一年前の今日、私は落選しました。 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

一年前の今日、私は落選しました。

2012年11月13日 10:00

一年前の平成23年11月13日、

私は宮城県議会議員選挙に無所属で出馬し、
5,042票という貴重な票をいただきましたが、
残念ながら落選いたしました。

昨年の経過及びその時の思いなどは、
ブログに残っていますので関心のある方はぜひご覧くださいませ。


宮城県議選若林選挙区2011





落選の翌日からこの一年、
多くの人たちにお支えいただき、
毎日のように街頭に立ち続けることができました。


落選で多くのものを失い、
自分の心の中でもいろいろなものを失ったように思います。


しかし、あの寒い冬のなか、
一緒に街頭に立ち続けてくれた友人をはじめ、
常に誰かが私のそばにいてくれました。

そして雨の時も雪の時も街頭に立ち続けたことで、
いろんな輪が一年で広がったように感じます。


もちろん選挙が終わり、
お祭りの後のようにさみしい日々ではありましたが、

思い返すと、常に誰かが私を応援してくれて、
ありがたいなと思うことでなんとか持ちこたえることができました。

もうだめだ、という場面が何度もありましたが、
ギリギリのところでみんなが支えてくれました。

そして心のどこかで、
震災で無念の死を遂げたあの人やこの人たちのことを思うと、
大したことではないなと思えたことも事実です。

あらゆる人たちのおかげです。



民間の立場から「仕事をつくる」という公約を実現するために、
株式会社つくる仙台を5月に立ち上げました。

半年でいろいろな仕事をし、
たくさんのチャレンジあふれる起業家たちと出会い、
復興のために力を尽くすことができたのは大きな経験でした。


───────────────────────────────
【引用ここから】


株式会社つくる仙台起業6か月の実績です!

つくる仙台は、11月1日をもって起業6か月を迎えることができました。
ひとえに皆様の温かい御支援のお蔭と思っております。
つくる仙台の3つの理念に基づいて、取り組んできた業務をご紹介します。


・会社法人設立運営支援 7件

・社団・財団法人設立移行支援 3件

・起業・設立コンサルテイング10件




理念1 東北に新しいビジネスをつくり、真の復興をめざす。

(1)飲食・建設・リフォーム業等の会社設立支援
(2)仙台の街おこしをする団体の組織化支援
(3)地域のお祭り事業計画支援
(4)被災地の農業と流通のマッチング
(5)児童に対する援助活動の後方支援


理念2 起業チャレンジ精神を応援し、地域の自立をめざす。

(1)カフェ経営・旅行業等の創業支援
(2)飲食店2店舗目開業支援(立地、内装、集客等)
(3)飲食店のメニュー分析
(4)ネットショップの経営改善支援
(5)補助金申請相談


理念3 プロフェッショナル集団の活性化をめざす。

(1)理念1・2を実現するための専門家集結(企業集団つくる仙台)
(2)士業開業・集客支援


【引用ここまで】
───────────────────────────────


つくる仙台







そしてこの一年を振り返ると、

林英臣政経塾の同志たちと出会え、
この日本の政治をそのままにしてはおけないという、
尊敬すべき全国の若手地方議員と切磋琢磨することができました。

特に東北の若き同志たちと出会えたことは、
何事にも代えがたい貴重な財産だと感じています。




そして、大阪維新の会の維新政治塾にも思い切って参加したことで、
政治のプロではないけれども、
さまざまな職業のさまざまな年齢のさまざまな地域の方々と出会うことができました。

その共通点は、「このままの政治では日本がつぶれてしまう」
という危機感だったと思います。

もちろんテレビや新聞、そして多くの方々から、
さまざまなご批判をいただいているのは承知しています。

直接間接的に「維新なんかダメだ!」という声もたくさんいただきました。


それでもただ黙って政治を見ているわけにはいかない、
けれど何をしたらいいかわからない、大阪に行ってみよう、
そんな人たちの熱い思いが維新政治塾の参加者のみなさんからは感じられました。

すぐには結果は出ないかもしれませんが、
このままの政治では、日本がダメになってしまうという思いを共感し、
維新塾のみなさんとはこれからも何かの折に再び出会えるのではないかと感じています。





そして公益社団法人仙台青年会議所(仙台JC)の会員としても、
この一年いろいろな活動をすることができました。

仕事の関係だけではなかなか得ることができない、
貴重な仲間たちと仙台のまちづくりのために様々な活動をする機会をいただきました。


青葉まつりや仙台七夕の花火大会に運営側として力を尽くせたのは貴重な経験ですし、
仙台の人間として、感謝の想いがあふれるまちづくりに
微力ではありますが貢献できたのはうれしい経験でした。

これからも、同世代の仲間たちとすてきな仙台をつくる
社会開発運動に取り組みたいと思います。





またこの一年、
仙台東倫理法人会の経営者モーニングセミナーにご縁をいただき、
毎週勉強する機会をいただきました。

朝6時から始まるため早起きが大変ではありますが、
講師の先生方から毎週貴重なお話をいただき、

先輩経営者のみなさんからも様々なお話を聞くことができるこの機会は、
大変ありがたいなといつも思っております。


そして、この倫理法人会で学んだ言葉の一つが、


「得るは捨つるにあり」


という言葉でした。

人生、無類の窮境に、
にっちもさっちもいかなくなった時、
何の未練も、予想も、後悔もなく、
きれいさっぱりと捨ててしまう。

地位も名誉も財産も生命も。

するとこのとき、
まことに思いもよらぬ好結果が、突如として現れるのだと。




私は一年前の今日、何もかも投げ打ってしまった、
そんな感覚でいましたが、

多くの仲間や同志、先輩や後輩、同級生、
地域の方々や家族に恵まれ、

充実した一年をすごすことができたように思います。





しかし、まだまだこれから。

政治活動は常在戦場で取り組む。
つくる仙台としても起業チャレンジ精神を常に忘れず、

これからもがんばっていきたいと思います。





このメルマガを読んでくださるみなさんにも心より感謝します。

いつの日か私も、元気な日本をつくるいい仕事をできるよう、
がんばっていきたいとおもいますので
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。






渡辺勝幸後援会に入る方法【無料!】


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/859-b96c4cfb
    この記事へのトラックバック



    fx