米沢市の道徳教育と山形大学の有機エレクトロニクス研究センターについて─米沢視察報告 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

米沢市の道徳教育と山形大学の有機エレクトロニクス研究センターについて─米沢視察報告

2012年08月03日 18:00

若手政治家の勉強会である林塾に参加していますが、
東北の同志で米沢の視察をしようということになり、


米沢市立興譲小学校



山形大学工学部有機エレクトロニクス研究センター

へ行ってまいりました。


米沢市議会議員の、


渋間佳寿美さん



相田光照さん



中村圭介さん



が尽力してくださり、
今回の視察は実現しました。



小野公久さん(福島県磐梯町)

大桃英樹さん(福島県南会津町議会議員)

江花圭司さん(福島県喜多方市議会議員)

阿部利基さん(宮城県石巻市)



と渡辺の8人で参加しました。


米沢市立興譲小学校は、
米沢市の中心部にある小学校で、
創立132周年、明治13年に校舎が建てられています。


明治14年には明治天皇が巡幸され、
その時の資料も小学校に残っているという、
由緒正しい学校でした。

当日はちょうど授業参観ということで、

「いのち」の授業が行われていました。

1年生から6年生まで、


生活リズムってなんだろう

目を大切にしよう

生活リズムをふり返ろう

姿勢と健康について

電子映像メディアと私たちの生活

タバコと健康

食事と健康

歯の健康


などなど、子供だけではなく、
父兄にとっても大事なテーマだなあと感じました。

そこにポイントがあるのかもしれません。


また米沢市教育委員会の先生からもご説明をいただきましたが、
米沢の道徳教育には、

国が定めた学校教育の理念に加えて、
上杉鷹山公の教えを継承し、子供たちに伝える

という考え方が明確にされています。

つまり、


国が定めた教育方針だけではなく、
その地域の特色ある教えを、
その自治体の教育計画の中に組み込んでいるということです。


具体的には、


「確かな学力」

「感性豊かな心」

「健やかな体」


の知徳体の基本に加え、

上杉鷹山公の教えのなかにある、


「目的意識の確立」

「倫理観の醸成」

「実学性の重視」



を継承する。

そして、

人はどのように生きていけばよいのか、
公共心や規範意識などの倫理観、
学んだことを生かしどう活用していくか、

を教育の場面に取り入れていくということです。


ちなみに体育館には、上杉謙信と上杉鷹山の肖像が掲げられていましたが、
これは市内の全小中学校にあるのだそうです。



さらに米沢市の小学生中学生には、

道徳郷土資料「ふるさと米沢の心」という副読本が配られます。


これは、郷土の先人の伝記、逸話などの題材を取り上げて、
その生き方、考え方などを学ばせることによって、
児童生徒の道徳性を養い、併せて郷土に対する深い理解と愛情を培うもの。


この副読本は、先生方が授業や勤務の合間を縫って、
歴史家の方に話を伺ったり、図書館などに通ったりして、
つくられたそうです。

そして、平成に入ってからはビデオ製作もし、
映像による教材の開発もしているのだそうです。


この小学校には、全国から視察がきているそうで、
道徳教育が注目されているそうです。




その後、米沢市内にある山形大学工学部の
有機エレクトロニクス研究センターを訪問しました。




有機ELの分野での権威である、


城戸淳二卓越研究教授


にご説明をいただきました。


いま米沢では、オールジャパンでの
有機エレクトロニクスのアライアンスが生まれており、

経済産業省、文部科学省、山形県が支援することに加え、
大手印刷、電機、化学の大会社、
照明用有機ELパネル会社、ベンチャー企業群、県内の中小企業が連携して、
有機EL実用化の動きが活発化しています。


城戸先生のお話からも、
なんとかしてオールジャパンで、
世界競争に勝たなければならないという思いを感じましたが、

米沢でいまこういう研究の動きがあるということは、
不勉強で知りませんでした。


グリーン・イノベーション、
低炭素社会構築、
次世代の高効率・高品質照明の技術開発、
省エネルギー革新技術開発、
次世代プリンテッドエレクトロニクス材料・プロセス基盤技術開発、

などなど、

ここの基礎研究の成否によって、
将来の日本の行く末が決まるのではないかと思えるぐらい、
重要な研究がたくさんなされています。





ここで感じたのは、政治の重要性です。

世界各国はこうした基礎研究に対し政府が積極的に支援をし、
国力を高め、新しい経済の活性化策につなげています。

しかし日本の政治家で、
こうした分野に理解のある人は少ないですね。


また城戸先生は、
起業に対する日米の文化の違いについてもお話をされていました。

アメリカは失敗しても起業チャレンジする人たちが出て来るが、
日本ではベンチャーが育たないし、
育てるためのインキュベーションも足りない。


つくる仙台としても、可能性を追求していかなければならないなと
あらためて感じました。




米沢は、仙台藩祖伊達政宗公が生まれ育った故郷でもあります。
いまの仙台があるのも米沢のおかげであり、
これからも米沢には機会があるごとに訪れてみたいなと思いました。



米沢のみなさん、ありがとうございました。


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/759-eb23150d
    この記事へのトラックバック



    fx