普通の女性が化粧によって美女になる動画 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

普通の女性が化粧によって美女になる動画

2010年11月10日 18:00

昨日に引き続き、


ヤンミ・ムン『ビジネスで一番、大切なこと』


のお話です。

昨日は、差別化について、


「相違点を可視化するや、おかしな現象が起こる。当事者たちは、
互いの違いを際立たせるのではなく、解消しようとするのだ。」


かくして企業も同様に、競争をしているうちに、
結果として、同じようなものを作り出している、

したがって、

「真の差別化は偏りから生まれる」

というお話でした。

そこで、さらにヤンミ・ムンさんは、
具体的に、真の差別化を実現しているいくつかのブランドを、
その特徴によってまとめています。


1、リバース・ブランド

・世の流れの逆を行く 

・アイデア・ブランドのなかでも非常に特殊で、顧客が
期待している拡張への流れを意図的に断ち切る

・他社が競争に欠かせないとみなしている便益の提供を
控えようとする。

・過剰に満ちた世界では、そっけなさがある種の魅力を
持つ

例、グーグル、IKEA、In-N-Out(インアンドアウト)、


2、ブレークアウェー・ブランド

・既存の分類を書き換える

・消費者の分類プロセスに意図的に介入し、デフォルト
に代わるカテゴリーを提示する

・AIBOの場合=道具である製品を玩具に変え、製品の
欠陥を製品の便益に変えている

・私たちに別の枠組みを提示し、変容を促す

・ある製品に対してとりがちな態度を捨て、新しい条件
でかかわりを持たせようとする

例、AIBO、
キンバリークラークの「プルアップス」
=「おむつ」から「幼児の下着」へ
シルク・ドゥ・ソレイユ
=「サーカス」から?へ
ザ・シンプソンズ 
=「アニメ」から「大人向けホームコメディ」へ
スウォッチ
=「時計」から「日常のファッションアクセサリー」へ


3、ホスタイルブランド

・好感度に背を向ける

・ひるまないブランドが強い愛着を得られる

・私たちに手間ひまをかけさせることも、そっぽを向か
れることも恐れない。

・誰にも妥協しないし、大衆に迎合するために全力を尽
くすこともない

・摩擦を糧とし、極端なまでの対立によって花開く

・消費者にとっては、自身を差別化する機会となる

例、ミニクーパー、レッドブル、マーマイト、
BAPE、ホリスター、ベネトン



この3つの類型以外に秀逸な「違い」を生んだ事例として、
著者はダヴをあげています。

ダヴのリアルビューティーキャンペーンは、
手の届かない美に固執するブランドに
女性たちが飽き飽きしていたという現実を露わにしたと分析。

そして、非凡なものを作り出すためには、
自社ブランドがもっと平凡であるべきだとダヴは気づいたわけです。

そのキャンペーンのなかで
大きな反響を呼んだYouTubeの動画がこちら。

ごく普通の女性が、化粧や写真の操作によって
別人のような美女に変身する過程を撮影したものです。


Dove evolution
http://www.youtube.com/watch?v=iYhCn0jf46U


暴露することによる差別化ですね。




この本を通して、
著者が一番言いたかったことは、


ビジネスで一番大切なことは、「差別化」、

それがすべてだ。


ということでしょうか。そして、


偏りには価値がある


ということ。
日本人にとって、「差別化」「偏り」というテーマは
非常に難しいテーマのように思えますが、
この本で取り上げられている「BAPE」のように、
日本のブランドでも、差別化に成功している事例があるようです。

私はこれがNIGOのブランドということは知らなかったのですが。


偏ることで、差別化を生み出すという手法は、
いまの日本が元気を取り戻すためにも、
必要な発想なのかもしれません。

また、この本は、ビジネスのヒントになることはもちろん、
人生のヒントにもなるような気がしました。





ヤンミ・ムン『ビジネスで一番、大切なこと』


はじめに

序 棚に並ぶシリアルは、どれも同じに見える

第一部 私たちが陥っている「競争」の正体
自覚はなくても、同じ方向を目指している
    よくしようという努力が、感覚を麻痺させる
    選ぶだけで大変すぎて、愛着どころではない
    競争の群れから脱け出すには

第二部 私たちの目を奪うアイデア・ブランド
    世の流れの逆を行く「リバース・ブランド」
    既存の分類を書き換える「ブレークアウェー・ブランド」
    好感度に背を向ける「ホスタイル・ブランド」
    ひと目でわかる違いを出せるか

第三部 私たちは、人間らしさに立ち返る
    生まれたてのアイデアには、呼吸する時間が必要
    私たちは、もっとうまくやれる

ブランド図鑑


追記:
今朝(11/10)のNHKおはよう日本で、
日本の繊維産業が衰退しているというニュースをやっていました。

繊維工場は労働力の安い中国など海外に進出し、
国内のファッション産業が危機に陥っているとのこと。

そのなかで、岩手県久慈市の岩手モリヤという工場は、
表参道のショップなどでその製品が多く販売されるなど
業績が好調。

その秘密は、安価な賃金の中国人研修生に頼ることをやめ、
逆に価格が高くなっても、高品質なものを作るため、
地元の日本人を雇用、技術力を高めるため、高校生を採用し、
時間をかけて技術力をつけるのだとか。

岩手モリヤの森奥信孝社長は、
強みを伸ばすということに力を入れたい、
と語っていました。

強みをのばすことで生き残りを図る企業経営だなと感じました。





関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/73-07f574d5
    この記事へのトラックバック



    fx