ブリヂストン誕生、そして石橋家と鳩山家─石橋正二郎(ブリヂストンタイヤ社長)その3─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

ブリヂストン誕生、そして石橋家と鳩山家─石橋正二郎(ブリヂストンタイヤ社長)その3─昭和時代の私の履歴書

2012年05月08日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉




石橋正二郎のお話の続きです。

均一たび、地下たび、ゴムぐつと、
相次いで成功をおさめ、急激に事業は拡大していくわけですが、

昭和6年、ブリヂストンがつくられます。


ゴムに手を染め、
石橋は将来非常に大きくなるのはなんだろうかと考えます。

当時、自動車は日本中で三、四万台。

米国などの状況から判断すると
将来百万台にはなるだろう。

そうだ、自動車タイヤだとおのずから結論が出ます。


米国では一日に五万本とか六万本もつくる大きな会社があり、
それを日本に持ってきてダンピングしたら
君のところは丸つぶれだぞと三井物産からは言われます。


しかしそんなことはどうでも、
技術さえ成功すればいいのだからと、

九州大学のゴムの先生に話したところ、

「百万円、研究費をください」

との答え。当時の百万円だからかなりの値打ちがあるわけですが、
百万円でやれるかやれないかの目鼻だけはつけましょうと。


試作機の機械を注文するというとき、
商社の何人かを呼んで話をしました。

そのとき、タイヤのマークをどうするかという話になり、

「アサヒタイヤでは日本品は悪いという考えがあるからまずい。
 外国語をもじった名前にしよう」

ということになり、まず

「ストンブリッジ」

が浮かび上がります。

しかしなんとなく変な名前なのでひっくり返して

「ブリヂストン」

ではどうかと提案します。

ブリヂストンは英国では固有名詞だし、
マークのキーストーンは橋のかなめで橋につきもの、
外国では非常に尊重されているという話がでてやっとまとまります。


自動車タイヤの販売が始まります。
しかしたちまち「破れやすい」という評判がたちました。

当時のタイヤはおもに輸入品とか、
神戸のダンロップで作っている外国品で、
国産化が始まったばかりだったから同乗して買ってくれましたが、
弱いタイヤではいつまでも買ってくれはしません。

ただでどんどん取り替えたため、
千坪ぐらいの畑に十万本ぐらいのタイヤが山なりになり、
破産するところまでいきかけます。


かなり悪口もいわれました。

「大体ブリヂストンという名前をつけるからこういうことになるのではないか」

「石橋をひっくり返したように破産したのだ」

石橋は当時を振り返り、
とても苦労したが、
いまではそのときの苦労が笑い話になっている、
と述べています。



つらい時期の話は、
未来から振り返ってみると笑い話になっている、
ということはよくある話ですね。



ブリヂストンの仕事は四、五年ぐずつき、
軌道に乗ってきたのは昭和10年ごろでした。

三井物産が輸出に協力し、
軍需もだんだん増えてきたのでした。

戦争中は八割くらいが軍需品に切り替えられ、
三菱重工業や中島飛行機のタイヤの過半数はブリヂストンでした。




ところで、石橋の孫は鳩山由紀夫、鳩山邦夫兄弟で有名ですが、
石橋が鳩山一郎と知り合いになったのは、

昭和16年、相撲見物に呼ばれ、
同じマスの中で挨拶してからなのだそうです。

その後、軍部の動向、情勢についてなど、
お互いに家を行ったり来たりして話し合ったのでした。

そのうちに鳩山が給仕に出る石橋の娘に気がついて、
息子の嫁にくれと言い出したのでした。

突然のことでびっくりし、
石橋の妻も絶対にお断りすると。

片方は政治家で学者だが、
石橋は商売人。

思想も違うし、娘がかわいそうだからと断ります。

鳩山の長男、威一郎はそのころ軍艦に乗っており、
いつ戦死するかわからない。


「縁談してから後家になったら困る。
 本人が希望すればいいけれども、
 遠くに行っているのだし、
 親だけが希望しても本人がきらいになったら、かわいそうだから」


といったところ鳩山は、


「そんなことはない。
自分たちが責任を持ってやるから」


といいます。


結局、昭和17年11月に結婚することになります。

当時、鳩山は軍部からにらまれ、
どっちかというと非常に悲境にいたころでした。


石橋の四女は、石井光次郎(元衆院議長)の長男に嫁ぐなど、
石橋家は、名家との姻戚関係を多くつくっていますね。



そして終戦後、ブリヂストンは多くの企業と同様に、
激しく動揺しますが、
つづきはまた来週に。













私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの
私の履歴書。過去の記事はこちらからどうぞ。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/669-81560709
    この記事へのトラックバック



    fx