私は恋愛結婚がいいのか?見合い結婚がいいのか?─名古屋市中区の結婚相談所アベックについて - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

私は恋愛結婚がいいのか?見合い結婚がいいのか?─名古屋市中区の結婚相談所アベックについて

2012年03月29日 18:00

名古屋市中区にアベックという結婚相談所があります。

全国型の結婚情報サービス会社とは違い、
愛知県・岐阜県・三重県在住の
20代・30代・40代の方々を中心とした、

東海地域密着型

の結婚相談所なのだそうです。

私は残念ながら、
利用できないのですが、
こういう地域密着型で丁寧な結婚相談所というのはいいですね。


これからのわが国の政策的課題として、
少子化をどう阻むかということは非常に大事なテーマですが、

少子化の最大の原因は、若年層が結婚しないから、
未婚率が高く、子供が生まれない。

ということが一つの原因としていえると思います。

なぜ若年層が結婚しないのか。

この二十年、景気が低迷し、
若い世代の人たちの収入が低下し、
結婚する余裕がない、

ということも言えるかもしれません。
これも一つの理由でしょう。

しかし、今より経済的に見て貧しかった戦後直後、
戦前の恐慌期などを考えると、
必ずしも経済的豊かさだけが結婚の条件とも言えません。


若い連中は恋愛が苦手なのだ!

と言う人もいたりしますが、
年齢が高くても、日本人は恋愛が苦手のような気もしますね。
イタリア人に見習いたいものです。


それでは、結婚しない日本人が増えているのはなぜか?

厚生労働省に「出生動向基本調査」という統計資料があります。
これをみると、見合い結婚と恋愛結婚の時代的推移がデータとしてわかります。

戦前は約7割が見合い結婚だったのが、年々低下し、
1960年代に恋愛結婚の方が多くなります。

そして今や恋愛結婚が9割近く、
最新の調査では見合い結婚は約6%です。


ここから直ちには言えませんが、


見合い結婚の減少が、日本の少子化の一因である。


という仮説を立てられないでしょうか?

見合い結婚をいまさら増やすということはできないでしょうが、
身近なところでは合コンとか、
友人の紹介だけではなく、

結婚相談所の果たす役割は、
日本の少子化を防ぐという意味でも非常に大きいのではないかと思っています。



ということで、
この名古屋市中区の結婚相談所アベックの代表、
阿部直美さんがホームページのコラムで、

私のメールマガジンの記事を引用してくださっていたので、
ここに引用したいと思います。

阿部さんどうもありがとうございました!





阿部’s ささやきコラム「忘れることで救われること、と、忘れてはいけないこと」



────────────────────────────────
【引用ここから】



No.191  忘れることで救われること、と、忘れてはいけないこと

2012. 03. 07


              災害は忘れたころにやってくる、といいます。

               いままで生きてきて、
               楽しいことや悲しいこと、
               嬉しいことや辛いこと、

               大事に覚えていることもきっとあるでしょうが、
               忘れてしまったこともあるでしょう。

               人はなぜ忘れてしまうのか。

               昔、こういう話を聞いたことがあります。

               人が物事を忘れるのは、生物の保身のため。

               例えば女性の出産で言うと、
               忘却がなければ
               あんなにつらく痛かったのだから、もう生みたくない
               となるはずですが、痛みを忘れることで、
               二人目以降の出産につながる
               という生物的な意味があるのだそうです。

               また、心理学に
               「 ヘルマン・エビングハウスの忘却曲線 」 というのがありますが、


               20分後には、42%を忘却し、58%を覚えていた。
               1時間後には、56%を忘却し、44%を覚えていた。
               1日後には、74%を忘却し、26%を覚えていた。
               1週間後には、77%を忘却し、23%を覚えていた。
               1ヶ月後には、79%を忘却し、21%を覚えていた。

               という結果が得られるのだそうです。
               1ヶ月後には、8割忘れているんですね。
               忘れていけないこともたしかにありますが、

               人は忘れることで、生きていけることもある


とある小冊子に、渡辺勝幸さんという方が発行しているメールマガジンから紹介されていた文章です。
「 忘却 」 が訪れるから、人間は生きてゆけるのだと、
辛いことも、悲しいことも、いつの間にか忘れてしまうから救われるのだと、いうことですよね。。。


 3.11 未曾有の大震災から一年。
あの大津波は、どこか遠くの国で見知らぬ人々に起こった他人事ではありません。
まさか、自分の身には大切なものを失うような悲劇は起こらないだろう ・・・ なんて、、、
私達自身にも、大切な人達にも、いつ何時の別れがやってくるかもしれない。
大切なご家族を失くされた方々のお気持ちを我が身に重ねて思い、
「 あたりまえのことがあたりまえではないってこと、あたりまえのことが幸せのもと 」 であることを忘れず、
お亡くなりになられた方々のご冥福を深く深くお祈り申し上げます。

 わたしごとですが、
コラム No,162、 No,169、 No,176 で書かせて頂きましたが、
大津波の被害にあった場所/岩手県沿岸部で、 「 この土地から離れたくない 」 一心の義母は、
お蔭様で元気に過ごしております。
震災直後、そして現在も、義母のことをお心にかけお声をかけて下さる会員様へ、
心より深謝申し上げます。
今日の中日新聞夕刊に、 「 海岸線ものがたり 」 と題して、
海へ戻る決意の虎舞/岩手三陸の記事が掲載されていたことを義母と電話で話しました。
私達の結婚式でも、伝統の虎舞を主人のご親族皆さんが舞って下さったことが懐かしい思い出です♪
義母は、
『 あれからもう一年なんて、早いね。
   不思議だよ、直美ちゃん。 狭い仮設住宅も、住めば楽しい我が家になってきたよ。 』
と。 また、
『 一年経ってもまだ、目の前で津波にのみこまれて亡くなった人達の家族は、
   その光景が忘れられず泣いてるよ。 』
と、せつなくなることがまだまだたくさんあることを話してくれる義母との電話を終わった後、
ちょうどテレビの歌番組で、平原綾香さんが歌うJupiterの詩がジ~ンと心に残り、そして、強く願うは、

              厳しい冬のあとは、必ず、暖かい春がやってくるように、
              困難のあとには、明るい未来が待っているはずだ

                   “ 冬来たりなば 春遠からじ ”


【引用ここまで】
────────────────────────────────




「人はなぜ忘れるのか?」(第206号 平成23年4月8日発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/628-84058b49
    この記事へのトラックバック



    fx