本多静六氏の資産形成の秘密 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 
自由民主党・県民会議
 事務局長
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
みやぎパラボウリング協会 会長。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

本多静六氏の資産形成の秘密

2010年11月05日 18:00

事業仕分けはともかく、特別会計のメリットは何か?(10/27)

事業仕分けはともかく、特別会計の問題点とは何か?(10/29)

事業仕分けはともかく(11/4)

と続けてきました。


政府の無駄は、徹底的に排除しなければならない!
公務員人件費を削減すべきだ!

もっともだと思います。

放漫財政になりがちなところを
どのように引き締めていくか、
歳出削減努力を図る仕組みが必要だと思います。



そう思いながら、
そういう主張をするカツユキさん自身の家計はどうなんですか
とふと思いました。

自分自身、こづかいを無駄に使っていないか、
歳出削減努力を図る仕組みをきちんと作っているか、
と言われると、
がんばってはいるんですが。。。
としか言えません。


財政の問題も、家計の問題も、企業の問題も、
収入をのばし、支出を減らす努力が、
安定化のカギであることは間違いありません。

それではどうしたらよいか。
ちょっとハードルは高いのですが、
5年ほど前に森林の勉強をしているときに、
戦前の山林家で東大教授の本多静六という人の
おもしろい本を読みました。


本多静六『私の財産告白』


本多静六は、1866年埼玉県菖蒲町生まれ。
苦学の末、1884年に東京山林学校(現在の東大農学部)に入学。
一度は落第するも猛勉強して首席で卒業。
その後、ドイツに私費留学してミュンヘン大学で国家経済学博士号を得る。

1900年、東京農科大学の教授に就任、
研究生活のかたわら植林・造園・産業振興など
多方面で活躍するだけでなく、
独自の蓄財投資法と生活哲学を実践して莫大な財産を築く。

1927年定年退官を期に、全財産を匿名で寄付。
1952年に85歳で逝去。


日本の大きな公園設計のさきがけとなる人でもあり、
日比谷公園、明治神宮、松島公園、鶴ヶ城公園など、
著名な公園を手がけてもいます。


本を読むと、彼は貧しいなか、
勤勉に勤勉を重ね、9人という大家族にもかかわらず、
節約を徹底。家族一同月末にはゴマ塩ご飯で過ごすこともあったとか。

その基本となるのが、「四分の一貯金」でした。
公式は以下の通り。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

貯金 = 通常収入×4分の1 + 臨時収入×10分の10

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


月給その他月々決まった収入は4分の1を、
臨時分は全部を貯金に繰り込む。

まとまった額になったら、鉄道株を購入。
さらにまとまった後は、
最安値に近いところで山林を買い占める。

こうして資産を増やしたそうです。
9人家族で、給料の4分の1を貯金に回すとは大胆です。
人によってはこれを読むと、
給料が高いからこそできるんだろうと思うかもしれませんが、
年収にかかわらず、
貯金している人は同じような方法で成功しているらしいですね。

ちなみに金融広報中央委員会の調べによる、
「貯蓄の有無と金融資産の保有額(2009年)」をみると、
年収300万円未満の一世帯当たり金融資産保有額は、

平均611万円

なんだそうです。
これは金融資産を保有している年金生活の方とも考えられますが、

中央値は100万円

とのことで、貯蓄非保有世帯も数字に含んでいることを考えると、
年収にかかわらず、きちんと貯蓄をされているんだろうと思います。


本多静六は、以下のように、
貯金生活の一番の障害は「虚栄心」だと述べています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(以下引用)

いたずらに家柄を誇ったり、いままでのしきたりや習
慣にとらわれることなく、一切の見栄をさえなくすれ
ば、四分の一天引き生活くらいはだれにでもできるの
である。自分のネウチが銀もしくは銅でしかないのに、
暮らしのほうは金にしたい。金メッキでもいいから金
に見せかけたい。こういった虚栄心から多くの人が節
倹できないのである。銀はどうせ銀、銀なりに暮らせ
ばいいのであるが、さらに人生をより安全にし、生活
をより健全にしようとするならば、むしろ一歩を退い
て──事実は一歩を進めて──実力以下の銅なり、鉄
なりの生活から出発していくべきだろうではないか。
戦後の何もかも新規蒔き直しの生活には、とくにこの
決心と勇気が必要であると思う。

(引用ここまで)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


事業仕分けはともかく、

自分の家の道路が便利になること、
通勤で使う駅周辺がきれいになること、
子ども手当をもらうこと、
農家の戸別所得保障手当をもらうこと、

これらの便利さと、実際の実力のかねあいが、
わかりやすく明らかになるとよいのかもしれません。




関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/68-1c9bb564
    この記事へのトラックバック



    fx