アメリカ最大の敵とは?─北野幸伯さんの「ロシア政治経済ジャーナル」と新著について - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

アメリカ最大の敵とは?─北野幸伯さんの「ロシア政治経済ジャーナル」と新著について

2012年04月06日 18:00

先日、気鋭の国際アナリストである、
北野幸伯さんからメールが来まして、

4月5日に集英社から本を出されるとのこと。


これは非常に楽しみなので、
ぜひ読んでみたいと思い、
また読者の皆さんにもシェアしたいと思います。


北野さんのメルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」
非常に有名ですが、私も読んでいます。

モスクワの人脈に強い北野さんの、
独自の情報と独自の視点から
国際政治経済情勢を読み解くのですが、

日本にいるとどうしても思いつかない視点が、
北野さんの中にはあるようで、

私も発想の転換が必要だなと
読みながらいつも感じています。


北野さんの視点は当然ですが、
外務省の方の発想ともまたちがうのが興味深いところです。






このロシア政治経済ジャーナル、
読みたいという方は、ぜひこちらから登録をどうぞ。

http://www.mag2.com/m/0000012950.html



また、4月5日に北野さんの新著、

「プーチン最後の聖戦 ロシア最強リーダーが企むアメリカ崩壊シナリオとは?」

が出ますのでご関心ある方は是非読んでみてください。










【ロシア政治経済ジャーナルNo.821ここから】


RPE Journal===================================================


       ロシア政治経済ジャーナル No.821

                         2012/4/5号

=================================================================

★アメリカ最大の敵とは?


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。



今回は、とても大切なお話ですので、最後までお読みいただけると
うれしいです。

RPEでは、いつも皆さんにこんなお話をしています。


・1945~1991年は冷戦時代(=米ソ二極時代)

・1992~2008年はアメリカ一極時代。(ソ連崩壊からリーマンショッ
クまで)

・2008年以降は、米中二極時代。(俗にG2時代)


つまり今は、


・沈む覇権国家アメリカ

・昇る覇権国家候補・中国


が争っている時代といえるのです。

それで、シリア問題、イラン問題なども、アメリカと中国の戦いの
延長と見ることができます。

というわけで、世界の未来を知りたかったら、アメリカと中国の
状況をじっくり観察すればいい。


ところが・・・。


皆さん、「アメリカ最大の敵」ってどの国かご存知ですか?


ここまで読まれた皆さん、いやいや、普通の人だって、


「中国だ」


と答えるでしょう。

あるいは、「イラン」とか。



しかし皆さん、米共和党の大統領最有力候補ロムニーさんは、
なんといっているか?




<ロシアは最大の敵とロムニー氏、オバマ氏の「裏取引」非難
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

CNN.co.jp 3月27日(火)17時21分配信

(CNN) 米大統領選へ向けた共和党の候補者選びで優勢なミ
ット・ロムニー前マサチューセッツ州知事は26日、ロシアを地政
学的な「ナンバーワンの敵」と位置付けている考えを明らかにし
た。>



中国ではなくロシアが「ナンバーワンの敵」だそうです。

では、中国は?



<ロムニー氏は「常に世界最悪の俳優だったのは誰か? 常にロシ
アで、大体は中国が傍らにいた」と主張。「地政学的に言えば、国連
安全保障理事会の常任理事国で核大国でもあるロシアが敵」と指摘
した。>



最悪はロシアで、中国は傍らにいた。

つまり、悪いことを主導するのはロシアで、中国はその隣にいて、ロ
シアに従っていたと。


ちなみにロムニーさんが「ロシアは最悪」というとき、誰を想定してい
ると思います?

