大洋ホエールズ球団の優勝─中部謙吉(大洋漁業社長)その3(終)─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

大洋ホエールズ球団の優勝─中部謙吉(大洋漁業社長)その3(終)─昭和時代の私の履歴書

2012年02月29日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈7〉



中部謙吉のお話の続きです。


戦争は年を追って激しさを増し、長期化、
第一、第二日新丸船団も、

タンカーとして国のお役にたつこととなり、
南氷洋捕鯨は中断となります。


戦局が悪化すると、
食糧事情も悪くなり、そのため魚を取ろうとしても、

気のきいた船はほとんど徴用を受けていて、
魚をとるのさえ思うに任せぬ状況に。


昭和18年には、
第二日新丸が石垣島付近で敵軍の雷撃を受け撃沈、
翌19年には第一日新丸も北ボルネオ沖で沈没。

終戦を迎えたときの林兼は、
船はほとんどなく、補償金もわずか、
会社には数千万円の借金が残り、

その状態のところに外地で働いていた者や復員社員など
700人ほどが帰社してくるという状態になりました。



中部は戦後すぐ、食糧増産を図ろうと、
二百数十隻の建造計画を即決しました。

大造船所に割り当て発注。


終戦後の混乱の中で、
まだ誰も漁業に力を入れてやろうという者はいなかったころのことでした。


しかしGHQの水産部も、
日本の食糧問題解決の早道として奨励します。

にもかかわらず、昭和22年ごろから、
公職追放の嵐が吹き荒れます。

「中部も地方財閥に該当するぞ」

と噂が立ちますが、中部は、
戦争を挑発してもいなければ利用した覚えもないと思っていました。


あにはからんや、
林兼も地方財閥の一つになって

株式は全部預かり没収、
中部全員が追放になってしまったのでした。


その後、知人のアドバイスを聞き、
文書で陳情を繰り返しつづけ、
二年ほどたって追放解除となります。


いろんな「履歴書」を読むと、
ことごとくパージにあっていることがよくわかります。

むちゃくちゃですね。




さて、大洋といえば、
野球少年だった私に言わせると、

「大洋ホエールズ」

という野球チームを思い出します。


兄兼市が社長の時代に、
十何年とやっていたノンプロ球団を、
プロ球団としたのでした。
昭和25年のこと。

しかし大洋ホエールズの成績はちっとも芳しくなく、
いつもしりかしりから二番目あたりをうろついていたのだそうです。


兄が亡くなった時、
中部は会社の幹部を集めて、
この際いままでやってきた野球を続けるべきか、
思いきって辞めるべきか相談しました。

するとみんな、


「せっかく前社長がノンプロから二十何年もやってきて
 一度も優勝しないでやめるのはシャクだ。

 せめて一度でいいから優勝するまで続けよう。
 いっぺんでも優勝したらやめてもいい」


と言ったのだそうです。

そこで中部は、いろいろな人に聞いて策を練ります。

監督は一年で頻繁に変わっていましたが、
三年でも五年でも任せると。

よく優勝する監督はだれかと聞き、
三原監督を引きぬきます。

そして三原監督が来たその年に、
大洋は優勝したのでした。


そして日本シリーズの相手は大毎。

オーナー永田雅一は、
以前この「昭和時代の私の履歴書」でも取り上げましたね。

自信満々の永田でしたが、
大洋は圧勝、その年日本一に輝いたのでした。


いまでは、横浜DeNAベイスターズとなっていますが、
プロ球団をもっている企業というのは、
いつの時代でも勢いがありますね。


その他、ソ連の夫人の話や、将棋の話、
趣味の絵などの話が続きますが、

中部の履歴書は、
なかなか特殊でしたね。



事業後継者ではありますが、
海の男。

学校に行かずに家業を継ぐ。

事業展開も、年を追うごとに変化しています。

そしてプロ野球のオーナー、
大日本水産界のトップにまでのぼりつめたのでした。


中部謙吉の履歴書、
興味深く読むことができました。








私の履歴書─昭和の経営者群像〈7〉


昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの
私の履歴書。過去の記事はこちらからどうぞ。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/595-2857a7f1
    この記事へのトラックバック



    fx