スランプを脱出するには - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

スランプを脱出するには

2010年11月15日 09:00

小学生のころ、私は野球少年だったので、その頃のイメージが強く、

今でも、監督は王貞治、3番は吉村禎章、4番は原辰徳、
5番はウォーレン・クロマティというイメージが一番しっくりきます。


子どものころに王貞治さんの人物伝を読んだ記憶があるのですが、
王さんはけっこういろんな場面で多くの挫折を経験しています。



まず、昭和34年に高卒大型新人として巨人に破格の契約金で入団。

当初はピッチャーとして巨人に入ったのですが、
ピッチャーとしては使えないと上層部の判断で、
野手に転向させられます。

1年目は.161、7本塁打と当初の期待から大きく外れ、
また三振も72を数え、「王は王でも三振王」と揶揄されたそうです。


3年目には、阪急のエースとのトレード話も持ち上がっていたほど、
成績は振るわなかったのだそうです。


昭和36年のシーズンオフに荒川博が打撃コーチに就任してから、
王貞治は変わり出します。

有名な「一本足打法」で打席に立ち、
ホームランを爆発的に打ち出したのでした。

王さんはさらに本気で取り組む気持ちになり、
いっそう猛練習に打ち込むようになったそうです。

その練習は壮絶で、
この時の練習の過酷さ、
練習量を表すエピソードとして


「練習に使った部屋の畳が擦れて減り、ささくれ立った」
「練習の翌朝、顔を洗おうと、腕を動かそうとしたが動かなかった」


という話があるのだとか。

また、剣道家・羽賀準一のもとに
弟子入りし居合を習うとともに、
日本刀による素振りの指導を受ける徹底ぶり。

特に有名なエピソードとして、小学校のころ本で読んだ記憶があるのは、
天井から吊り下げた糸の先に付けた紙を、日本刀で切る、という練習です。

これは一本足打法の弱点を克服するものだったらしいのですが、
いずれにしても、徹底して練習を続けたようです。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【以下wikipedia引用】

南海時代の野村克也も自身の著書『巨人軍論』の中で、王の練習の凄まじさを
振り返っている。

ある日、王と野村がそれぞれ友人を連れ銀座の飲食店で呑んでいた際、夜10時
になったところで王が「ノムさん(野村の愛称)、悪いけど荒川さんとの練習
があるので、僕はここで失礼します」と言い、野村が引き止めても、王は練習
に向かった。その時、野村は「ああ…、俺はいつかこいつに抜かれるなあ…」
(この逸話の段階では、野村のほうが王より通算本塁打数が上だった)と感じ
たという。

その後、野村が荒川コーチに頼んで王の練習を見学させてもらったところ、
ただ「すごい」と感じるのみで、とても王に話しかけることのできる雰囲気で
はなく、「王の素振りに比べれば私のそれなんて、遊びみたいなものだった」
「あれだけの練習した王だから、世界記録を作ってもなんら不思議ではない」
と記している。

さらに「実績ある選手は周囲が意見できないことをいい事に、
何かと言い訳をして手を抜きたがるものだが、王は一切妥協せず自分に厳し
かった。中心選手はチームの鑑でなければならず、王はまさにそうだった」と
評価している。

【引用ここまで】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


この年はじめて、本塁打王、打点王を獲得したのだそうです。

しばらくして、昭和46年にもスランプを経験するものの一本足打法を貫き復活、
昭和52年には756号のホームラン世界新記録を達成します。

引退後は巨人の助監督、監督を経て、ダイエーホークスの監督に。
しかし成績は低迷、平成8年にはホークスファンから生卵をぶつけられる事件も。

王はそれらに対し、ひたすら

「俺は辞めない」
「我々は勝つしかない。勝てばファンも拍手で迎えてくれる」


と発言し、耐えました。その後、平成11年には日本一を達成、
平成18年にはWBC日本代表監督として、
キューバを破り世界一となったのはみなさんもご存じのことと思います。



王さんは、


スランプを脱出するには、練習しかない。
練習で本来の姿を戻すしか方法はないんだ。


と言っていたそうです。

きっと何事もそうなんだろうと思います。

スランプ脱出のためには、練習しかないわけです。

練習あるのみですね。






関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/79-c56562c2
    この記事へのトラックバック



    fx