【再録】「やってみせ、言ってきかせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」─土光敏夫(臨調会長)その4─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】「やってみせ、言ってきかせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」─土光敏夫(臨調会長)その4─昭和時代の私の履歴書

2012年12月06日 18:00


 
 (第658号 平成24年7月3日(火)発行)



昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉



土光敏夫のお話の続きです。


土光は、秩父セメントの受注に成功し、
以後タービン発注が急増します。

これを受け、石川島と芝浦製作所の間で、
新会社設立の構想が打ち出されたのでした。


昭和11年、両社の共同出資で、

「石川島芝浦タービン」

が設立されました。

土光は新会社の技術部長を命ぜられます。


設立当初資本金300万円、
両社から均等に六人の役員を出します。

土光は、新会社転出ののち、工場長ら数人と、
アメリカのGE本社に特派され、
勉強、見学の機会を与えられたのでした。

そして翌年に帰国、帰国後五か月ののち、
取締役に任ぜられます。土光が41歳のときでした。


土光は出世階段を上って行きましたが、
やることに変わりはありませんでした。


少しでも優秀なタービンをつくるために、
みんなで議論をしあい、現場で一緒になって働きます。

また、組み立てや修理のため日本全国各地もまわります。
文字通り、席の温まる暇がなく、

まるで食前食後にタービンというほど、
技術屋として超多忙の時であったと土光は回想していました。


こうしてタービンに明け暮れているうちに、
日本はついに太平洋戦争に突入、
石川島芝浦タービンは、軍需工場に指定されたのでした。

松本に敷地三十万坪の工場を建設、
辰野、木曽、伊那と工場網を広げていきます。
航空機用排ガスタービン、過給機などを製造しました。
また戦時中にジェットエンジンの開発にも成功しています。


しかし従業員も応召によって熟練労働者が減り、
作業能率は日に日に低下していったのでした。

そうして終戦を迎えます。


一時期、全面的に生産は停止しましたが、
終戦と同時にいち早く鶴見本社工場の再建に努め、
11月には早くも一部稼働可能となります。

それから6か月後、土光は同社の社長に就任したのでした。


まず、鍋、釜の類をつくって、
一応、従業員の生活を確保し、

後は本格的な再建を期し、
鶴見と松本をピストン往復する生活が続きます。

利用する汽車はたいてい夜行。
超スシ詰めの混雑のなか、立ったまま眠った夜も何度かあったのでした。


石川島芝浦タービンの社長になって、
いちばん奔走したのは、資金繰りでした。

終戦直後の猛烈なインフレの中、
やり繰りに窮します。


これはどこの社長も一緒ですね。
夜行バスの往復をしている現在の私にはイメージが強く浮かんできます。




また通産省にも機械業界振興の補助金を引き出すため、
連日のように陳情します。

土光は委細かまわず、大声で局長や時間に訴え続けました。


とにかく、それしか手がないとすれば、
目的を遂げるまで、骨身を惜しまず駆け回るしかないとの思いでした。


その結果、石川島芝浦タービンは、
親会社の石川島重工業(昭和20年に石川島造船所を改称)より
早く立ち直ることができたのでした。



昭和25年初夏、石川島重工業の笠原前社長が、
突然石川島芝浦タービンの本社に来ました。

役員会は説得され、石川島本社の社長に土光は就任することになります。

石川島重工業本社は、そのころ一億円以上の赤字を出し、
経営の危機に瀕していたのでした。

首脳陣は公職追放令の影響で、若い顔ぶれに変わります。

この新首脳は、過度経済力集中排除法下、東京三工場の工場分割の指定にあったり、
戦後の特別損失を補てんしたり、
企業再建のため懸命な努力を続けました。


土光は経営者の心得として、
山本五十六元帥の次の言葉を好んでいました。


「やってみせ、言ってきかせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」



まず、役員が経費節約の範を垂れます。
あとは言って聞かせ、実行させ、ほめてやらねばならない。

「言って聞かせる」ための手っ取り早い方法として、
土光は


社内報


をつくりました。

土光は石川島重工の社長に就任してすぐ、
この発行を思い立ちます。

わずか一か月余りの準備期間しかありませんでしたが、
昭和26年1月1日付で社内報「石川島」が発行されます。

年頭の挨拶として土光は以下のことを述べます。

1、各工場別採算の確立。

2、健全経営の確立。

3、受注の計画化、製品機種の統一。

4、組織の活用と事務能率の向上。

5、社風、社紀の高揚。



ある評伝で、このころの土光の話が出ていたのだそうです。

─────────────────────────────
【引用ここから】


社長に就任した当日、挨拶はそこそこに、
いきなり伝票や領収書をことごとく集めさせ、
社長室の机に山積みにした。

重役だけでなく、部課長、係長まで一人一人を呼んで、
この領収書の山を背景にして怒鳴った。

“諸君は冗費が多い。もっとムダを省き、合理化出来る余地はたくさんある。
 この書類の中を合理化しただけでも、すでに十分の利益が出る”


【引用ここまで】
─────────────────────────────



土光はこの評伝の内容については否定していますが、

実際のところは、土光のところへ
じかに持ってこさせるだけで引き締めの効果が出るから、
それをやらせたまでであると述べています。

事実、これによって、
翌月から石川島の経費、冗費はがくんと減り、
半分ぐらいになったのだそうです。


そして一人一人呼んだのもまた事実で、
将来の石川島のあり方について意見を徴するためと、
早く名前と顔を覚えるためだったのだそうです。

これは即答できる者、できないものさまざまでしたが、
徴した意見のうち、いいことは即刻実行したのだそうです。


ある課長は、技術中心の石川島の伝統をよりのばすためには、
研究所を充実すべきだといいました。

土光はただちに大学から優秀な教授を引っ張って来て

「技術研究所」

を設置します。


また、能率をよくするためには、まず調査を始めるべきだとの意見によって、
日本能率協会より技師を招き、中堅職員十七人を加え、

「能率調査班」

を編成します。この班が、科学的分析に基づき、
生産管理方式を中心とした改善案を出したのでした。



社内報「石川島」は、26年1月4日、
本社、初出社の日に全社員に配布しました。

その日早朝、私は正門前に立って、
「おめでとう」と言いながら、出社してくる従業員一人一人に、
「石川島」を手渡したのでした。




来週に続けます。





私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉



昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの
私の履歴書。過去の記事はこちらからどうぞ。








 (第658号 平成24年7月3日(火)発行)

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/890-989cc6b9
    この記事へのトラックバック



    fx