起業コミュニティfestivoの塚本代表とした、あと数年で大問題になる中小企業の課題についてのお話 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

起業コミュニティfestivoの塚本代表とした、あと数年で大問題になる中小企業の課題についてのお話

2012年05月24日 18:00

先日の上京の際、無料面談の合間に、
以前からお会いしましょうとお誘いをいただいて、
お会いできなかった方々にも会ってきました。


そして、若手起業家コミュニティのfestivo、
塚本代表にもお会いしました。


festivo



若手起業家コミュfestivoは、国内最大の起業家コミュニティ。
現在約73,000人の規模を誇っており、
起業家(経営者)、起業志望者、士業の方が参加しています。

このfestivoは、

全国に点在する起業家を繋ぎ、起業家の為の一大起業家ネットワークを作る

ことを目的としています。

若手起業家には、

「人脈」
「資金」
「経験」
「知識」
「人格」

この5点が絶対的に足りません。

festivoではリアルとバーチャルの融合を掲げ、
様々なリソースや情報、きっかけを提供し、

停滞する日本経済に代謝と雇用機会、起業機会を創出し、
日本に活力を与えたいと活動をしています。

私も応援しているコミュニティです。




塚本さんとは起業の現状から、
具体的なビジネスモデルの話、
政治経済の話など、いろいろしましたが、

私がお話した、ある問題点について、

若手起業家が担うべき問題ではないか

と強い意欲を示されましたので、
ぜひこの問題をみなさんにもシェアしたいと思います。



その問題とは、


中小企業の後継者問題


です。


あと数年で日本中で大問題になると思われますが、
日本経済を支えてきた中小企業の経営者の多くが、
団塊世代であり、70代にさしかかろうとしています。

そろそろ経営者を引退し、
後継者に譲りたい、
そんな思いをお持ちの経営者の方が多いのではないでしょうか。

このメルマガ読者の方の中にも
もしかするといらっしゃるかもしれません。


この世代の方々は、
日本経済が強かった80年代に、

30代から40代の脂ののった時期で、
起業し成功している方が多いように感じます。


しかし、そろそろ後継者にバトンをと思っても、
自分の子供たちが後を継がないというケースが多いようです。

『中小企業白書』によれば、
後継者がいないために廃業する企業は、
なんと年間7万社にのぼり、
それによって毎年20万から35万人の雇用が失われているのだそうです。

そして80年代は親族内承継が約8割を占めていたのに対し、
2003年のデータでは、4割にまで約半分に減っています。

その最大の理由は調査によれば、
「親の事業に将来性・魅力がない」というもの。

それなら事業を発展させて魅力を高めようという人は
どうやら減ってしまったようですね。



子供が継がないなら、
番頭である専務等役員に継がせようというケースもありますが、

中小企業を継ぐということは、
社長が個人保証をしなければならず、
サラリーマンだったその人の家族が大反対をするケースが多いのだそうです。


しかし従業員を雇用し、
設備もあり、技術もある。

そんな中小企業が後継者がいないが為に、
廃業してしまうというケースがあるのだと思うと、
非常に残念です。


最近では、これを解決するために、
中小企業のM&Aが急増しているそうで、
関連する企業に買い取ってもらうというケースが増えています。

しかし一方で日本の宝のような技術を、
中国系の企業に買い取られてしまうというケースもあるのだとか。



若手起業家の中には、
経営感覚に優れ、
事業を拡大しようという方も少なからずいます。

そんな方々が、こうした後継者不在の宝石のような中小企業を、
うまく承継し、日本経済の足腰をしっかりと支える、

そんな仕組みが作れるようおたがい努力しましょう、
ということで塚本さんと話をしたのでした。
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/686-7cf0fbc3
    この記事へのトラックバック



    fx