均一たびから地下たび、ゴムぐつの相次ぐ成功の原因とは?─石橋正二郎(ブリヂストンタイヤ社長)その2─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

均一たびから地下たび、ゴムぐつの相次ぐ成功の原因とは?─石橋正二郎(ブリヂストンタイヤ社長)その2─昭和時代の私の履歴書

2012年04月24日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉


石橋正二郎のお話の続きです。


石橋は、行きたかった大学に行けず、
家業を継ぎ、一人で血の出るような思いをしますが、
次第に信用を得られるようになっていきました。

しかし仕立物屋に疑問を感じるようになります。

雑多なものを古めかしく作っているのではいくらやったってダメだ。
これからは見込みのあるたびを専業にしようと考え始めました。

福助たびが盛んにやっているのをみてヒントを得たのでした。


同時に石橋は、
弟子の賃金制度も思いつきます。

当時としてはかなり思い切った考え方で、
にわかに店の費用が激増し、
父からバカなことをしたと叱られます。

しかしそれからみな働きがいがあるようになって、
能率が上がり生産も増え、
同業者との競争にも負けなくなったのでした。



大正6年、28歳で石橋は結婚します。
このころからたび屋のくせにたびをはかず、
洋服生活を送るようになりました。




ところで、大正のはじめごろのたびには、
文数が多く、はじめは値段もまちまちでした。

サイズによって値段が違ったのですね。

9文なら27銭。
9文3分なら28銭5厘。
9文半なら29銭。
10文は30銭。


面倒でいちいち定価表を見て商売しなければなりませんでした。

卸に出す際、いくら割引して小売りにいくらで売るとやると、
手数がかかって仕方ないわけです。



大正2年ごろの東京の市電はどこまで乗っても5銭均一。
上野浅草には10銭均一店もありました。

今でいう100円ショップでしょうか。

石橋は、均一を利用したらどんなによかろうと思いついて、
文数の大小、種類の如何を問わず、
1足20銭均一としたのでした。

これが大正3年。
石橋は20代半ばのことでした。


これは市価より二割安い価格設定。
当時はもうけを二割見込むのが常識でしたが、


「ちっぽけな仕事を飛躍させるには
 思いきったことをやらねばならぬ」



たくさん作って能率をあげ、
雑費もかからないようにしたため、
一躍注文が殺到しました。


しかし均一たび発売に当たり、
同業者は石橋をバカにしていました。

値段が同じなら大きな文数ばかり売れて
小さいのは売れ残り、大損するだろうと。

そこで二、三年は誰一人まねることもなく、
そのすきにどんどん普及していったのでした。


使用人も十人ぐらいだったのが、
小さい工場でもう百人ぐらい使っていました。

注文が三倍も五倍も増え、
急に二百人、三百人と従業員を雇い、
新しい工場を建て、移転することになったのでした。




大正3年は、第一次大戦がはじまり、
世界的な経済恐慌となり、
日本も不景気で物価がすべて下落しました。

不景気なので、誰も高いものを買わず、
安いうちにと原料を一年の先物まで買ったのもよかったようです。

大正5年に物価が上向くと、
値上がりは大変なものになり、
とんとん拍子で儲かって、

毎年の純益が二十万、三十万にのぼり、
会社をつくる資本金ができたのでした。




大正7年には、筑後川岸の洗町に工場が建ち、
日産二万足となりました。

大正3年ごろは日産二千足で、
四年間で十倍に増え、
全国でも一、二のメーカーになることができたのでした。

そこで、石橋は日本足袋株式会社(その後の日本ゴム)を設立、
資本金を百万円とし、
社長に兄を、専務に石橋がついたのでした。



昔はわらじが大衆的な履物でした。
しかしわらじは機械で大量に安く作れません。

農村の副業として、
一足一足を手作り、
しかもたいてい一日で一足を破ってしまうようなものでした。

おまけにわらじにはたびもいるので、
たびも早く傷んでしまいます。

わらじは1足5銭、
たびは20銭と考えると、
月に25日働くとして、
はきもの費は1日6銭かかります。

日給50銭から1円ぐらいの時代でしたので、ばかにならないものでした。

これを何とかしようと石橋は考え、
兄と工夫を凝らします。

そうするうちに、
自転車のタイヤは二枚のきれを張り合わせ、
その上にゴムを張っている。

このゴムのりで張りつけるのが一番いいだろうと考えます。


また、アメリカから、
今の運動靴みたいなものが初めて輸入され、
三越に陳列されます。

石橋はこれを見て、
うまく利用して地下たびをつくったらどうかと考えたのでした。

構想を固め、大阪の工業試験所へ行き、
ゴム課の主任技師と相談します。

その技師は、「いい思いつきだ」として、
しっかりした優秀な技師を紹介してくださり、
アイデアを生かしたのでした。

これが今日の「地下たび」のはじまりです。

立派な地下たびが生まれ、
安くできて大当たりに当たります。

当時は地下たびはハイカラで、
年二千万足も売れました。

国内だけでなく、朝鮮や満州でもどんどん売れ、
各地で作ったので、
次第に年三千万足以上の生産量となります。



昭和元年には、石橋はゴムぐつの製造にも着手、
地下たびよりも量産でき、世界どこでも通用するということで、
欧米諸国にまで輸出するようになりました。

世界経済会議では日本はダンピングだと叩かれ、
あまりに売れたので、アメリカからは十割の高い関税をかけられたこともありました。


どんどんビジネスが広がり、成功していった石橋ですが、
その特徴として、以下のような記述があります。


──────────────────────────
【引用ここから】


なんらの失敗がなく自然と伸びていくので、
他人からつくりごとのようだといわれるくらいだった。

もともと大ざっぱな私のこと、
すべて楽観してやるので、
人が止めても何しても独走してしまう。

たまたまこの独走がモノをいった形だ。


【引用ここまで】
──────────────────────────


石橋の楽観主義の前提は、
その先見性にあったと思います。

いま世の中でこんな困っている人がいる、
では技術を駆使してこう解決できないか?

楽観的に物をみつつも、
問題解決と先見性がしっかりと入っています。


均一たび、地下たび、ゴムぐつと、
相次いで成功をおさめ、急激に事業は拡大していくわけですが、

これは単なる偶然ではなく、
石橋の視点が生み出した成功と言えるでしょう。


ここから石橋はさらなる飛躍を遂げますが、
つづきはまた来週に。














私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉



昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの
私の履歴書。過去の記事はこちらからどうぞ。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/653-9033e6d3
    この記事へのトラックバック



    fx