【講演報告】今朝(20日)、仙台宮城野倫理法人会において維新八策についての講演をしました。 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

【講演報告】今朝(20日)、仙台宮城野倫理法人会において維新八策についての講演をしました。

2012年07月20日 18:00

今朝(7月20日)午前6時より、
仙台宮城野倫理法人会モーニングセミナーにおいて、


今後の政策動向と維新八策について


講演をしました。

このような機会をいただいた、
仙台宮城野倫理法人会のみなさまに心より感謝申し上げます。

また終了後も、たくさんの方にいいお話だったといっていただき、
とてもうれしく思いました。


せっかくですので、今朝お話した内容を、
簡単ではありますが、このメルマガ読者のみなさんに報告したいと思います。






自己紹介と昨年の県議選出馬について、
まずお話しました。

そして維新政治塾に応募したお話。


【1、維新政治塾で何をやっているのか】

 3/24 統治機構の作り直し(堺屋太一維新の会特別顧問。元通産省)
 4/14 財政・税制・経済(高橋洋一嘉悦大学教授・大阪市特別顧問。元財務省)
 4/28 公務員制度改革と教育改革(原英史大阪府市統合本部特別顧問。元経産省)
 5/12 社会保障制度(鈴木亘学習院大学経済学部教授。大阪市特別顧問)
 5/26 外交・防衛(北岡伸一政策研究大学院大学教授)
 6/23 入塾式、基調講演(石原慎太郎東京都知事)
 7/7  既得権と闘う成長戦略(古賀茂明大阪府市統合本部特別顧問。元経産省)

小泉・安部内閣のブレーンの方々が多く、
橋下さんの改革を進める推進力となっている政策について勉強している。

講義・レポート・意見表明・ディベートなど。


【2、維新の会の基本的考え方─なぜいま維新なのか】


「決定にこだわる」

⇒決定の集権化と分散化。とことん議論をした後に多数決を取り、反対者もそれにしたがう。
 あくまで政治家は議論することが目的ではなく、決定することが大事。



「ふわっとした民意」

⇒有権者の声をくみとるということ。目の前の大きな声ではなく、声を出さない声をくみ取れていない。
 パブコメが果たして有権者の声なのかどうか。目の前で発言している人が果たして有権者全体の声と言えるのかどうか。
 各種団体の声なのか?有権者全体の声なのか?

「声なき声をどうすくっていくか?」
 維新が頼れるのはふわっとした民意だけ。
 しかしこのふわっとした民意の支持が得られなければ、日本の統治機構を変えることはできない。



7月のNHK世論調査では、現在の調査方法をとるようになって初めて、

無党派が50%を超えた。


民主党15.2%。
自民党19.8%。
公明党2.9%。
共産党1.7%。
みんなの党1.1%。
社民党0.3%。

支持なし52.0%。


この支持なし層、無党派の国民が納得する政治をつくらなければ、
日本の政治は崩壊し、日本が沈没してしまうという危機感を私は持っている。


昨年の県議選出馬以来の私のテーマでもある。


維新で出るかどうか、民主か自民かという議論は別として、
無党派層の支持を得られる政治をつくることが至上命題。

政治の危機は国家の危機。
維新かどうかではなくて、
国民の信頼を政治が得られるかどうかが重要。



「維新の基本的考え方」

日本再生のためのグレートリセット
皆さんにリンゴを与えることはできません。リンゴのなる木の土を耕し直します。

維新が目指す国家像
 自立する個人・自立する地域・自立する国家
「決定でき、責任を負う民主主義」を確立する



【3、維新八策とは具体的に何か】

1、統治機構の作り直し

2、財政・行政改革

3、公務員制度改革

4、教育改革

5、社会保障制度改革

6、経済政策・雇用政策・税制

7、外交・防衛

8、憲法改正


政治の仕組みを作り直さなければ、
また結局は同じ政治が繰り返され、

政治屋が再び当選し、日本の政治は崩壊し続け、
日本自体が沈没してしまう。


【4、共通価値と公益経済について】

政治が最も変わる必要はあるが、
政治だけではなく、経済界などほかの分野でも大きな変化が求められている。
経済の分野では「共通価値」と「公益経済」の確立が必要だろう。

企業は社会の役に立つ存在でなければならない。

リーマンショック以前のアメリカの企業や、国家資本主義で世界に進出する中国企業のなかには、マネー原理主義的な動きがあった

大久保秀夫さんのお話
ザンビアのフルパッケージ支援事業
=ザンビアに進出した日本企業は、利益の20%を公益に使うというビジネスモデルを構築。
これまで中国が独占していた分野も、日本企業群への期待が高まり、鉱山・エネルギー開発、鉄道、道路開発、自動車、製薬、IT、医学研究ほか日本企業が「フル・パッケージ」でサポート。
三井不動産、三菱ケミカル、西日本高速道路、豊田通商、長崎大学、KDDI、ロート製薬、日立建機、JR東海


つくる仙台を起業し、公益経済の確立にいささかなりとも貢献したい。




ポーターの共通価値
 =社会的価値を創造することで経済的価値も創造するという行為
 =社会のニーズや問題に取り組むことで社会的価値を創造し、その結果、経済的価値が創造されるというアプローチ

=「世の中のためになることをしながら同時にお金もうけをする」


  →CSRを否定
   =企業にとって社会問題は中心課題ではなく、その他の課題という認識



大久保さんのお話も、維新塾塾生の方からきっかけをいただき、
勉強する機会を得た。

維新塾塾生は素人集団と報道では批判されるが、
素人だからこそ国民の声に近い

様々な職業の方で志ある方が全国から集まり、
そうした方々とのつながりができたことに心から感謝している。
切磋琢磨し続けたい。


同時に、自分は「仙台の渡辺」とみられるので、
力及ばずながら仙台代表として恥ずかしくないようにしなければと、
つくづく感じているところ。

仙台が復興し、東北が復興することで、
日本が元気になるはず。

仙台から日本経済をけん引する気概を持って、
今後とも取り組んでまいりたい。





関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/745-09758f15
    この記事へのトラックバック



    fx