就活キュッカ2013内定者報告Mさん(東北大理・保険業界内定) - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

就活キュッカ2013内定者報告Mさん(東北大理・保険業界内定)

2012年06月06日 18:00

就活キュッカ2013内定者報告Mさん(2012/6)


内定報告

 初めまして。この度2013年卒で内定を頂きました、Mと申します。私の場合は事情が少し特殊な面もありますが、一内定者として私の意見が皆さんの参考になれば幸いです。

私は世間の多くが就活をスタートする10月に、そもそも就活を始めるか大学院に進学するかで迷っていました。理系だったので周囲の友人はほとんどが進学を考えており、就活の話はほとんど聞かなかったと思います。しかし実家が被災した現状を考えたときに、このままエスカレータ式に進学するという選択肢が自分にはどうも違うように思えたのです。そして年も新たになったということで気持ちを新たに、本格的に就活を始めようと決めました。

[1月]
知識も情報も全くない今は、とにかく学内セミナーや合同説明会などに積極的に参加して、自分の興味の湧く企業を見つけることが最優先だと思いました。出会った業界の中で興味の湧いた、メーカー(自動車、食品)、商社などをメインにとりあえず大手にエントリーをしていました。いわゆる就活の入り口である、自己分析などはマニュアルに従いたくないという変な意地から行わず、知名度やフィーリングで企業を選んでいたと思います。

[2月]
 合同説明会や会社説明会などに参加し企業探しを続けていました。後半になるにつれてエントリーした企業のESの締め切りが迫ってきていたので、焦りを感じ大学のサポートセンターに出向きましたが、短時間しか話ができずあまり明確な答えが得られなかったように思います(あくまで私見です。)
 ESを書いても自己分析などが足りなかったので平凡な内容にしかならず、しかも締め切りギリギリで書きだすなど、後手に回ってしまい通過率は相当低かったです。
SPIの勉強もこの頃から取り組んではいましたが、高校程度の問題だから簡単だと思い込んでおり、驕りがあったと思います。そのせいで自分が速く解くのが苦手だということに気付かず、テストセンターで不本意な結果で終わることも多かったです。
今思い返すとこの時期は本当に準備不足だったと思います。書類の通過率が低かったのも当然の結果でしょう。また、説明会に出向いていることで就活をした気になっていたのもまずかったと思います。唯一良かった点と言えば、自問自答を常に繰り返していて「自分の人生の幸せとは何か」のような人生観を考えていたことでした。

[3月]
 たまたまご縁があって、渡辺さんを紹介していただきました。この出会いがなければ、私は内定を頂くことはできなかったでしょう。本当に私の就活の転機だったと思います。オレ線グラフを書き、その内容を元に3時間程じっくり話を聞いていただきました。これが初めての自己分析だったと思います。話を聞いていただくことで、自分が評価していない自分のアピールポイントや、自らの考え方の核を発見できたことが一番の収穫でした。対話のなかで自分が言語化できない気持ちを言語化し、心の奥底の想いを掘り起こしてもらえたのです。
また、自分を客観視する視点も必要だということに気づかされ、家に帰ってからすぐさま、自分の携帯のアドレス帳に載っている人全員に「私の長所と短所を教えてください」という内容のメールを送りました。返事をくれた友人は、みな正直な意見を述べてくれました。そのおかげでさらに自分の人間性を認識し、後の面接で堂々と自分の考えを述べることができました。
この時期にたまたま就活サイトから送られてきたメールで、内定した企業(以下W社)を見つけ興味がわいたので、エントリーしました。
説明会の1週間後に一次選考としてGDがあり、内容は7種の製品の海外工場をA国からB国へコストが削減できるものから3つ移転する。さらに移転後に最も収益があがるものを3つ挙げるという課題だったと思います。
他社も含め、GDには自信があったので気楽に望み、1週間後くらいには合格通知を頂きました。

[4月]
 書類選考の結果もほとんど出て、第一志望だった商社は書類選考で全て落ちてしまいました。ESも最初の頃と比べ格段に良くなっていると自負していたので、非常に残念でしたが気持ちを切り替えました。
 W社の二次選考は私が遠方だったということもあり、三次選考と一緒に4月20日に行いました。二次選考は人事の方と1対1の面接、三次選考は社長と5名ほどの学生が一緒にランチをしながら社長から投げかけられた質問に答えるというものでした。その質問は社会問題(年金の財源をどうやったら確保できるかなど)に対して自分の考えを述べるというものでした。2、3日後には合格の連絡を頂きました。

[5月]
 4次選考と5次選考もW社の本社で一緒に行い、4次選考は2人の社員さんと3人の学生で質問形式の座談会でした。5次選考は役員面接で、取締役の方と1対1での面接でした。本社を出てから15分後には合格のお電話を頂き、翌週社長と1対1での最終面接がありました。人事の方と10分くらい話をしてから面接があり、5分くらい経ったところで、その場で内定を頂きました。

 最終的に私は2社から内定をいただき、W社に入社を決めました。当初の第一志望だった商社ではなかったですが、自分の能力や人間性がうまく評価されて、結果自分の適社とも思える会社に就職できたので、満足です。
 少し楽観的な見方かもしれませんが、ある意味でなるようになった結果ではないかと思います。実際、たまたま渡辺さんを紹介して頂かなければ、たまたまメールを見ていなければ、今の会社に出会うことやエントリーすることもなかったでしょう。本当に何かの縁のようなものを感じざるを得ません。
就活は相性だという言葉をよく聞くと思いますが、きっと最初のうちは、自分をよく分かっていないから、出会う会社の相性もわからず、結果落ちてしまう。逆に自分をよくわかってくると、相性のいい会社が自ずと見えてきて、選考が面白いようにうまくいくのではないでしょうか。今となってはそんな気さえします。

 終わってみれば就活は自分自身のパーソナリティーととことん向き合い、自分の人格やその良さを認識して、自信を持って社会に飛び出していくステップだと思いました。
最後になりましたが、渡辺勝幸さんをはじめ、励ましてくれた友人や先輩、その他私と就職活動中に出会ったすべての人が、私を内定へと導いてくれた恩人です。本当にありがとうございました。

(Mさん・東北大理・保険業界内定)



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/700-e6c40842
    この記事へのトラックバック



    fx