人生のむなしさと下品下生─加藤辨三郎(協和発酵工業会長)その2─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

人生のむなしさと下品下生─加藤辨三郎(協和発酵工業会長)その2─昭和時代の私の履歴書

2012年03月27日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈7〉



加藤辨三郎のお話の続きです。



加藤は、家が貧しかったのですが、
少年時代には夢想もしなかった
大学に入学することができたのでした。


大正9年5月、
京都帝国大学工学部工業化学科に入学します。

大いに加藤は喜んだのかと思えば、
このころひどくむなしさを感じ、
懊悩していたのだそうです。


このころ突如、
加藤は高熱を発し病臥します。

最初は風邪をひいたぐらいにしか思わなかったのですが、
四十度近い熱が三日続いてもまだ下がりませんでした。

中学の先輩、勝部育郎医学士が、
神戸から駆けつけてくれます。

またこれも中学の先輩である、
錦織末富医学士も来診してくれました。


その結果、チフスの疑いありとの診断。
当時のチフスは不治の病ともいわれる病気。

加藤は、昔殿様が使ったようなかごに乗せられて
大学病院に運ばれました。


加藤は死を思います。


大学病院では、
隔離室に収容され、研究用患者の指定を受けました。

こうすれば入院費はいらないわけです。
しかし死ねば思う存分に解剖されるというわけです。

さいわい熱は入院後次第に下降。


三週間で退院を許されたのでした。

先輩たちのおかげで、
加藤は一命を取り留めたのでした。


しかし、退院後も、
実は完全な平熱にはならず、
午後はいつも七度二、三分になったのでした。

加藤は肺を冒されているのではないかと思いましたが、
宣告が恐ろしく、
診察も受けず、この微熱も誰にも話さなかったそうです。



次第に加藤は死の強迫観念に沈んでいきます。


この年、中学時代の親友が結核で亡くなったのでした。
加藤は毎日、死を考えないでいられなくなります。

残る家族たちの悲しみが
まるで現実のように自分の胸に迫ったのでした。


次第に加藤は、人生のむなしさを思います。
大学を卒業して、いったいそれが何の意味があるのか。

「末は博士か大臣か」

などとわめいているが、
仮にそうなったところでそれがなんなのか。

そこにもやはり死は待っていると。


加藤は悩みながらも、
学校へは几帳面に出席します。

化学の講義も怠けずに聞きます。
実験も人並みにやります。


しかし一方では、
哲学の講義が聞きたくて仕方がなかったのでした。

西田幾多郎の「哲学概論」を熱心に傍聴します。

この講義で加藤は、
人間にはどう考えてもわからないことが七つあると教わります。

力の根源、感情の根源など。


また加藤は法然院、知恩院などを歩きます。
そしてあるとき、「仏教概論」という本を、
三条の丸善支店で買ったのでした。

その後大学の仏教講演会で、
この「仏教概論」の著者が来るというので、
加藤は参加します。

これが金子大栄師で、
のちに加藤の半生を導いてくださる方でした。

初めて会った講演会で、
加藤はまったく内容がわかりませんでしたが、


「下品下生(げぼんげしょう)」


という言葉だけを覚えました。





ここで、この「下品下生」という言葉が気になったので、
調べてみました。

阿弥陀仏がさずける「九種類の人々への救い」というお話で、
「九品仏」という名前は聞いたことがありますね。



上輩(じょうはい)
上品上生(じょうぼんじょうしょう) 勇猛果敢な大乗仏教の行者
上品中生(じょうぼんちゅうしょう) 大乗仏教をよく理解し信じる者
上品下生(じょうぼんげしょう) 大乗仏教を信じうやまう者

中輩(ちゅうはい)
中品上生(ちゅうぼんじょうしょう) 戒律をまもる上座部仏教の修行者
中品中生(ちゅうぼんちゅうしょう) 上座部仏教の在家信者
中品下生(ちゅうぼんげしょう) 世間の道徳をまもる善男善女

下輩(げはい)
下品上生(げぼんじょうしょう) 悪業を多くつくり反省のない悪人
下品中生(げぼんちゅうしょう) 戒をやぶり仏教をはずかしめる悪人
下品下生(げぼんげしょう) ありとあらゆる罪悪を犯した大悪人


下品下生は最も下等だということなんでしょうね。



●下品下生

【どんな人か】
 父母を殺し、聖者を殺し、仏教信者の和を乱し、自分を救おうとする人に逆らい、生き物を殺し、人のものを盗み、みだらな男女関係をむすび、うそをつき、かざった言葉をならべ、きたなく人をののしり、人を仲たがいさせ、欲のままにむさぼり、感情のままにいかり、自分勝手な思想信条をつらぬいた人です。
それらを犯すだけ犯してから、死にゆく時になって、阿弥陀仏の存在を人に聞いて、その世界に生まれたいと欲します。

【どんな救いをさずかるか】
 阿弥陀仏はその人の罪をすべてとりのぞき、金色の蓮華をつかいにやって迎えます。
これに乗って阿弥陀仏の世界に生まれますが、蓮華の花はかんたんには開きません。
しかし阿弥陀仏は気の遠くなるほどの時間をかけてその閉じた花を開き、菩薩たちの説く真理のことばを聞かせ、さとりを求める心をおこさせるのです。


「上・中・下の往生」の意味(善照寺)





仏教は不勉強なので、
よくわからないことが多いのですが、
なんとなくわかるような気がします。

もう少し勉強してみたいですね。



加藤は、専攻を醗酵にします。
生家がしょうゆ醸造を営んでいたこともあり、
しょうゆ製造に関する卒業論文を書きました。

加藤が大学を終わろうとする大正12年1月、
指導教授の松本均先生に呼ばれます。


「伏見の四方合名会社から人を求めてきたが、
 君行かないかね」



加藤は初めてその会社の名前を聞きます。

もう少し酵素の研究をしたいと思っていたのですが、
松本先生からともかく先方の社長に会ってみろと言われます。

2月11日の紀元節に、
伏見へ行きました。

四方社長にお会いし、
そのいんぎんなごあいさつに面喰います。

月給もよく、
研究をしてもらいたいとの言葉にうれしく思い、
味醂に関する研究をしてほしいと具体的に言われます。

即日就職は決まり、加藤は、
大正12年4月、四方合名会社に入社しました。


来週に続けます。









私の履歴書─昭和の経営者群像〈7〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの
私の履歴書。過去の記事はこちらからどうぞ。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/625-03aa3d5e
    この記事へのトラックバック



    fx