定期昇給と年功序列が悪平等を救う─加藤辨三郎(協和発酵工業会長)その3─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

定期昇給と年功序列が悪平等を救う─加藤辨三郎(協和発酵工業会長)その3─昭和時代の私の履歴書

2012年04月03日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈7〉



加藤辨三郎のお話の続きです。



加藤は大正12年、
四方合名会社に入社します。

この会社は、四方一族の出資になるもので、
主として新式焼酎と味醂を製造していました。

どちらも生産高は全国一位。

商標は「寶」。
寶味醂、寶しょうちゅう。


大正14年9月、組織が変更され、
宝酒造株式会社となります。

この会社の、四方社長は、
熱心な仏教信者でした。

東本願寺派の僧、松本雪城師を、
ときどき会社に招いて、
社員に講話を聞かせたりしました。

しかし、そのころの加藤は、
宗教にはほど遠く、
不遜の部下だったと回想しています。


加藤が入社した翌年大正13年、
突然社長に呼ばれます。


「じつは監査役四方民之助に娘がいる。
 私からいえば姪にあたるわけだ。
 背は少し低いが、顔はまあ十人並みかもしれない。
 気だては至っていい。

 それに、母は、私から見て申し分ない人だ。
 結婚後まもなく主人がアメリカへ行ったのであるが、
 六年も音信がなかった。
 そのあいだ、母は幼い娘一人を守って、
 じいっと夫の帰国を待っていたのだ。
 普通の人にはできないことではなかろうか。

 その娘が、今年かぞえの二十二になった。
 お手伝いさんもおかないで母を助けて家事万端をとりしきっている。
 この娘を、あんたもらってはくれまいか。」


おおよそこのような話が一時間。

加藤はそのような母の娘ならいうことはあるまいと、
腹を決めたのでした。

しかし軽率な態度はとるまいと、
猶予をもらい、型のごとく見合いをし、
郷里の父母の同意もとり、
社長に承諾の回答をします。


大正13年10月26日、
加藤は大宮支配人の晩酌により、
妻文子と結婚します。


大正15年5月、
宝酒造株式会社と帝国酒造株式会社との間に
合併契約が成立しました。

帝国酒造は、千葉県市川町(現市川市)に
本社工場を持つ同業会社でした。

合併と同時に加藤は、
市川工場長に任命され、帝国酒造への出向となります。

出発に際し、大宮常務から、

「先方には労働組合があるが、ストライキだけは起こさないようにたのむ。
 もし起きれば銀行が金を貸さなくなるからね」

と注意を受けます。

ストライキが起きれば、金融が止まる。

加藤が初めて市川駅に降り立った時、
そこには市川警察署の刑事二人がいました。

刑事は加藤に、
工場では従業員がかなり興奮しているから言動に注意するようにと、
忠告してくれました。

また組合員を解雇するかどうかを聞いてきたので、
加藤はしないときっぱり答えたのでした。

工場へ着くと、組合代表からさっそく会見を申し込まれます。
他社からも応援に来ていた様子。

その結果、

合併を理由に組合員は解雇しない、
工場委員会を設ける、
作業別に最低賃金を定めるなど、

当時としてはかなり進歩的な覚書を締結しました。


この結果、野田醤油で大きなストライキが起き、
市川の工場が軒並みストライキになったときも、
一度も緊迫した事態にはなりませんでした。


「また、最低賃金制を敷いても、
 平均賃金は世間とくらべていくぶん高い程度にとどまった。
 最高と最低の差が少ないのである。
 最低賃金制に伴う必然的ななりゆきである。

 わるくいえば悪平等かもしれないが、
 結果的にはこれが、いちばん不平が少ないのだ。
 従業員の悪平等感覚を救ったのは、
 定期昇給と年功序列にあったと私は思う。」


この、

悪平等感覚を救ったのが、
定期昇給と年功序列にあった。


という加藤の言葉は、奥が深いなと感じますね。


前回の維新政治塾で、
講師の堺屋太一先生がおっしゃっていたのですが、
まさにこの定期昇給と年功序列にみられる、

日本の明治以来の体制が、
規格大量生産型の画一的体制を生み出してきた要因
と指摘していたので、
なるほどと感じました。


堺屋先生のお話は、
この体制を変えなければ
日本は沈んでしまうという論旨です。


この時代においては、
確かに日本を飛躍させる
大事な要因だったのだろうと思います。



昭和2年から6年のわが国の経済界は、
惨憺たる恐慌状態にあったと加藤は記しています。

工場長として、
リストラ実施、残った人々にも減収を実施しなければなりませんでした。

満州事変はやがて日中戦争に拡大。
日本軍は上海に上陸します。

やがて、加藤の部下にも召集がきはじめます。


昭和10年ころから、政府部内に、
醗酵法で無水アルコールを製造し、
これをガソリンに混入しようという意見が台頭したのでした。

さらに政府は、
アルコールを含めてすべての種類を
専売にするらしいとのうわさが流れてきます。

加藤らは、専売制反対のために奔走します。

結果として、アルコール含有率90度未満の酒類は専売をまぬかれ、
90度以上のアルコールだけが専売となったのでした。


加藤は、昭和12年11月1日、
宝酒造から協和会という会へ転出を命ぜられます。


「これが、私の人生に二重の大きな転機を与えてくれる縁となったのである。
 その一つは、私の職業の上においてであり、
 他の一つは、私の精神生活の上においてである。

 私は、これによって、
 醗酵工業に新分野を開くとともに、
 私自身は仏教帰依者となって行くのである。」


協和会とは、
同業の宝酒造、大日本酒類醸造、合同酒精の三社が、
協力して経営の合理化をはかるとともに、
業界安定の中心勢力となるためにつくった会でした。

加藤は協和会で様々な研究に着手しますが、
ブタノールからイソオクタンを作る研究が、
陸軍航空本部の認めるところとなり、
すみやかに研究所を建設せよと激励されるに至ります。


昭和15年2月11日、
渋谷区代々木大山町に用地1400坪の、

「協和化学研究所」

を設立、これが協和発酵工業の濫觴となったのでした。



このお話の続きはまた来週に。









私の履歴書─昭和の経営者群像〈7〉



昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの
私の履歴書。過去の記事はこちらからどうぞ。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/633-8207302a
    この記事へのトラックバック



    fx