【再録】石川島造船所で仕事を趣味とする─土光敏夫(臨調会長)その3─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

【再録】石川島造船所で仕事を趣味とする─土光敏夫(臨調会長)その3─昭和時代の私の履歴書

2012年12月04日 18:00

 (第651号 平成24年6月26日(火)発行)


昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉



土光敏夫のお話の続きです。


大正6年、土光は、
東京高等工業学校機械科に入学します。

現在の東京工業大学ですね。


土光がエンジニアをめざしたのは、
父のすぐ上の兄が、機械関係の技師として、
琵琶湖のインクラインなどに足跡を残していた人物だった
ということもあったようです。

蔵前にあった東京高工の教育方針は、
理論や理屈よりも、
まず専門の技術や知識を身につけることに徹し、

作業服に身を包んでどしどし働き、
よき技師になれという方針でした。


土光が三年のとき、学内で一大事件が起きます。

東京高工で大学昇格運動を起こし、
なんとか許可をもらおうと動いていたのですが、

一橋は大学昇格が認可されたにもかかわらず、
東京高工はだめだとなり、学内は騒然、
文部大臣宅へデモをかけようということになりました。

土光は反対していました。
地味な技術者教育はそれなりに存在理由があるし、
自分自身の個人的事情から言っても、
大学に昇格すると学費の負担がかかり困ると思っていました。


しかし生長(級長)をしていた以上、
学内の意思が賛成となれば賛成せざるを得ない。
寒い夜に、全生徒が決起し、九段の中橋邸へ押しかけたのでした。

押し問答の末、らちが明かず、
失敗に終わります。


土光の学生時代はひたすら読書と実験に明け暮れたものでした。


大正9年卒業となります。
当時は第一次大戦の好況の反動を受けた大不況期で、
失業者が続出していましたが、
専門技術を持つ蔵前出身は売り手市場でした。

しかし土光は生長であるということを考え、
同級生の落ち着き先を見送ったのち、
最後に選択をしたのでした。

三菱、三井などの大企業はとっくに同級生たちの手に落ち、
東京石川島造船所が残っていたのでした。

当時の学生人気は、三菱と満鉄。
特に満鉄は、月給200円という高給でした。


石川島造船所の初任給は45円。
当時の待遇としては低い方でした。


大正9年入社の土光でしたが、
その直前まで四割配当を行うほど造船ブームに沸いていたものの、
翌年から一転して大不景気に見舞われ、
会社経営は、造船よりも機械製造に重点を置かざるを得ない状況でした。


土光が配属されたのは、
その機械方面、タービンの設計でした。

土光は蔵前時代からタービンを主力に勉強しており、
洋書を四苦八苦して読み漁り、
実験も先生と一緒になって取り組んだのでした。

石川島は、外国製のタービンを販売しました。
しかし、土光は以下のように述べています。


「われわれ技術者は、外国製をたんに輸入して販売するだけでは存在価値がない。
 せっかく優秀な機械を輸入したならば、それをもとに研究に励み、
 わが国独特の国産品を生み出さなければ意味がなかろう。」


土光たちは辞書を片手に勉強や試作に取り組みます。
石川島には技術に熱心な雰囲気があり、

「月給をもらうためだけなら来るな、
 仕事を趣味とする奴だけ来い」

というところ。
議論が盛んで、退社後にも力学二十題などと、
宿題を出す先輩がうようよいたのだそうです。


大正11年1月、土光はスイス・チューリッヒにある、
エッシャーウイス社に研究留学を命ぜられます。

タービンの実際の製造技術を学んで来いということでした。


出発前、土光はある女性と見合いをします。
石川島の取締役栗田金太郎(のちに常務)の長女直子でした。

結論は母に任せ、土光はスイスへ向かいます。
土光の母は栗田家を訪れ、その質素な暮らしぶりと、
親を大事にしている家風が気に入り、

土光は帰国一か月後、式を挙げたのでした。

土光は帰国して設計課に戻り、
陸上タービンに取り組み、
同僚たちと研究に研究を重ね、
さらに研鑽を積んだのでした。




─────────────────────────────
【引用ここから】


この時代、夢中になって働いていたことのエピソードとして次のようなことがあった。

入社後、何年かに兵役のため入隊したが、
近視がひどいというので除隊になった。

その除隊になった日、家へまっすぐ帰らず、
軍服のまま会社へ直行して深夜まで残業をしたのち帰宅した。

私としては、ただやりかけの仕事のばかりが頭にあって、
早く家族を安心させることなぞ、
全く念頭になかったのである。

このときは、さすがに、家の者に苦情をいわれた。


【引用ここまで】
─────────────────────────────


陸上タービンが軌道に乗り出したのは、
昭和2年ごろからでした。

タービンの売り込みには、直接、
土光が関係しました。

当時の発電機は、ほとんどがGEをはじめ外国製のものばかりでした。

秩父セメントが、大型発電機用のタービンの導入を計画していると聞いて、
石川島も参戦しましたが、純国産など相手にされませんでした。

土光は「国産だからダメ」といわれたことに憤慨します。
秩父セメント本社に乗り込み、

「技術には絶対の自信がある。
 使ってもみないで外国製に劣るなどといわないでほしい。
 国産技術奨励のためにも、ぜひ当社のタービンを」

と熱心に口説きます。

同席したある役員が、

「それほど自信たっぷりに優秀なことを誇るなら、
 万一、欠陥が判明したときは、タービンを引き取ってくれるかね」

とからかい気味にたずねます。

土光は、即座に

「ええ、結構です。引き取りましょう」

と答え、ついにタービンの交渉が成立したのでした。


ところが、石川島社内は大騒ぎになります。
若造の一主任技師がとんでもない約束をした。
万一、欠陥があった場合、会社は莫大な損害を被る。

納入は辞退した方がいいんじゃないかと。

しかし結局、「とにかく、土光にやらせてみよう」となったのでした。


秩父セメントの成功で、
その後、各社から続々注文が来ました。

そして、記録的な大型機を次々に製作します。


このころを振り返り、土光は、
日本の技術レベルはこのころからすでに優秀であったと述べています。


「ただし、この高いレベルを支えたのは、
 わが国技術者たちの、言葉に尽くせない研鑽のたまものであることはいうまでもない。

 私が社会へ出た大正末から昭和初期は、
 彼らが火の玉となってがむしゃらに働いていた時期であったといえるであろう。」



以上は、土光の二十代、三十代の話です。

私も経験がありますが、
仕事が面白くて仕方がないというときがあります。

土光にとってはタービンの開発が、
この若いころに集中して取り組んだ仕事だったのでしょう。


仕事を趣味とする人は、
いまの日本には少なくなってしまったのかもしれませんし、
家庭を大事にしなければならない時代でもありますが、

このように仕事が楽しくて中毒になっているようなときは、
本当に楽しいものです。



来週に続けます。





私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの
私の履歴書。過去の記事はこちらからどうぞ。








 (第651号 平成24年6月26日(火)発行)

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/888-8975bff5
    この記事へのトラックバック



    fx