まさか親欧米のエリツィンやメドベージェフではないでしょう。

新生ロシアには3人大統領がいましたが、「反米」の男はただ一人、



プーチンだけ。
~~~~~~~~~~~~~~


つまり、ロムニーさんが「ロシアは最大の敵」というとき、



「アメリカ最大の敵はプーチンだ!」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


といっているのです。


プーチン嫌いは、ロムニーさんだけではありません。

2011年12月、ロシアで下院選挙があった。

選挙後、ロシア全土で大規模デモが起こりました。

この様子をみたマケインさん。(=08年大統領候補。オバマさんに
敗北)


「プーチンがカダフィのようになることを望む」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と発言しています。

要するに、「プーチンはカダフィのように、国民に処刑されて欲しい」
と公言しているのです。


どうしてアメリカは、プーチンをこれほどまで憎んでいるのでしょうか?


昔からのRPE読者の皆さんはご存知ですね。



プーチンがアメリカを没落させたからです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



(もちろんRPEは一般的な「アメリカ没落理由」(=住宅バブル崩壊、
サブプライム問題、リーマンショックなど)を否定しません。

これらの「一般的説」は、「欲ボケしたアメリカ人が、自滅した」という
もの。

つまり、アメリカは「アホ」だったと。

そういう面もありますが、RPEの読者さんは、別の大きな理由があ
ったことを山盛り証拠つきで知っています)



実際プーチンは、

「イラク戦争」

「ユコス問題」

「グルジア・バラ革命」

「ウクライナ・オレンジ革命」

「キルギス・チューリップ革命」


などで、ことごとくアメリカと対立した。

「米ロ新冷戦」はどんどんヒートアップし、最終的に



「ロシア-グルジア戦争」(08年8月)


まで進んでいきます。

しかし、この戦争の翌月、リーマンショックが起こり、アメリカの
一極世界が崩壊していった。

米ロ共、戦いを継続する力がなくなった。

そして、オバマとメドベージェフを中心に、「米ロ再起動」の時代
がはじまったのです。


しかし、「再起動」の時代は、終わりつつあります。


3月にプーチンが大統領選挙で圧勝し、戻ってきた。

彼はなんのために帰ってきたのでしょうか?

そう。



「アメリカにとどめを刺すため」に・・・。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



考えてみてください。

ロムニーは、わけもわからずプーチンを「アメリカ最大の敵」とよ
んでいると思いますか?

マケインは、なんとなく「プーチンはカダフィのように国民に殺さ
れろ!」と過激発言をしたのでしょうか?


二人とも、共和党の大統領候補です。

そんな二人がプーチンを「アメリカ最大の敵」と位置づけるとき、
やはり、大きな理由があるはずなのです。


そう、もしあなたが世界の未来を知りたかったら、アメリカの覇
権に公然と叛旗をひるがえす男



プーチンの過去、現在、未来を知る必要があるのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


というわけで、モスクワ在住22年北野幸伯。

このたび集英社インターナショナルさんから、本を出版するこ
とになりました。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(アマゾンは→ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4797672250/cuccakatsu-22/ref=nosim )


(在庫切れの際は、こちらのページから探してみてください。
→ http://www.shueisha-int.co.jp/archives/2333 )



といいます。


繰り返しますが、これは「プーチンの伝記」ではありません。

アメリカのトップたちが、「最大の敵」と位置づけるプーチンが何
を考え、これからどう動くかを知るための本です。

プーチンの動きがわかれば、それに引きずられる中国、そして
対抗措置をとるアメリカの動きも見えてくることでしょう。

では、各章の内容をじっくりみてみましょう。

面白いので、熟読してみてくださいね!



●第1章~神への道

ここではプーチンが、どうやって大国ロシアの神(=絶対権力者)
になったかを知ることができます。

これまでいろいろもっていたロシアに関する疑問の多くが、解か
れることでしょう。


たとえば、

・プーチン少年の夢とは?

・冷戦末期の東ドイツで、若きスパイ・プーチンが見たものは?

・なぜユダヤ系新興財閥は、ソ連崩壊後わずか数年で巨富を
得ることに成功したのか?

・ロシアを支配した7人の新興財閥(うち6人はユダヤ系)の名
前と基盤とは?

・クレムリンのゴッドファーザーとは?

・クレムリンのゴッドファーザーの心を一瞬で虜にしたプーチン
の「ある」行動とは?

・1996年失業者だったプーチンが、4年後ロシア大統領になれ
た理由とは?

・プーチン 対 世界ユダヤ人会議副議長の熾烈な争い

・プーチンはいかにしてクレムリンのゴッドファーザーを追放し
たのか?

・逃げ道なし!ユダヤ系新興財閥軍団を嵌めた、KGBのトリ
プル戦略とは?

