会社の上司は何のために存在するのか─高山信彦『経営学を「使える武器」にする』 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

会社の上司は何のために存在するのか─高山信彦『経営学を「使える武器」にする』

2012年07月06日 18:00

ありがたいことに、日ごろ私がどんな本を読んでいるのか教えてほしい
というお話をたまにいただきます。

いろいろな本を読んでいるのですが、
最近特にこれは面白い本だなあというのがありましたので、
読者のみなさんにシェアしたいと思います。



高山信彦『経営学を「使える武器」にする』


経営学という学問を勉強し、
経営学の古典を読むということはあっても、

それをどのように実際の経営に生かしていくのか、
これは多くのビジネスパーソンの悩みどころであると思います。


経営学なんかいくら勉強しても、
利益が上がらなきゃ会社はやっていけないわけですが、

だからと言って何も勉強しないで会社を切り盛りするというのも
むずかしいですね。


この高山さんの本がすばらしいのは、
そうした経営学の古典の知識、戦略論を踏まえて、

それでは実際の経営にどのように実践させていくのかということが
わかるように書かれてあるところです。



自社における「正解の戦略」を
本当に掴み取るためには何をすべきなのか。

高山さんは、
東レ、みずほ、JR西日本、商船三井など、
業界も規模も多岐にわたる数十社で、
劇的な事業革新をもたらしていきますが、
その実践的経営学、ノウハウをこの本では紹介しています。



まず、高山さんは企業で研修をするにあたり、
はじめに基礎的な経営学の理論をおさらいします。

経営戦略とは何で、何のために必要なのか。
何を知っておけばいいのか。

そのため、高山さんは
講義で生徒に古典を読むよう強制するのだそうです。


マイケル・E・ポーター『競争優位の戦略』
W・チャン・キムとレネ・モボルニュの『ブルー・オーシャン戦略』
クレイトン・クリステンセン『イノベーションのジレンマ』
ジェイ・B・バーニー『企業戦略論』
ジェームズ・C・コリンズ『ビジョナリーカンパニー2飛躍の法則』


そうそうたる名著ですが、
これをがっつりと読ませるのだそうです。


そして本書は読んでいくうちに、
いくつもなるほどなあと思うところがあった本なのですが、
その中から、



会社の上司は何のために存在するのか?



というお話がためになったので、
読者のみなさんにシェアしたいと思います。




一般的に、企業組織には何らかの階層があるものです。

フラットな組織であれば、

「社員」「グループリーダー」「役員」

と3階層。

多いところになると、

「社員」「係長」「課長」「部長」「事業部長」「役員」

という具合に、5層にも6層にもなる組織もすくなくありません。



ここで高山さんは、
組織は何のために階層構造を採るのか?
と問います。


「指揮系統を明確にするため」

「1つの目的を効率的に遂行するため」


いろいろあるでしょうが、
高山さんの考えでは、答えはそれだけではありません。


      ─
     | |

    |n+3|

   | n+2 |

  |  n+1  |

 |    n    |
  ─────────


ヒエラルキー構造を三角形で概念化しています。

nは一般の従業員、
n+1は係長やグループリーダー、
n+2は課長というように、
もう一つ上の階層を表しています。


そこで高山さんは、

「n」と「n+1」の差は何でしょうか?

と問います。

「責任と権限」?

「経験の差」?

「深い業務知識」?

それでは長く業務を続けている人が偉いとなってしまいます。

こうしたことをふだん考える機会はなかなかありませんが、
こういった「そもそもの話」をきっちりと考えてもらいたいと筆者は述べています。

答えは、


「n」と「n+1」の違いは、


抽象化、概念の差だということでした。




「n」「n+1」「n+2」・・・・と、

マネジメントの階層が高次になればなるほど、
具体的な事実を抽象化、概念化する能力が必要
になり、

逆に「n」に近づくほど
抽象化、概念化したものを具現化する能力が求められる。



現場に近い「n」や「n+1」が強ければ、
大半の問題は「n+1」までで解決できる。

この層が強い組織では、トップは本当に困ったことを考えるだけでいい。
これが実現している企業は本当に強いと筆者は述べています。


つまり突き詰めると、


「n+1」の存在意義は、

抽象化や概念化を駆使して「n」が解けない問題を解決すること。




現場に駆けつけて一緒に考えることがまずは原理原則ですが、
それで答えが出ない時は、
グーグルアースのようにぐっと目線を広げて、

「こっちを回っていけばいいじゃないか」

と「n」に見えない視座を与えていく。

つまり、


「組織はなぜ階層構造を採るのか」


という問いの答えは、


「それぞれの階層で起きる問題をそれぞれの現場で解決するため」


だということでした。


これはなるほどなあと思いました。

総理大臣が現場に駆けつけても、
激励する意味こそありますが、
根本的な問題の解決にはならない

と私も感じていたのですが、
その答えがここにあったように思います。


経営は奥が深いです。





高山信彦『経営学を「使える武器」にする』
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/730-f98aab38
    この記事へのトラックバック



    fx