土光敏夫(臨調会長)その1─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

土光敏夫(臨調会長)その1─昭和時代の私の履歴書

2012年06月12日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉

土光 敏夫(どこう としお、1896年(明治29年)9月15日 - 1988年(昭和63年)8月4日)は
昭和時代の日本のエンジニア、実業家。

第4代経済団体連合会会長。
位階勲等は従二位勲一等(勲一等旭日桐花大綬章・勲一等旭日大綬章・勲一等瑞宝章)。
岡山県名誉県民。次男の土光哲夫は東芝タンガロイの元役員。



明治29年岡山県生れ。大正9年東京高工卒。
石川島造船所入り。昭和21年石川島芝浦タービン社長。
25年石川島重工業社長。40-47年東芝社長。
49年経団連会長。56年臨時行政調査会会長。
63年8月4日死去。


私の履歴書は昭和57年1月に連載されている。


メザシの土光さんで有名ですね。
この履歴書も100ページ近くの分量があり、
ボリュームがあります。

土光はまず自分の半生を振り返る前に、
信条、行革について述べています。


土光の最も好きな言葉は、


「まことに日に新たに、日々に新たに、また日に新たなり」


というもの。
これは、中国の古典『大学』伝二章にある言葉。

中国・商(殷)時代の湯王が言った言葉で、


「今日なら今日という日は、
 天地開闢以来はじめて訪れた日である。
 それも貧乏人にも王様にも、みな平等にやってくる。

 そんな大事な一日だから、
 もっとも有意義に過ごさなければならない。

そのためには、今日の行いは昨日より新しくよくなり、
 明日の行いは今日よりもさらに新しくよくなるように修養に心がけるべきである」


という意味。
湯王は、これを顔を洗う盤に彫り付け、
毎朝自戒したのだそうです。

土光は「この一日が大事である」という思いだけは自覚し、
しくじったときは、その日のうちに反省して
悔いを翌日に持ち越さないようにしていたのだそうです。

その区切りとして、
毎朝と毎就寝前、二、三十分、お経を読んでいたのでした。




土光はこの履歴書を書いたころ、
第二次臨時行政調査会会長の立場にありました。

このころの土光の行革に向けた取り組みは、
現在のわが国の政治家の胸にしっかりと刻まなければならないものと感じました。


「現在、国債が82兆円出て、地方債も40兆円近い。
 国民一人当たりの勘定にすると、
 赤ん坊まで入れて約百万円の借金があり、
 三人家族なら三百万円の計算になる。

こんなことは欧米諸国にも例がないし、
 ましてわが国でも、太平洋戦争のときの水準を超えている。」


平成24年の現在の財政状況を知ったら、
土光はなんというでしょうか。

続けてこのように述べています。


「そのうえ、56年予算編成時、渡辺蔵相(当時)が出した
 中期財政展望では、59年度には6兆8000億円近くの国債を発行しても、
 まだ財政が6兆8000億円の赤字になるという。

 このまま、手をこまぬいていたなら国債発行残高が100兆円を超すのは時間の問題で、
 日本は59年度までに破産してしまう。


 そういう破局を避けるために第二次臨調が設置されたわけだが、
 この解決はなかなか難問題である。
 たんに、財政の赤字解消というだけではなくて、
 これから日本が、いや世界が進むべき方向を探り当てなければ、
 本当の行革はあり得ない。
 実に厄介な問題に取り組むことになってしまった。」


この文章がちょうど今から30年前の文章です。
国債発行残高は、一ケタ違うことになっており、
しかしまだ日本はなんとか破産せずにいますが、
土光の危惧はもうまもなく現実のものになるような気がします。


土光が行財政改革問題について、
その必要性を痛感し始めたのは昭和50年ごろからでした。

文芸春秋二月号で、
“グループ1948年(原文ママ))”の共同執筆による論文「日本の自殺」が発表されます。

この論文は、
一見豊かさを謳歌している日本社会が、
実は崩壊つまり自殺への道をひそかに歩んでいるのではないか、
ということを指摘したもの。

ローマ、ギリシャの文明の没落過程を詳細に分析し、
日本の現状とそれらがいかに類似しているかを示したのでした。

この論文を土光は、出版社の了解を得て、
何万部もコピーして企業関係者に配ります。


その後PHPから出たようです。

日本の自殺 (PHP文庫) [単行本]
グループ1984年 (著)




土光が経団連会長に就任したのは、昭和49年。

石油ショック、インフレ、
不景気、エネルギー、節約、合理化など、

このころの経営者は血の出るような減量経営に努めて
なんとかこれを切り抜けることができました。

ところが官の方を見ると、全然手つかず。


「福祉国家をめざすのは結構だが、
 財政はふくれにふくれ、
 政府にはムダを省こうとする節約や合理化の姿勢すらない。

 しかも、安易に「増税、増税」という。
 54年、ついにたまりかねて、

 『行政改革をやってから増税といってくれ。
  それをやらん限りは“増税”の声は聞かんことにする』

 と言ってしまった。」


昭和56年1月ごろ、
当時の中曽根行政管理庁長官から
第二臨調の会長をぜひ引き受けてもらいたいとの電話があります。

一度は断るものの、
鈴木総理からも懇請、その他友人にも攻められ、
ついに引き受けることに。


56年の雑誌『現代』での対談において、
土光はその考えを語っています。


「ぼくは行政改革をもう少し広い観点から見るべきだとも思っている。
 日本だけじゃなくて、このままでは世界全体がダメになる、
 だから、まだ条件が一番いい(失業についても、インフレについても諸外国ほどひどくはない)
 日本がスタートを切るべきだということです。

 そうすれば、将来、世界全体のためにも非常にプラスになる。
 今は、世界的にも大きな転換期ですよ。」


「・・・(これまでのように)なんでもかんでも“官”に頼るようではダメだね。
 すべてが自助努力をし、多少の不自由は耐え忍ぶという意識の変革が必要だから、
 行革は、国民全体の国民運動であり、
 意識革命運動ともいえる。」



今この平成24年に土光の履歴書を読んでみると、
民主党政権になってからの「事業仕分け」もマスコミから注目されましたが、

日本人はこの30年間、痛みを受け入れてこなかったということを感じます。
政治家のせいにすることもできるでしょうが、
私たち日本人がなんだかんだと理由をつけては、
将来世代に先送りをし続けてきたのがこの30年なんだなということを
あらためて感じる文章でした。


次週に続けます。










私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉



昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの
私の履歴書。過去の記事はこちらからどうぞ。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/706-499978f7
    この記事へのトラックバック



    fx