「むずかしいからこそわれわれがやる価値がある」井深大(ソニー社長)その2(終)─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

「むずかしいからこそわれわれがやる価値がある」井深大(ソニー社長)その2(終)─昭和時代の私の履歴書

2012年03月13日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈7〉



井深大のお話の続きです。


戦後、技術者の集まりである、
東京通信研究所は大海に乗り出します。

井深らは、技術だけをたよりに
新製品の開発に全力を注いだのでした。

さっそくコンバーターに次いで、
電気炊飯器を手がけますが失敗、

ソニーの失敗第一号の商品となりました。


若い者は住む家もなく、
白木屋三階の工場の一隅に布団を持ち込み泊まり込み、
研究に精魂を注ぎました。


そして真空管電圧計が完成します。
ソニーの記念すべき本格製品第一号でした。

これは逓信院に納入、
コンバーターも含め、官庁需要は増える一方となります。

資本の面でも従業員採用の面からも、
個人企業では支障を生ずるようになり、

昭和21年5月、資本金19万円で、
東京通信工業が設立されたのでした。


初代社長は、
戦時中知事だったことで自動的に大政翼賛会の地方支部長になっていた、
そのことが原因で、文部大臣をパージになった前田多聞、

そして専務に井深、
常務に盛田昭夫が就任したのでした。



「その前に盛田君は東京工大の講師をやり、
 自分の生家の家業である三百年の伝統ある醸造業の
 めんどうをみなければならない立場にあった。

だが、われわれにとって幸いにも
 盛田君は海軍軍人(志願による)だったことで

工大講師の方がパージになり、
 家業の方はわれわれが盛田君の父君に頭を下げて
 身柄をもらい受けることに成功した。

 これがうまくいってなかったら
 今日のソニーは生まれていなかったことと思う。」


昭和21年6月には、白木屋工場では手狭になり、
長野県上高井郡小布施村に二百平方メートルの疎開工場を見つけて、
長野工場を開設しました。


その後白木屋の工場を追い出され、
吉祥寺の内田工場と三鷹台の太刀藤工場に間借りします。

昭和21年8月、資本金を60万円に増資します。


ソニーは順調に発展します。
しかし、再び三鷹台の太刀藤工場の持ち主から工場を追い出されます。


暮れの寒い夜空の中、
井深は盛田と二人で西荻窪あたりを工場捜しに回って、


「みんなが一緒に働ける工場が手に入ったらどんなにうれしいことだろう」


としみじみ語りあいます。


中古車すらも手に入れることができず、
専務、常務でとぼとぼと寒い夜道を
歩きまわらなければならない羽目になったのでした。



井深はこのころが30代後半です。
共感しますね。
がんばれと声をかけたいです。



やっとの思いで昭和21年暮れに、
品川御殿山にあった日本気化器のおんぼろバラック工場を
借りることができ、

ばらばらになっていた会社員が一か所に住めることになります。
これが今日のソニー本社工場の三号館あたりとのことです(当時)。

そして次第に製品の種類が増えるにしたがって、
工場もだんだん手狭になり、
昭和24年には新工場が完成します。



それまで井深は、
たいてい軍や役所、放送局のもので、

与えられた仕様書によって
いろいろなものを作ってきました。

そこで井深は何か大衆に直結した商品を
かねがねやってみたいと思っていたのでした。


「大衆は製品のきびしい審判官であり、
 正しい評価をするものだと信じていたので、
 大衆商品はいちばんやりがいがあるような気がしていた。」


ラジオは終戦後どこのメーカーでも手をつけていたのですが、
あるとき、井深は、
NHKに米軍がテープレコーダーを一台
持ち込んできたのを見せられます。

井深はこれだ、われわれのつくるものは
これ以外にないとそのとき決心します。


研究を進めますが、
最初はザーザー雑音ばかりで
なかなか思うように音が出てきません。

研究者はみな徹夜し、
それが何日も続いたのでした。

思いのままの音を録音できたときは、
みんな手をとってうれし泣きに泣きました。

テープレコーダーは日本では初めてのものとなります。



「このテープをこしらえ上げたことが
 われわれにとっては

 『やればなんだってできるのだ』

 という大きな自信を与えてくれることになり、
 後にトランジスターをやるときにもたいへんな力となったのである。」



昭和28年夏には、
声を録音できるのだから、
テレビが録画できないこともあるまいと、

ちょうど日本のテレビ放送が
産声をあげたころから開発に取り組みます。

そして二つの音声から、
ステレオの開発もします。



さらに昭和29年、井深は、岩間和夫と
アメリカのトランジスター工場を見学します。

当時アメリカではトランジスターは補聴器に使われ、
ラジオには歩留まりが悪く使えないとのことでしたが、

井深はラジオを物にしてやると決心を堅くします。


帰国すると岩間を中心に、
半導体部をこしらえます。

いろいろやってみるとたしかに、
ラジオ用のトランジスターは
製作不可能に近いほど難しいものと分かります。

何べんも中止しようと思いますが、
むずかしいからこそわれわれがやる価値があるのだ、
と思い直して、これに没頭します。

何とか出来上がったトランジスターは、
歩どまり5%、つまり百個こしらえて
及第するものが五個になったとき、

ラジオの生産に踏み切りました。


井深は歩留まりは必ず向上する目算があったので、
思い切って決断したのでした。


「もしあの時、アメリカでものになってからとか、
 欧州の様子をみてからこれに従ってなどと考えていたとしたら、
 日本が年間五百億円の輸出をする
 トランジスターラジオ王国になっていたかどうかははなはだ疑わしく、
 したがって今日のソニーもありえなかっただろうし、
 この無謀ははなはだ貴重な無謀だったと考えている。」


この勝負に、
ソニーのソニーたるゆえんがあるように感じました。


むずかしいからこそわれわれがやる価値がある、


これが日本の成長を支えてきた考え方のように感じました。


そして、
昭和35年、トランジスターテレビ(八インチ)、
昭和37年、マイクロテレビ
を発売していきます。






さて、
一般消費者の目線で見ると、
現在のソニーは、
以前に比べると元気がないように感じます。

韓国のサムソンが席巻し、
日本のメーカーに元気がないのは、

日本経済の落ち込みや、
政策的支援の弱さがあるのかもしれません。


しかし、この井深の私の履歴書を読んでいると、

ソニーの草創期には、
明日の給料も確かではないにもかかわらず、

技術者が何日も徹夜し、試行錯誤を繰り返し、
資材不足のなか材料を集めながら、
いい仕事がやれるという喜びに満ち溢れていたように感じます。


そんな戦後日本の技術者たちのDNAが、
平成の日本にも受け継がれているはずです。

必ずや、日本の技術力に
全世界が再び熱い視線を投げかける時が来ると、
私は強く信じています。






私の履歴書─昭和の経営者群像〈7〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの
私の履歴書。過去の記事はこちらからどうぞ。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

  1. 履歴書の書き方 | URL | -

    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/610-9a50fc15
この記事へのトラックバック



fx