三浦知良はなぜ45歳になってもサッカーを続けられるのか? - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

三浦知良はなぜ45歳になってもサッカーを続けられるのか?

2012年06月04日 18:00

昨晩、ついにオウム真理教地下鉄サリン事件で
特別手配をされていた菊地直子容疑者が逮捕されました。

私は、平成7年3月20日のまさにあの日に、
春から大学生活を迎えるということで上京し、
ちょうどあの日から東京での暮らしを始めたので、

東京は怖いところだ

と感じたのを覚えています。

いま思えば、
東京が怖いわけではないのですが、
こんな事件が身近で起きるとは思っていなかったので、
非常に印象深い事件でした。



ちなみに私が大学に入ったころは、
サッカーのJリーグができたばかりで、
大いに盛り上がっていた記憶がありますね。

1993年のJリーグ初年度に参加した10クラブは、
いまでも印象深いです。

そのなかに仙台のプロチームはなかったことを思うと、
今年のベガルタ仙台の躍進が奇跡のように思えますね。

ぜひがんばってほしいものです。


そしてJリーグ草創期に強い人気を誇っていたのが、

ヴェルディ川崎

でした。三浦知良、ラモス、北沢、武田、ビスマルクなど、
そうそうたるメンバーがいました。


あれから、20年弱の年月が流れ、
私もいろいろな経験をし、
世の中は大きく変わってしまいました。


そんな最近のある日、私は、
あるスポーツニュース記事を目にしました。

─────────────────────────

27日に行われたJ2第16節鳥取戦(とりスタ)で、
横浜FCのFW三浦知良は自身のJ最年長得点記録を更新する
45歳3か月1日でのゴールを決めた。


─────────────────────────

カズがまだサッカーをやっているというのは知っていましたが、
最年長得点記録を更新するゴールを決めるとは!

あれから20年たっても、まだカズはゴールを決め、
カズダンスを踊っていたのです。


いやーおどろいた。
45歳でプロスポーツの第一線にいられるのはなかなかないなあと。


と同時に、続けてカズのコメントを見て、
その理由がわかったような気がしました。




「本当に、いいパスが来て最初のトラップで、
 相手との駆け引きが上手くできたので、それがすべてだったと思います。
 後はゴールに落ち着いてパスするような形で、フィニッシュできてよかったです」


「ゴールはとても大事なことですが、
 サッカーは細かい作業の積み重ねが大切で、
 これからもクオリティにこだわって行きたいと思います」


「共に戦うチームメイト、
 いつも応援してくれるサポーター、
 横浜FCに関わるすべての皆さんに感謝しています」





自分の子供としてもおかしくない年齢のチームメイトと
グラウンドに立っているわけですが、

監督がカズを起用する理由の一つはおそらく、


後輩への強い刺激


なのだろうと感じました。



どんな職場でも、後輩は先輩の仕事ぶりを見て、
自分の仕事をしていきます。

つまり、


手を抜いて仕事をする先輩と共に働く後輩は、
手を抜いた仕事をする



わけです。

カズは自分のゴールによろこんでいるのではなく、
チームメイトの細かい作業の積み重ねの結果のゴールによろこんでいます。


こんな先輩になりたい、
そう言われるような仕事をすることが大事で、

そうだからこそ、カズは長く第一線で仕事をできるんだなと
感じました。

そんな選手を上司は放っておかないでしょうね。


これは、どの世界にでも言えることだと思います。
やはりカズはすごいなとあらためて感じたニュースでした。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/697-bb9783e6
    この記事へのトラックバック



    fx