【再録】従業員第一、顧客第二! - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 
自由民主党・県民会議
 事務局長
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
みやぎパラボウリング協会 会長。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】従業員第一、顧客第二!

2012年10月17日 18:00

 今月号の『DIAMONDハーバードビジネスレビュー』には、

 「人を潰す会社人が輝く会社」と、表紙にでかでかと書かれています。


 『DIAMONDハーバードビジネスレビュー』


  Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2010年 12月号
  



 今月号もいろんな論文が載っていて
 ビジネスのヒントは大いにあるのですが、


 最も気になったのは、
 HCLテクノロジーズ代表取締役社長のビニート・ナイア氏の

 「従業員第一主義こそ起点」

 というコラムでした。

 この会社はインドのIT企業なのですが、
 80年代に隆盛を極めたものの、
 2000年代に入り、業績悪化とともに社内に疲労感が漂っていたとのこと。

 そこでナイア氏は2005年社長に就任したときに、


 「従業員第一、顧客第二」


 をキャッチフレーズに改革をスタートしたそうです。

 彼は、これを日本企業の品質経営から学んだとしています。

 「日本企業は従業員を大事にする。その文化が質の高い製品と
 きめ細かい顧客サービスを生んでいる。」

 ナイア氏は、従業員一人ひとりの不満に丁寧に耳を傾け、
 夢や希望について聞きました。

 その後2007年には前年比57%アップの
 営業利益をあげたのだそうです。



 これは従業員を大事にすることで、
 従業員も顧客を大事にしなければ
 という意識の改革につながったということなんだろうと思います。

 逆転の発想のようでいて、当たり前のようにも思えますが、
 インドのIT企業が、日本の品質経営から学んだと
 言ってくれるのはとてもうれしいことですし、

 日本人が最近忘れていたことなのかもしれません。




 さて、この話を聞いておもいだしたのは、
 デンマークのあるFlash Mobの動画です。

 Flash Mob とは、街のなかで突然Mob(群衆)が、
 集団行動をはじめるというもので、

 日本でもいろんなことをしている人がいますが、
 けっこう好きなのでいろいろ見ています。

 この動画は、デンマーク・コペンハーゲンの
 あるバス運転手さんが誕生日を迎えた日に、
 なんと突然バスのお客さんが
 お祝いをし始めるというもの。

 歌われているこの歌は、デンマークの人ならだれでも知っている
 お誕生日の歌なんだそうです。


 運転手Mukhtars氏(41歳)は、この日休みを取ろうとしていたが、
 友人のヘルプでやむなくシフトに入ることに。



 Mukhtars F?dselsdag - Flash Mob - Bedre Bustur
 http://www.youtube.com/watch?v=xgOyTNtsWyY





 実はこのサプライズ、彼が勤めるバス会社『Bedre Bustur』が計画したもの。この会社は、乗客に心地よくバスを利用してもらうために、従業員の就労環境の向上に努めているようだ。このサプライズも、ムフタールさんの普段の仕事を讃えるために行われた。

  (ロケットニュースより引用 http://rocketnews24.com/?p=33903



 さて、あなたの会社は、従業員第一主義でしょうか?






(第69号 10/11/22発行)

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/838-2d6bc31f
    この記事へのトラックバック



    fx