・プーチンはどうやって、天然ガス世界最大手ガスプロム支
配に成功したのか?

・プーチンはどうやってロシア経済を大復活させたのか?

・プーチンの「大減税」でロシアの税収が「激増した」理由とは?



●第2章~米ロ新冷戦

この章では、「プーチンがいかにアメリカを没落させたのか?」
その詳細に触れています。

特に章後半は、なぜ「プーチンKGB軍団」と「世界の支配者」
の戦いがはじまったかわかるので【必見】です。


(この章は、「中国・ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日」「世界一
わかりやすいアメリカ没落の真実」とかぶっているところがあり
ます。

しかし、本全体で【80%】は新しい内容ですので、過去に私の本
を読まれたかたも必ず楽しめると思います。

また、【メルマガで書いたことがない】内容も満載です。)



・プーチンおよびロシアの大人は、なぜアメリカを憎んでいる?

・アメリカを確実に没落させる方法

・覇権奪回を目指す欧州の反乱とは?

・フセイン-シラクの反乱とは?

・なぜプーチンは、アメリカのアフガン戦争を支持したの?

・グリーンスパンの超爆弾発言!イラク戦争の理由は●●だった?

・KGBプーチン 対 ユダヤ系石油王ホドルコフスキーの死闘

・ホドルコフスキーとヤコブ・ロ●チャ●ル●卿の「危険な関係」と
は?

・ホドルコフスキーとネオコンの首領チェイニーの関係は?

・プーチンはなぜ、「世界の支配者」と対決する羽目になったの?

・アメリカが、グルジア、ウクライナ、キルギスで革命を起こした理
由と証拠

・プーチンはいかにして「カラー革命」の連鎖をとめたのか?

・プーチンはなぜ、「仮想敵NO2」中国との同盟を決意したのか?

・プーチンはいかに「ドル体制」を崩壊させていったのか?



●第3章~休戦

この章では、アメリカとロシアが休戦した理由に触れます。

特に「メドベージェフの裏切り」には注目。



・なぜ、アメリカのフーバー元大統領は「ルーズベルトは狂人だ
!」と絶叫したのか?(★全日本人必見です!)

・マッカーサーがルーズベルトを軽蔑していた理由とは?

・グルジア戦争の真実~因果関係を完全に逆転させたアメリカ
の情報戦とは?

・リーマンショックとアメリカ一極世界の崩壊

・アメリカが自身の没落を「事実」として認めている証拠とは?

・中国が提案する「世界共通通貨構想」とは?

・世界経済危機、プーチンの「想定内」と「想定外」

・オバマとメドベージェフの「米ロ関係『再起動』

・暴走する中国

・メドベージェフはなぜプーチンを裏切ったのか?

・裏切りメドベージェフの背後にいる勢力とは?

・神、プーチンの帰還



●4章~最終決戦

この章では、戻ってきたプーチンがどうやってアメリカにとどめを刺
すつもりなのかを詳述しています。


・米中関係の未来

・オバマはなぜルーズベルトを追うのか?

・アメリカがイラン攻撃を画策する真因=「核兵器開発」ではない!

・「イラン戦争」はアメリカの国益と完全に一致している

・プーチンによるロシア外交の転換

・イラン戦争=ロシアの利益でもある

・反プーチン大規模デモの黒幕は、アメリカ???

・ロシア国民の不満とは?

・「アメリカにとどめを刺す」再臨プーチン6つの外交戦略とは?

・アメリカと世界の未来



以上です。

この本は、350pの大著ですが、すでに読まれた皆さんからは、


「面白すぎて夜眠れなかった」

「目からウロコがバンバン落ちつづけた」

「とまらず一日で完読してしまった」


等々、非常に肯定的な反応が寄せられています。

自分でいうのもなんですが、これほど山盛り証拠つきで、世界の
裏事情が暴露されている本は他にないでしょう。

というわけで、皆さん、迷うことなくご一読ください。





◆「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(アマゾンは→ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4797672250/cuccakatsu-22/ref=nosim )


(●在庫切れの際は、こちらのページから探してみてください。
→ http://www.shueisha-int.co.jp/archives/2333 )





================================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業幹部・
起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HPを熟読され、★自己責任で決定を下してください。
================================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



【「ロシア政治経済ジャーナル」ここまで】


というわけで、
このメルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」もおもしろいですが、
北野さんの新著も気になるところですので、

国際情勢に関心のある方はぜひ読んでみてください。

一度北野さんにお会いしてお話ししてみたいものですが、
ロシアは遠いですね。
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/636-2e644e70
    この記事へのトラックバック



    fx