fc2ブログ

【講演報告】今朝(20日)、仙台宮城野倫理法人会において維新八策についての講演をしました。

今朝(7月20日)午前6時より、
仙台宮城野倫理法人会モーニングセミナーにおいて、


今後の政策動向と維新八策について


講演をしました。

このような機会をいただいた、
仙台宮城野倫理法人会のみなさまに心より感謝申し上げます。

また終了後も、たくさんの方にいいお話だったといっていただき、
とてもうれしく思いました。


せっかくですので、今朝お話した内容を、
簡単ではありますが、このメルマガ読者のみなさんに報告したいと思います。






自己紹介と昨年の県議選出馬について、
まずお話しました。

そして維新政治塾に応募したお話。


【1、維新政治塾で何をやっているのか】

 3/24 統治機構の作り直し(堺屋太一維新の会特別顧問。元通産省)
 4/14 財政・税制・経済(高橋洋一嘉悦大学教授・大阪市特別顧問。元財務省)
 4/28 公務員制度改革と教育改革(原英史大阪府市統合本部特別顧問。元経産省)
 5/12 社会保障制度(鈴木亘学習院大学経済学部教授。大阪市特別顧問)
 5/26 外交・防衛(北岡伸一政策研究大学院大学教授)
 6/23 入塾式、基調講演(石原慎太郎東京都知事)
 7/7  既得権と闘う成長戦略(古賀茂明大阪府市統合本部特別顧問。元経産省)

小泉・安部内閣のブレーンの方々が多く、
橋下さんの改革を進める推進力となっている政策について勉強している。

講義・レポート・意見表明・ディベートなど。


【2、維新の会の基本的考え方─なぜいま維新なのか】


「決定にこだわる」

⇒決定の集権化と分散化。とことん議論をした後に多数決を取り、反対者もそれにしたがう。
 あくまで政治家は議論することが目的ではなく、決定することが大事。



「ふわっとした民意」

⇒有権者の声をくみとるということ。目の前の大きな声ではなく、声を出さない声をくみ取れていない。
 パブコメが果たして有権者の声なのかどうか。目の前で発言している人が果たして有権者全体の声と言えるのかどうか。
 各種団体の声なのか?有権者全体の声なのか?

「声なき声をどうすくっていくか?」
 維新が頼れるのはふわっとした民意だけ。
 しかしこのふわっとした民意の支持が得られなければ、日本の統治機構を変えることはできない。



7月のNHK世論調査では、現在の調査方法をとるようになって初めて、

無党派が50%を超えた。


民主党15.2%。
自民党19.8%。
公明党2.9%。
共産党1.7%。
みんなの党1.1%。
社民党0.3%。

支持なし52.0%。


この支持なし層、無党派の国民が納得する政治をつくらなければ、
日本の政治は崩壊し、日本が沈没してしまうという危機感を私は持っている。


昨年の県議選出馬以来の私のテーマでもある。


維新で出るかどうか、民主か自民かという議論は別として、
無党派層の支持を得られる政治をつくることが至上命題。

政治の危機は国家の危機。
維新かどうかではなくて、
国民の信頼を政治が得られるかどうかが重要。



「維新の基本的考え方」

日本再生のためのグレートリセット
皆さんにリンゴを与えることはできません。リンゴのなる木の土を耕し直します。

維新が目指す国家像
 自立する個人・自立する地域・自立する国家
「決定でき、責任を負う民主主義」を確立する



【3、維新八策とは具体的に何か】

1、統治機構の作り直し

2、財政・行政改革

3、公務員制度改革

4、教育改革

5、社会保障制度改革

6、経済政策・雇用政策・税制

7、外交・防衛

8、憲法改正


政治の仕組みを作り直さなければ、
また結局は同じ政治が繰り返され、

政治屋が再び当選し、日本の政治は崩壊し続け、
日本自体が沈没してしまう。


【4、共通価値と公益経済について】

政治が最も変わる必要はあるが、
政治だけではなく、経済界などほかの分野でも大きな変化が求められている。
経済の分野では「共通価値」と「公益経済」の確立が必要だろう。

