ロシアに対する交渉術 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

ロシアに対する交渉術

2010年11月03日 18:00

 今日は、文化の日です。
 祝日法では、「自由と平和を愛し、文化をすすめる」日になっています。
 みなさんはどのような一日をお過ごしでしょうか。

 日本国憲法公布の日でもあり、明治天皇の誕生日、明治節でもあります。



 さて、今日オススメの本は、

 司馬遼太郎『菜の花の沖』 


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【以下amazonより引用】 

 江戸後期、淡路島の貧家に生れた高田屋嘉兵衛は、悲
 惨な境遇から海の男として身を起し、ついには北辺の
 蝦夷・千島の海で活躍する偉大な商人に成長してゆく…。
 
 沸騰する商品経済を内包しつつも頑なに国をとざし続
 ける日本と、南下する大国ロシアとのはざまで数奇な
 運命を生き抜いた快男児の生涯を雄大な構想で描く。
 
 【引用ここまで】
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 当時、ロシア軍は南下政策をとり、
 虎視眈々と日本の領土を狙っていました。

 1811年、幕府は
 国後島に上陸したゴローニン海軍中佐を拿捕、
 抑留をしました。

 翌年ロシアは、
 国後島沖で日本船の観世丸を拿捕。
 このときに、観世丸に乗っていた高田屋嘉兵衛は、
 シベリアに抑留されてしまいました。
 

 この鎖国の時代に大きな考え方で
 ビジネスを成長させていった主人公ですが、
 彼はロシア軍に捕まり、シベリアに抑留されても、
 決して卑屈になったり、媚びたりしなかったそうです。

 そして相手と堂々と渡り合っていきます。

 ロシアの少年にロシア語を学んだりしながら、
 ロシア軍の幹部と交渉を重ねていきました。

 ここで、勉強になるなあと思ったのは、

 この日本とロシアの緊張状態のなかで、


 自分が橋渡しをすれば相手に
 こういうメリットがありますよという提案


 を、彼はしています。実際、最終的には、
 彼の交渉により、ゴローニンは解放され、
 高田屋嘉兵衛自身も、交換条件で帰国することができたのでした。

  

 幕末でさえ、
 国後島の実効支配はなされていたのだなと思いつつも、
 
 自分の主張をまっすぐに訴えるだけではなく、 
 また相手の主張をそのまま受け入れるわけでもなく、

 相手のメリットも考えて落とし所に落とすという、
 複眼的思考が交渉には必要なのではないか、
 ということを感じました。



 【今日のオススメ本】

 司馬遼太郎『菜の花の沖』



メルマガ購読・解除


 







関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/66-6e86dddc
    この記事へのトラックバック



    fx