


が一種の合言葉になっていました。

これをあまり強調したために失敗もありましたが、
こうした合理化により、他社よりはるかに安い価格で、
どしどし注文を受けたのでした。



固定観念を破る。


この発想が土光の発想でもあり、
のちの行革にもつながっていくのだろうと感じます。

そしてそうであればこそ、
現代の私たちが生きる日本でも、

固定観念を破って物事を進めていく必要があるのではないかと、
私も納得しながら読んでいました。


東京オリンピックの終わった昭和39年11月、
土光は14年半座った社長のイスを後継に譲ったのでした。




来週に続けます。





私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉



昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの
私の履歴書。過去の記事はこちらからどうぞ。











(第665号 平成24年7月10日(火)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/896-caa34e42
    この記事へのトラックバック



    fx