【講演報告】朝カラという勉強会で、誰でもわかる年金の仕組みなど社会保障政策についての講演をしました! - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 
自由民主党・県民会議
 事務局長
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
みやぎパラボウリング協会 会長。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【講演報告】朝カラという勉強会で、誰でもわかる年金の仕組みなど社会保障政策についての講演をしました!

2012年08月26日 18:00

平成24年7月24日(金)朝7時30分から、
仙台市青葉区一番町の美容室カランコロンにおいて、

「朝カラ」

という勉強会で、

誰でもわかる年金の仕組みなど社会保障政策について

講演をしてまいりました。


この会は、若く意欲のある方々が
仕事の始まる前に勉強しようという会で、
様々なテーマを取り上げているのだそうです。

政治にはあまり関心はないという方が多かったようですが、
熱心に聞いてくださり、質問議論も活発でこちらも大変勉強になりました。




まずは、平成24年度政府予算の概要を、
歳出と歳入に分けてみていきました。
今の政府予算の歳入のうち、税収でまかなわれているのは5割に満たないということを取り上げました。

残りの5割は将来世代への借金ということで、
国債の残高増加の要因についてお話しました。

近年では高齢化の進行に伴い、
社会保障関係費の増加が国債発行の主要因となっています。

そして歳入面で見ると、景気の悪化、税収の落ち込みがあるということもみました。



現在の年金の仕組みは、

「賦課方式」

ということで、

私たち現役世代がいまお年寄りのみなさんに仕送りをしている方式をとっているわけです。


これに比べ、

「積み立て方式」

は、自分の老後に必要な資金を、自分が若いうちに保険料として積み立てておく方式です。


また近年、

「国の年金に加入しても、
 自分たちの老後のときには年金が破たんしていて、払い損になる」

という主張が多いようですが、
これは必ずしもそうではありません。

公的年金の仕組みとして現在2階建て方式がとられていますが、

1階部分の「国民年金」については、
ほとんどのサラリーマンや公務員の方々は、

保険料の支払いについては、給与から自動的に天引きをされています。


農業、自営業者など第1号被保険者と言われる方々の未納は
問題になっていますが、一部となっています。


また、例えば現在20歳の人は、
実際に国に払う「保険料」よりも、
平均的に将来もらえる「年金」が1.7倍に増える計算となっています。

70%利回りの金融商品はなかなかないでしょう。

これが会社員になると厚生年金が加わり、平均2.3倍以上に増えるとされています。


そして、2009年の制度改正により、
高齢者に支払われる年金の半分は「税金」から支払われるようになりました。
つまり、国民年金の個人の保険料の負担は半分で済むようになっています。

国民年金の保険料を払わないと、
逆に税金の「払い損」になるという仕組みになっています。



公的年金、現在の賦課方式の特色として、

「物価スライド制」

についてもお話しました。

民間の年金と違って、公的年金は、
世の中の物価の動きを考えて年金の額も変動させるというインフレ対策が取られています。

現在はデフレ状況ですが、
インフレになると物価とともに給料は上がります。

一方、引退世代は物価が上がると生活が苦しくなるわけです。
現役世代は物価が大きく上がっても、給料も物価とともに増えていくので、
現役世代は保険料を多めに払うことが可能になるわけです。

ここに「賦課方式」つまり「仕送り方式」の利点もあるわけです。


しかしこの賦課方式が続くと、
世代間の不公平はますます広がっていきます。

年金受給額を減らす
年金保険料負担を増やす
年金受給開始年齢を引き上げる

このどれかをやらざるを得なくなりますが、
これをやるたびに内閣が一つずつ消えていくことになるでしょう。


やはり、年金制度を根本から見直し、
積み立て方式へ移行することが必要ではないかと考えます。

積み立て方式は、
自分の負担と自分への給付が連動しているので、コンセンサスがえられやすい。

また年金の収益率を見た場合に、賦課方式よりも高い収益率が期待できます。



社会保障の分野で政策を考えるときに、
本当に困っている人については徹底的に支援することが大事ですが、

自立する個人を増やすことによって支える側を増やしたり、
若年層を含む現役世代を活性化させる社会保障政策
が求められています。


たとえば財界の大物も、
普通のサラリーマンで定年を迎えた人も、
現在の制度では同じ年金制度で何億円の収入がある財界の大物にも公的年金は支払われることになっています。

所得と資産のある個人への社会保障の給付を制限し、

若い世代、特に子育て世代への社会保障政策を充実させることが、
年金問題の解決への一助となるのではないでしょうか。


維新八策の社会保障の分野についてもご説明しましたが、
さらに選挙の投票率についてもお話しました。


全く関係ないようですが、
現在20代の投票率と60代の投票率はほぼダブルスコア、
つまり20代で投票する人の2倍の人が60代では投票しているわけです。

民主主義の原則から言えば、
投票した集団の政治的圧力が高まるのは当然でしょう。


その結果、間接的に年金制度や社会保障制度は投票率の高い層の声に合わせたものとなりがちです。

もちろん政治家は、選挙を超越して、
日本の将来を考えた政策を実現していくべきですが、
現実はそうはなかなかいきません。


20代30代で政治なんかどうでもいい、
俺の一票で世の中変わるわけじゃないし、
と言っている方々が増えれば増えるほど、

年金をはじめとする社会保障政策、
あるいは政府一般予算の配分などに知らず知らずのうちに影響されるわけです。




20代のあなたは投票に行っていますか?




60代でも行ってないよという方もいるかもしれませんが、
もしかしたらそんなところに政治的無関心の原因があり、
その結果、旧態依然とした政治家が昔ながらの政治をすることで、
さらに国民の不信が高まり、悪循環となっているのかもしれませんね。



朝カラでのお話を終えた後、
多くの方が質問してくださり、
政治に少なからず関心を持って下さったようで、
とてもうれしく思いました。


ご参加いただいたみなさん、主催者のみなさん、
お話をする機会をいただきありがとうございました。
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/784-7572b19a
    この記事へのトラックバック



    fx