組織の知力を引き出すリーダーの条件 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

組織の知力を引き出すリーダーの条件

2010年11月23日 18:00

101123office_convert_20101123101818.jpg


昨日に引き続き、
『DIAMONDハーバードビジネスレビュー』12月号の話です。

昨日の「従業員第一主義」のお話も興味深かったのですが、

「組織の知力を引き出すリーダーの条件」という論文も、
おもしろいものでした。結論から言うと、



リーダー次第で組織のパフォーマンスは変わり、
組織の知力や可能性を大きく開花させる
「増幅型リーダー」が必要である。



というものです。

35社超150名の企業リーダーを調査した結果、
リーダーには二つのタイプがあり、


1、消耗型リーダー(diminisher) 

2、増幅型リーダー(multiplier)


があるそうです。そして、その5類型が示されています。



消耗型リーダーの5類型は以下の通り。

帝国建設者型:人材を囲い込み、才能を十分に活用しない。

専制君主型:人々の思考と能力を抑制するような張り詰めた環境をつくり出す。

知ったかぶり型:自分がいかに物知りであるかをひけらかすような指示をする。

意思決定者型:中央集権型の唐突な決定を下して、組織を混乱させる。

マイクロ・マネージャー型:みずから関わって成果を上げようとする。


増幅型リーダーの5類型は以下の通り。

人材勧誘者型:有能な人材を惹き寄せ、その能力を最大限に活用する。

解放者型:ベストな思考と仕事が求められる厳しい環境をつくり出す。

チャレンジャー型:チャンスを明らかにして、部下に能力いっぱいに考えさせ、行動させる。

議論仕掛人型:チーム・メンバー同士での活発な議論を奨励し、健全な決定を導く。

投資家型:部下には成果に対する当事者意識を持たせ、自分は成功に投資する。


消耗型リーダーは、自分がその職場で一番賢明だと思っているけれど、
増幅型リーダーは、自分をコーチや教師だと心得ているのだそうです。


さて、あなたはどのタイプでしょうか?

消耗型リーダーに当てはまりそうな人は、気をつけましょう。
懸命に努力すれば、増幅型リーダーになることはできると
この論文には書いてあります。

また無意識の消耗型リーダーというのもあるそうですので、
気をつけましょう。

自分の上司や他の部署の上司など、いろいろ考えられそうです。



これを読みながら感じたのは、
私の上司であった市川一朗先生は、
確かに「増幅型リーダー」でした。

分単位のスケジュールで忙しい時でも、若干の時間があるときは、
部屋で議論し、徹底的に考えさせられました。

大事な案件がいくつかあるときでも、
考え方の大枠を説明され、考えさせられた後は、

「あとは渡辺くんに任せるよ」

といろんな仕事を信頼して任せてくださいました。
私は出来が悪かったので、
何回かもちろん失敗したこともありましたが、
そのときは、私のせいにすることなく、
自分が悪かったな、ということをおっしゃる人でした。

研修の類がない世界でしたので、
究極のOJTだったようにもいま思うと感じます。

先生の質問による思考の促し方というのは、
いまの自分の力になっているようにも思います。

部下を成長させるチャンスを与えてくれたのだなあ
といまになって思いますが、
機会があれば今度は私が「増幅型リーダー」になってみたいものです。





Multipliers: How the Best Leaders Make Everyone Smarter [ハードカバー]
Liz Wiseman , Greg Mckeown



参考サイト:http://multipliersbook.com/


この『DIAMONDハーバードビジネスレビュー』は、
1冊2000円で、雑誌として考えると非常に高い値段なのですが、
ここにつまっている多くの論文を読めると思えば、
かなり安いものなのではないかと思っています。

来月1月号は「日本軍に学ぶ敗北の教訓」ということで、
また興味深い論稿が多くありそうです。



『DIAMONDハーバードビジネスレビュー』

特集 人を潰す会社 人が輝く会社

ハイ・ポテンシャル人材の条件
あなたは企業に選ばれた存在か
ダグラス A. レディ ロンドン・ビジネス・スクール 客員教授
ジェイ A. コンガー クレアモント・マッケンナ・カレッジ 教授
リンダ A. ヒル ハーバード・ビジネス・スクール 教授

人材育成:6つの過ち
有望な社員が会社を去る時
ジーン・マーティン
コーポレート・エグゼクティブ・ボード コーポレート・リーダーシップ・カウンシル エグゼクティブ・ディレクター
コンラッド・シュミット
コーポレート・エグゼクティブ・ボード コーポレート・リーダーシップ・カウンシル エグゼクティブ・ディレクター兼チーフ・リサーチ・オフィサー

情報技術が人事管理を変える
「人材分析学」がもたらす競争優位
トーマス H. ダベンポート バブソン大学 特別教授
ジェーン・ハリス アクセンチュア ハイパフォーマンス・ビジネス研究所 エグゼクティブ・リサーチ・フェロー
ジェレミー・シャピロ モルガン・スタンレー 人事担当エグゼクティブ・ディレクター

あなたは部下を消耗させてはいないか
組織の知力を引き出すリーダーの条件
リズ・ワイズマン ザ・ワイズマン・グループ プレジデント
グレッグ・マキューン ザ・ワイズマン・グループ パートナー

非公式ネットワークの活用法
社員のコミュニティが問題解決力を高める
リチャード・マクダーモット マクダーモット・コンサルティング 社長
ダグラス・アーチボルド ウォーリック・ビジネス・スクール アソシエート

慢性的な過負荷からの脱却
社員を追い詰める「加速の罠」
ハイケ・ブルッフ ザンクト・ガレン大学 教授
ヨッヘン I. メンジス ケンブリッジ大学 ジャッジ・ビジネス・スクール 講師

組織を蝕む負のスパイラル
職場の「妬み」を克服する
ターニャ・メノン シカゴ大学 ブース・スクール・オブ・ビジネス 准教授
リー・トンプソン ノースウェスタン大学 ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント 教授

複合的対策で社員を救う
情報の洪水に対処する法
ポール・ヘンプ ハーバード・ビジネス・レビュー コントリビューティング・エディター

新規チームと既存部門のパートナーシップ構築
イノベーションをめぐる対立を解消する
ビジャイ・ゴビンダラジャン ダートマス大学 タック・スクール・オブ・ビジネス 教授
クリス・トリンブル ダートマス大学 タック・スクール・オブ・ビジネス 准教授

Serial Article

論語の「上司」論
【第2回】自信家の部下の個性を伸ばす〈1〉
齋藤 孝 明治大学 文学部 教授

OPINION
従業員第一主義こそ起点
ビニート・ナイア HCLテクノロジーズ 代表取締役社長

CHIEF OFFICERS
長期的ビジョンを通じて世界共通の欲求に訴えかける
クリスチャン・ポータ シーバスブラザーズ 会長兼CEO
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/87-d8d3ea14
    この記事へのトラックバック



    fx