岡本達彦『お客様に聞くだけで、「売れない」が「売れる」に変わるたった1つの質問』 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

岡本達彦『お客様に聞くだけで、「売れない」が「売れる」に変わるたった1つの質問』

2012年03月15日 18:00

岡本達彦『お客様に聞くだけで、「売れない」が「売れる」に変わるたった1つの質問』



を読みました。
ビジネスのヒントとして参考になると思いましたので、
みなさんにシェアしたいと思います。


いきなり結論ですが、
そのたった1つの質問とは、



「他にも似たような○○があったにもかかわらず、
 何が「決め手」となって
 ○○を選んでくれたのですか?」




という質問を、お客様に聞いてみようという本でした。

著者の岡崎さんは、
中小企業を中心に販促コンサルティングをされている方です。

世の中には、いい商品・サービスがあるにもかかわらず、
そのよさが伝わっていないために、
売れていないケースがたくさんある、

そのもったいない状況を改善しようと、
コンサルや講演活動をされている方です。


この本も非常にわかりやすく、
しかも実例が豊富なので、
大変勉強になりました。


このたった1つの質問をすることで、
つまり自社の商品を顧客が選んでくれた、

「決め手」

を知ると、そのままその決め手が、
売れるキーワードであるということに気付くわけです。


なるほどと思ったのは、

「自分で強みやウリをさがしてはいけない」

ということです。


そういえば、ドラッカーも

「顧客に聞け」

ということを言っていましたね。
同じようなことなのでしょう。

岡本さんは、自分の本当の強みというのは無意識レベルにあったり、
当たり前になっていたりしていることが多いので、
自分で一生懸命考えても出てこないものだといっています。


本書ではいくつも事例が乗っていて豊富なのですが、
一つだけシェアしたいと思います。


あるファイナンシャルプランナーのお話。

彼は、生命保険の募集業務も行っており、
お客様には「納得して加入してもらう」をモットーに、

初回面談の時には保険内容を丁寧に説明していたのだそうです。

ところが丁寧に説明すればするほど、
お客様から敬遠されてしまい、
なかなか成約に結び付けることができません。

彼は深く思い悩み、
岡本さんのところに相談に訪れたのだそうです。

そこで岡本さんは、


いままで契約してくれたお客様に、
何が「決め手」となって選んでくれたのか
聞いてきてほしい



と提案したのだそうです。

数日後彼は、興奮気味に岡本さんのところへやってきます。

決め手をみると、



「自分の話をしっかり聴いてくれたので契約した」



という答えが多いことが分かったのでした。
彼は衝撃を受けます。
いままで契約してくれたお客様は、
彼が独立した直後に対応していたお客様。

昔の方が契約が取れていたのは、
お客様の声に耳を傾けていたためだと分かったのでした。

ところが業界では、
保険の知識の豊富さが獲得数に比例するという常識があり、
彼もその常識にとらわれてしまっていたのです。

彼は昔の営業スタイルでよかったことに気づき、
以前のように徹底的に聞き役に回ることにしました。

そうした姿勢が人気になり、
「話しやすい、相談しやすい」
と次第に口コミで広まっていきました。

「決め手」がわかったので、
ホームページやブログでも、
「話しやすさ、相談しやすさ」を伝えることに集中。

保険に関する内容は一切載せず、
趣味や好きな食べ物、家族旅行の話など
プライベートな部分をどんどん出していきました。

すると相談件数は一気に増え、
口コミで紹介も増えていったのだそうです。

悩んでいた時に比べ、
3倍もの契約を上げることに成功したのだそうです。




実際にそれぞれの業種でどのようにこのたった一つの質問を使ったのか、
本書ではわかりやすく書かれてあります。

ビジネスのヒントに、みなさんもぜひ読んでみてはいかがでしょうか?









岡本達彦『お客様に聞くだけで、「売れない」が「売れる」に変わるたった1つの質問』


プロローグ たった1つの質問で業績がアップした実例集(高額商品を売る業種・専門機器販売店さん─「手軽さ」で売上16倍! 地域密着の業種・大家さん─「アットホームさ」で、4カ月で満室! ほか)

第1章 たった1つの質問は、こう聞きなさい(「売れる」最短の道は行動を再現させること 「決め手」はこうして聞きなさい ほか)

第2章 低予算&短時間で効果的に業績を上げる方法(注文数を上げたいケース・回転寿司店さん─注文する場に「決め手」POP! 商品力を伝えにくいケース・写真館さん─価格表に決め手を掲載して、売上倍増! ほか)

第3章 時間もお金もないなら、宣伝はお客様にお任せしなさい(宣伝は、お客様にお任せしよう なぜお客様に任せたほうがいいのか ほか)

第4章 儲けたいなら、改善点を聞くのはやめなさい(改善点からは何も生まれない 欠点はむしろアピールする ほか)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

  1. 岡本達彦 | URL | JalddpaA

    ありがとうございます!

    こんにちは。

    『お客様に聞くだけで「売れない」が
    「売れる」に変わるたった1つの質問』

    著者の岡本達彦です。

    拙書をご紹介いただきありがとうございます。

    今後とも宜しくお願いします。

  2. 渡辺勝幸 | URL | -

    Re: ありがとうございます!

    岡本さん

    ありがとうございます。
    ご著書、大変勉強になりました。




    > こんにちは。
    >
    > 『お客様に聞くだけで「売れない」が
    > 「売れる」に変わるたった1つの質問』
    >
    > 著者の岡本達彦です。
    >
    > 拙書をご紹介いただきありがとうございます。
    >
    > 今後とも宜しくお願いします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/612-28d72b85
この記事へのトラックバック



fx