伝統を守るだけでは進化も深化もしない─広島まほろばの会 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

伝統を守るだけでは進化も深化もしない─広島まほろばの会

2012年03月28日 18:00

以前このメルマガで、


ウォルト・ディズニー─伝統を守り、伝統を壊す─DIAMOND Harvard Business Review



という記事を書き、
ディズニー社のCEO、ロバート・アイガーが、
伝統をいかに守り、いかに壊したかをみなさんにお伝えしました。



この記事を読んでくださった方が、
ブログで紹介をしてくださいました。


このブログを書いた松田さんは、
私の学生時代からの友人なのですが、

現在広島まほろばの会というNPO法人を運営し、


子供たちが古典を素読することを通して、
より素晴らしい次世代を作る



という活動をされています。

古典という、まさに日本の伝統文化を
しっかりと子供たちが学べるようにしながら、
その手法には工夫を凝らし、

現在広島では多くの子供たちが参加するようになっているそうです。



愛国者たるこうした活動だけでも尊敬するべきですが、

常に現状に甘んじず創意工夫をするという発想は、
私たちもどの分野であっても、見習わなくてはなりませんね。


政治の世界でも、「保守」を主張する政治家が、
自らの立場を「保守」するだけの政治家になってしまっていることがありますね。

常に進化を模索しながら、伝統を守っていきたいものです。



一度広島におうかがいできたら見学、参加したいものです。






──────────────────────────────
【ブログ引用ここから】


伝統を守るだけでは進化も深化もしない-01





広島まほろばの会の活動目的は、発足当初にしたためた「設立趣意書」に明記していますが、端的に言ってしまうと「より素晴らしい次世代を作る」ということです。

そのために日本の伝統文化をしっかり理解し、継承するために古典の素読という手法を採っています。

「古典の素読をする団体」と認識される方が多いのですが、古典の素読というのはあくまで手段であり、日本を意識するための別の手段は、武道を含めて多々あると思いますが、我々は素読という手段をとっています。

それは素読を通じて多くのものを得られるからなのですが、我々の「素読」は過去の伝統的な素読ではありません。



意味の解説があったり、大人と子供で声の大きさを競ったり、子供たちをグループに分けて活動させたり…という方法は、江戸時代から続く寺子屋の授業とし異なります。

それは私が「重要なもの・守るべきものを伝えるには、その方法は常に革新されるべきだ」と思っているからです。昔と同じ方法では現代の子供には伝わりません。



要は方法まで伝統的である必要はないわけです。



ただし、守るべき部分について、金科玉条のように一切触れてはいけないのか、と言うとこれもそうではないと思います。先人の素晴らしい遺産を大事にしつつ、過去と未来を意識した新しい工夫を付加せねば進歩がないと思います。

米国で演じられているような英語歌舞伎がその際たる例だと思います。



伝統と現代の価値観…これについて、渡辺勝幸氏のメールマガジンに興味深い記事がありましたので、ここに転載してご紹介いたします。



~~~~~~ 渡辺勝幸氏・メールマガジンの転載、ここからです ~~~~~~


【引用ここまで】
──────────────────────────────








「伝統を守るだけでは進化も深化もしない」
 NPO法人まほろば教育事業団・広島まほろばの会


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/627-8754a063
    この記事へのトラックバック



    fx