東京大阪間1,000円台の高速ツアーバスもある - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

東京大阪間1,000円台の高速ツアーバスもある

2012年05月17日 18:00

今年に入ってから、
今までの人生ではないぐらいの移動をしています。

昨年も物資を運ぶために仙台東京を往復しましたが、
今年は月二回の大阪仙台移動など、
体にこたえる移動が増えました。

もちろんそのおかげで、
全国各地にたくさんのすばらしき友人ができ、
自らの視野も広まり、
ありがたいなあと思うわけですが、

先日関越自動車道でツアーバスの大事故が発生、
高速ツアーバスで移動している身としては、
他人ごとではないなという思いで見ておりました。

実際、仙台大阪間の高速ツアーバスは、
12時間もかかり、
乗客の自分も体に支障をきたすほど疲れるわけですが、
乗務員の方はなおさら大変な長距離運転になるなと思います。

時間にもしばられますので、
休憩もさほど取らず、交代制とはいえ大変だろうなと感じていました。



さて、この大事故の前に、国土交通省では、


JRバスなどのバス会社による「乗り合いバス」と、
旅行会社が提供する「ツアーバス」


について、乗り合いバスの規制緩和と、
ツアーバスへの義務強化を検討していました。


「乗り合いバス」は運賃や路線などで国に事前に申請・届け出をする必要があるのに対して、
「ツアーバス」は旅行会社が運賃やスケジュールを自由に決めることができるなど、
競争条件に差があるのが現状です。

東京大阪間のツアーバスでは1,000円台というところもあり、
ツアーバス利用者は増加の一途をたどっています。

両者の競争条件をそろえるという意味もあったのでしょう。


しかし、この事故を受けて、
またしっかりとした対応が求められることと思います。

さっそく国交省では検討チームが出来上がったようです。


大事故があると、
規制を強化する動きになりがちですが、

安全を確保すべきはし、規制をただ増やすのではなく、
きめ細やかに対応をしていくべきであると思います。







「関越自動車道における高速ツアーバスの事故を踏まえた公共交通の安全対策強化に係る検討チーム」の設置について(平成24年5月14日)

─────────────────────────────────────────
【引用ここから】


政務三役会議「関越自動車道における高速ツアーバスの事故を踏まえた公共交通
の安全対策強化に係る検討チーム」について


1.目的

今般4月29日に関越自動車道において事故を起こした「高速ツアーバス」は、旅行業者が
貸切バスを使って、公共交通輸送サービスとしての高速バス輸送を提供するものである。
この高速ツアーバスの利用者に対する安全確保については、旅行業者と貸切バス事業者の双
方が、連携しつつ適切に対応していく必要があるにもかかわらず、現時点までの調査によれば、
本件については、貸切バス事業者の不適切な運行管理や旅行業者の不適切な旅程管理に加えて、
相互の連携や適切な情報提供が欠如するなどの問題が明らかになっている。
今回の事故の重大性に鑑みれば、高速ツアーバスを含む貸切バス事業等の安全対策の強化と
その実効性の確保は極めて緊急性の高い課題である。そのためには、高速ツアーバスを企画す
る旅行業者を「高速乗合バス事業」へ移行させるといった構造的な改革を進める必要があるが、
高速ツアーバスは既にかなり普及しており、こうした対策が定着するまでの間も、政務のリー
ダーシップの下に、安全対策の強化とその実効性の確保を政策的に推進し、もって公共交通の
安全の確保に万全を期する必要がある。


2. 検討の対象となる事故再発防止対策について

(1)高速ツアーバスを企画する旅行業者の「高速乗合バス事業」への移行の促進
(2)乗務員の運転時間の基準や配置指針の見直し
(3)旅行業者と貸切バス事業者の書面による適正な取引実施の確保
(4)バス事業者や旅行業者等に対する監査体制の強化
(5)高速ツアーバス等の安全に係る利用者に対する情報提供
(6)高速ツアーバス等の安全に係る利用者からの苦情受付窓口
(7)被害者支援機能の強化
(8)事業者団体等による安全対策実施の促進
(9)運輸安全委員会の活用を含めた自動車事故に係る原因究明のあり方
(10)そのほか、公共交通の安全確保に資する事故再発防止対策


3.今後の進め方

政務三役会議の下に以下のメンバーによるチームを設置し、必要な対策について早急に洗い
出しをするとともに、本年の夏の多客期に間に合うよう対策を打ち出していく。



【引用ここまで】
─────────────────────────────────────────





関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/678-51478c71
    この記事へのトラックバック



    fx