両腕のない生き方 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

両腕のない生き方

2010年11月08日 06:30

先日、恩師でもある中村勝範先生の講演会
「浜松而今大学」に参加するため、
浜松まで行ってきました。 

中村先生の講演も大変勉強になったのですが、
須藤眞志先生の「病気と人生」という講演も、

人間はいかに生きるべきか、

というテーマをあらためて考えさせられるお話で、
勉強になりました。


須藤先生は京都産業大学教授としてのみならず、
関西方面では、テレビのコメンテーターとしても活躍され、
ご存じの方も多いかと思います。

最近、残念なことに難病にかかられ、
現在闘病生活を送られているそうです。

先生は、病気になったことで人生観が変わり、
いままで何と傲慢だったのかと反省をされたそうです。

ここまではあるだろうなと思うわけですが、
ここからがすごいと思いました。


先生は、病気になった方が出版された本、
闘病記の類を、病気になってから100冊以上読まれたのだそうです。


ここで、病気になった方の共通点が見つかったそうですが、
最初はみなさん、

なんで自分だけがこんな不幸な目にあうのか

と思うのだそうです。
特に小児ガンにかかった小さな子どもたちの親御さんは特にそうで、
自分でも子どもがそうなったら、
そう思わずにはいられないだろうなと思いました。


須藤先生は、だんだんわかってきたのは、
ここでなおさら、自分の人生を全うしなければならない、
いまを生きることがいかに大切かということに気づいたと。

健康で不幸な人もいるし、病気で幸福な人もいる。
元気な時を思い出し病気でなかったら、
と考えるのはつらくなるだけ。


いままで神社にお参りするときは、
病気を治してくださいとお願いしていたのが、
いまは翌朝起きられたことに感謝するようになったと。

いままでの人生、時間をムダに生きてきた、
明日やれることは今日しなければならないと考え方が変わったと。


須藤先生が読まれた本の中からいくつかご紹介があったのですが、
そのなかでも大石順教さんのお話が心に響きました。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(以下wikipedia引用)

大石順教

大石は道頓堀付近の「二葉寿し」の次女として生まれ、
幼少の頃、山村流に師事し、1899年(明治32年)、名
取となる。1901年(明治34年)、堀江のお茶屋(貸座
敷)「山梅楼」の芸妓になり「妻吉」と名乗り、その
主人である中川萬次郎の養女となる。

そこで舞を精進していたが、1905年(明治38年)、養
父の萬次郎が楼内で6名を刀で殺害し、妻吉は両腕を
切られる被害を受けたが幸いにも命は助かった。これ
が世に言う「堀江六人斬り事件」である。両腕を失っ
た彼女は地方(じかた、演奏する芸妓)に転向し長唄、
地歌などを披露し、やがて旅の巡業をはじめるように
なった。その間、彼女は口で字を書く技法を習得、
1912年(明治45年)、日本画家山口草平と結婚、同年
に長男、1917年(大正6年)に長女をもうけた。しか
し、1927年(昭和2年)、夫と協議離婚し、身体障害
者の相談を始める。

1933年(昭和8年)、妻吉は出家得度し「順教」
(じゅんきょう)と改める。以来、仏道の毎日を送る
傍ら自分と同じ立場の身体障害者の世話をする福祉活
動に励み、1947年(昭和22年)に佛光院を建立。また、
長年培われてきた口筆による書画が入選し晩年までそ
の道を全うした。1968年(昭和43年)、心筋梗塞によ
り佛光院で入滅(死去)、遺体を献体した。

(引用ここまで)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


壮絶な人生ですね。

養父に両腕を切り落とされ、
身体が不自由になってしまった順教は、
ある日目の前に止まったカナリアを見て、 


鳥には手がないじゃないか
それでも不自由なく暮らしている


そう思い、口だけで字を書く練習をたくさんしたそうです。
筆を口にくわえ、字をたくさん書く。
やがて日展に入選するほどの達筆な字を書くようになったのだとか。

そして、両腕がなくても、二人の子どもを育て、
背中と首を使って、家のことをしたのだそうです。


そして順教は、
いつも自分はいろいろな人にお世話になっている
自分は人のために何かをしたかとふりかえると、
何もしていないなと。

そこで人のために何かをしたいと、仏門に入ったのでした。



順教はお寺で修業をする日々を送っていましたが、

あるとき、
身体に障害を持った方が、
自分の将来に絶望していたところ、

偶然、両腕のない尼僧がほうきをつかって、
お寺の境内を掃除しているのを見ました。

おどろいて、その尼僧(順教)に話しかけると、
両腕がないにもかかわらず、
器用にいろいろな作業をこなします。


順教は身体障害者の相談に乗って
福祉活動をするわけですが、
彼女は、


「私は身体障害ではあるが、心の障害ではない」


と言っていたそうです。


いままで私は、健康第一が何よりも大事だと思っていましたが、
健康を害しても、心さえ元気であれば、
楽しく生きられるんではないかなと思いました。

病は気から

ということなのかもしれません。







関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/71-25e58a90
    この記事へのトラックバック



    fx