新入社員のあなたにおすすめの本─石川知裕『雑巾がけ─小沢一郎という試練』 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

新入社員のあなたにおすすめの本─石川知裕『雑巾がけ─小沢一郎という試練』

2012年04月20日 18:00


石川知裕『雑巾がけ─小沢一郎という試練』


本屋でちょっと立ち読みしてみたら、
自分のたどってきた道と似た話があまりにも多いので、
つい買って読んでみました。

私も国会議員の秘書を十年以上やりましたので、
同じ場所で同じ仕事をしていたわけですが、

石川さんとは政党もちがいましたので、
直接一緒に仕事をしたことはありません。


しかも小沢一郎秘書というのは、
大物議員中の大物議員ですから、
ご苦労も大変なものがあったことでしょう。


でも読んでいくうちに、
ああこれはよくわかるなあということがいくつもあり、
私も同じ空気を吸っていたんだなあと
共感できるところがたくさんありました。

おもしろいものです。


その中でなるほどと思うところがいくつもありましたが、
一つあげてみたいと思います。


「思います」では通用しない


というお話です。


石川さんが、小沢さんからよく言われたのは、

「いい加減なことを言うな」

「わからないことは、わからないと言え」

ということだったそうで、
いま石川さん自身も自分の秘書に言っているのだそうです。

このことは、仕事をしていくうえでも大事なことだと思いますので、
特に新入社員の方などは知っておいて損はないと思います。


───────────────────────────────
【引用ここから】


「わからないことは、わからないと言え。それで怒ったりはしないから」

普通のことだと思われるだろう。

しかし、これが実行できている者は意外なほど少ない。

特に、仕える側の人間にとって「わかりません」と言うのは、かなり勇気がいることだ。
それによって無能の烙印を押されまいか、という恐怖心が仕える側にはあるからだ。


また、これは政治家も同じで、有権者に何か聞かれた際に、知らなくても「わかりません」とはなかなか言いづらい。

適当にごまかして、うまいことを言おうとしてしまうのである。
しかし、これが要注意なのだ。

(中略)

答える時に「だったと思います」と言うと必ず叱られた。

「思いますじゃないだろう、調べろ」

「知らないのに知ったふりをするな」

何度こう言われたことか。
民主党で偽メール事件が起きた時には、小沢さんが関わっていればこんなことにはならなかったのではないか、と思ったものである。
あの時は、当初からメールの信憑性について疑問の声が挙がっていた。
ネタ元とされる人物の評判があまり芳しくなかったからである。

(中略)

あれが小沢さんならば、おそらく下の者が「本物だと思う」という言葉を発した途端に、相手を怒鳴りつけたに違いない。

「『と思う』とはどういうことだ!」

慎重といえば慎重といえるし、他人を信用しないという風に取ることもできるだろう。
そういう人は好きになれないという人もいるとは思う。

しかし、その慎重さがあれば、あの時ああならず、結果的には皆が救われたのではないだろうか。


【引用ここまで】
───────────────────────────────


「だったと思います」と無意識に言うときは、
やはり自信がなかったりするものですね。

きちんとした準備をして調べた時には、断定できるものです。

ちょっとした言い回しが、
その人の考え方や政治姿勢をあらわしてしまうものなのですね。

これはよく心得ておきたいです。



ほかにも、

日程はびっしり詰めても政局が起きそうなときは予定を入れないとか、
ボスは手帳を持たないようにするとか、
酒を飲んだ後は電話をしないとか、
敵味方は流動的だと心得ておくとか、

ビジネスのヒントにもなるような話だけではなく、

報告の仕方はこのようにやるとか、
上手な怒られ方はこのようにとか、
ダメな先輩とはこのように接するとか、

4月に新入社員になった人にためになるお話が
たくさんありましたので、
ぜひ読んでみてください。



石川知裕『雑巾がけ─小沢一郎という試練』
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/649-188dba48
    この記事へのトラックバック



    fx