石橋正二郎(ブリヂストンタイヤ社長)その1─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

石橋正二郎(ブリヂストンタイヤ社長)その1─昭和時代の私の履歴書

2012年04月18日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈7〉



石橋 正二郎(いしばし しょうじろう、明治22年(1889年)2月1日 - 昭和51年(1976年)9月11日)は日本の実業家。

ブリヂストンタイヤ(現 ブリヂストン)の創業者であり、
1966年8月1日に日産自動車と合併したプリンス自動車工業の育ての親(出資者)でもある。

また、張り付け式ゴム底足袋(地下足袋)の考案者でもある。

企業活動を通じて、日本のゴム工業や自動車工業の発展に多大な貢献を行った。
長年の功績により2002年には日本自動車殿堂入り、2006年には米国自動車殿堂入りを果たしている。

一貫してブリヂストンを中心とするゴム工業を経営の基盤としたが、
これ以外にも多数の業種に参入し、一代で石橋財閥ともいえる企業グループを形成した。


明治22年福岡県生れ。
39年家業を継ぎ、大正3年均一たび発売、
12年アサヒ地下たびで成功。
昭和6年ブリヂストンタイヤ会社創立、
自動車タイヤの国産化を果たす。
27年ブリヂストン美術館開館。
51年9月11日死去。


石橋正二郎は、
第93代内閣総理大臣の鳩山由紀夫氏、
元文部大臣の鳩山邦夫氏兄弟の母方のおじいさんにあたる方ですね。

娘を政治家に嫁がせる話などもあり、
興味深い履歴書です。







明治22年、石橋は久留米で生まれます。
その年九州で初めて、
博多─久留米間に鉄道が開通したのだそうです。

2月25日は旧の正月二日生まれ。
それで正二郎と名付けられます。


石橋の祖父は、石橋が十五、六の時に亡くなりますが、
非常に元気で、磊落の人。

当時のベンチャー事業家で、
米の取引所、醤油の醸造、
炭鉱、出版などを次々と手掛けますが、

日清戦争直後、
朝鮮へ行き、工場を建てて大失敗に終わり、
産を失います。


祖父は町人でしたが、
養子の父は士族の出。

堅い一方、ぱっとせず、
着物や襦袢を縫うちっぽけな仕立て屋でした。

母は祖父の血を受けた性格で、
両親の性格は正反対だったのだそうです。


石橋は子供のころ身体が弱く、
生まれつきあばれたり、いたずらなどはしませんでした。

あとでわかりますが、小学校は卒業首席だったそうで、
模範生でもありました。

いっぽう、兄は非常ないたずら者で、
人とよく喧嘩しこれまた正反対でした。


明治35年、石橋は久留米商業学校へ入ります。
高等小学校の3年生から進学したのでした。

幼友達の石井光次郎(のちの衆議院議長)とは、
久留米商業二年先輩の勘定になるのだそうです。

久留米商業では、
はたち前の不良も多く、
夜遊びに行ったりして勉強もしない連中もいました。

いろいろ難癖をつけて排斥運動なども起こり、
クラスがストライキなどをやることもありました。

しかし石橋は別行動。
われわれは勉強さえすればいいのであって、
先生がどうであろうとかまわないと、

連判状にも血判を押しませんでした。

なかなか面白い人物ですね。



卒業を間近に控え石橋は、
神戸高商に入りたいと思います。

当時は上の学校へ行くのはまれで、
校長がわざわざ

「こういう学校だから将来のために入れ」

と勧誘に来たのでした。

しかし両親に相談すると、
父は病気だし、学校を出たらすぐ仕事を辞めてお前たちに任せたい、
学校へ行くのは困ると。

校長にこういうわけで行けない、
しかしなんとしてももう一度校長から相談してほしいと
石橋は頼みます。

校長も賛成し、石橋の父にだいぶ話してくれたのですが、
どうしても聞き入れられず、
結局石橋は進学できなかったのでした。

石橋は、当時を振り返り、

「いまでもあのとき入学できればよかったのにと思うんだが」

と書いています。




当時は明治ですから、
大学進学するというのは大変なことだったと思います。

話はそれますが、時が流れて、
昭和30年代のわが国の大学進学率は約10%にまで上昇します。

そして今はどれぐらいになったかというと、
大学進学率は約5割。

つまり半分の人が大学に進学する世の中になったわけです。


大学で学ぶ機会を得られるということは、
本当にありがたいことだと思います。





石橋は学校を卒業後、
兄とともに家業を継いだのでした。

兄は外回りの仕事、
石橋は内の仕事を言い渡されます。

朝早くから夜遅くまで、
日曜も祭日もなく一生懸命に働きました。

仕立て屋でしたので、
シャツや股引、たびなど何でも作ります。

自分で布を買い、仕立てて、
店に陳列して売ります。
弟子はそのころ、七、八人いましたが、

翌年の明治40年、兄が入営してしまい、
石橋一人で事業をするということになってしまいます。


同業者は二、三百人を使う相手。
事業を発展させようと千円、二千円を借りようとしますが、
十八の少年にはなかなか相手にしてもらえず。

石橋は血の出るような思いをしますが、
期日が来れば必ず返すようにし、

二、三年するとだんだん信用してもらえるようになったのでした。


来週に続けます。










私の履歴書─昭和の経営者群像〈7〉



昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの
私の履歴書。過去の記事はこちらからどうぞ。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/647-c6f3e2ff
    この記事へのトラックバック



    fx