企業は社会の役に立つ存在でなければならない。

リーマンショック以前のアメリカの企業や、国家資本主義で世界に進出する中国企業のなかには、マネー原理主義的な動きがあった

大久保秀夫さんのお話
ザンビアのフルパッケージ支援事業
=ザンビアに進出した日本企業は、利益の20%を公益に使うというビジネスモデルを構築。
これまで中国が独占していた分野も、日本企業群への期待が高まり、鉱山・エネルギー開発、鉄道、道路開発、自動車、製薬、IT、医学研究ほか日本企業が「フル・パッケージ」でサポート。
三井不動産、三菱ケミカル、西日本高速道路、豊田通商、長崎大学、KDDI、ロート製薬、日立建機、JR東海


つくる仙台を起業し、公益経済の確立にいささかなりとも貢献したい。




ポーターの共通価値
 =社会的価値を創造することで経済的価値も創造するという行為
 =社会のニーズや問題に取り組むことで社会的価値を創造し、その結果、経済的価値が創造されるというアプローチ

=「世の中のためになることをしながら同時にお金もうけをする」


  →CSRを否定
   =企業にとって社会問題は中心課題ではなく、その他の課題という認識



大久保さんのお話も、維新塾塾生の方からきっかけをいただき、
勉強する機会を得た。

維新塾塾生は素人集団と報道では批判されるが、
素人だからこそ国民の声に近い

様々な職業の方で志ある方が全国から集まり、
そうした方々とのつながりができたことに心から感謝している。
切磋琢磨し続けたい。


同時に、自分は「仙台の渡辺」とみられるので、
力及ばずながら仙台代表として恥ずかしくないようにしなければと、
つくづく感じているところ。

仙台が復興し、東北が復興することで、
日本が元気になるはず。

仙台から日本経済をけん引する気概を持って、
今後とも取り組んでまいりたい。





関連記事

コメント

非公開コメント

ご支援御礼(令和元年10月)

渡辺勝幸は令和元年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,273票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に二回目の当選を果たしました。今後ともふるさと宮城の復興完遂のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(令和元年10月27日執行・投票率28.18%)
当 渡辺勝幸    自民現  10,273
当 三浦奈名美   立民新 7,634
当 福島一恵    共産現 7,047
次 高橋克也    自民新 6,486

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
20位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

メルマガを毎日書いています!

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。
メルマガ購読・解除
 

ご支援御礼(平成27年10月)

渡辺勝幸は平成27年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,041票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に初当選しました。今後ともふるさと宮城に強い経済をつくるために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成27年10月25日執行・投票率31.28%)
当 渡辺勝幸    自民新  10,041
当 福島かずえ   共産新 9,433
当 細川雄一    自民現 7,490
次 千葉あさこ   民主新 5,849

渡辺勝幸後援会事務所

渡辺勝幸後援会事務所
984-0816 仙台市若林区河原町1-7-29-101
TEL 022-398-6266 FAX 022-398-6269

最近の講演報告・講演実績

検索フォーム

アクセスランキング

ご支援御礼

渡辺勝幸は平成23年11月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、5,042票という貴重な票をいただきましたが、落選いたしました。残念な結果ではありましたが、今後ともふるさと宮城の復興のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成23年11月13日執行・投票率34.65%)
当 細川雄一    自民現 7,728
当 本多祐一朗   社民現 6,536
当 千葉達     自民現 6,031
  福島かずえ   共産新 6,000
  渡辺勝幸    無新  5,042
  菊地ゆきお   み新 2,903
  小野寺かずたか 無新 978


120216 gaitorokuchonomeAkXOfoVCMAAmJYo 早朝街頭を続けています。平成24年1月撮影。

渡辺勝幸の政治活動を応援していただける方は、まず無料の「渡辺勝幸後援会メールマガジン」にご登録ください!

【渡辺勝幸応援団よりのお願いです】
渡辺勝幸後援会に入る方法

このブログについてご説明

このブログは、渡辺勝幸が3,300日以上毎日書いているメルマガ「日本一元気になるビジネスマガジン」の過去記事を中心に構成しています。メルマガでは、ブログに書けない話なども書いていますので関心のある方はぜひどうぞ。メルマガ登録はこちらから。

メルマガを3,300日以上毎日書いています

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。 9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。 政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、 意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。 1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。 失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。 著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。 起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード

Facebookページに「いいね!」

「いいね!」するだけで、つくる仙台の日々の更新情報が届きます。たまに「ここだけの情報」をお伝えします!