【再録】トラウマを糧にする法その3(終)─アメリカ陸軍教育プログラムの内容 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】トラウマを糧にする法その3(終)─アメリカ陸軍教育プログラムの内容

2012年02月19日 18:00

ペンシルバニア大学教授のマーティン・E.P.セリグマンが、

『DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年7月号』に、

「ストレス耐性を強化するトラウマを糧にする法」と題して、


アメリカ陸軍の「総合的兵士適応度」(CSF)プログラム


について解説していますので、紹介したいと思います。


ここでは、リーダーたちに学習性無力感、鬱状態や不安、
失敗後のあきらめに対して免疫をつけさせ、

楽観主義で物事を考えるよう教育しています。

また、強靭な精神、際立った強み、
豊かな人間関係を構築することによって
再起力を習得し、

さらにその知識を部下に伝える方法を学ばせています。



DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年7月号



昨日は、

「学習性無力感」を防ぐ楽観主義について、
再起力を測定しポジティブ心理学を教育する

アメリカ陸軍のプログラムについてでしたが、

今日はその内容についてです。




【1、心理的適応度テスト】

ミシガン大学のクリストファー・ピーターソン心理学部教授のチームが作成した、
GAT(グローバル評価ツール)というテストがあります。

これは20分間のアンケート形式によるもので、


短所よりも長所に焦点を当てるというもの。


1、感情
2、家族
3、社会
4、精神


の四つの側面での適応度を計測するようつくられています。

この四要素はすべて、
鬱状態と不安感を軽減する要因であることが知られています。

このテストは、すでに90万人を超える兵士が受けているのだそうです。

陸軍はこうしてつくられたデータベースを利用し、
陸軍内での様々な問題に対処しています。



【2、自己改善コース】

2番目の自己改善コースでは、
先の四つの適応度それぞれ(感情・家族・社会・精神)に関連する選択コースと、
心的外傷後成長に関する必修コースからなる、オンラインコースとなっています。



1、感情的適応度モジュール

ポジティブな感情を増幅する方法や、
危機的な現実に直面した際に、
悲しみや怒りなどのネガティブな感情を
過度に感じていないかどうかを自覚する方法を
兵士に教えます。


2、家族的適応度モジュール

携帯電話、eメール、フェイスブック、スカイプなどを利用すれば、
戦闘任務中の兵士や海外駐在員でも、
自分の家族と親密でいられる。

信頼感の醸成、対立への建設的な対処、
意義の共有、裏切りからの回復など。


3、社会的適応度モジュール

脳のミラー・ニューロン(他人の行為を見て、自分のことのように反応する神経細胞)の
見地から共感について兵士に教える。

他人の感情を見分ける練習。
人種と文化の多様性。


4、精神的適応度モジュール

自己認識、自己主体感、自制心、自主性、社会意識性によって

「精神的核」

を育成するプロセスを兵士に課す。


5、心的外傷後成長モジュール

生きていることにあらためて感謝すること
個人の長所を伸ばすこと
新たな可能性に基づいた行動
人間関係の改善
精神の深化

などによって自己変革が実現するという古くからの知恵に基づいている。


心的外傷後成長を促進することが知られている五つの要素について
兵士を対話形式で教育していく。

(1)心的外傷(失敗)への反応を理解する。

(2)侵入思考や侵入イメージをコントロールするテクニックを使って、不安を軽減させる。

(3)建設的な自己表現を行う。

(4)心的外傷を分岐点として描き、喪失と獲得、嘆きと感謝、もろさと強さといったパラドックスをよりよく理解できるような物語をつくる。

(5)人生の原則を明らかにする(利他的に行動できるようになるための新しい方法、新たなアイデンティティの確立法、ギリシャの英雄についての真摯な検討)



それぞれ非常に興味深いですね。
いまアメリカ陸軍でこのような教育が始まっているということは、

今後日本の企業研修にも、
このような要素が多く取り入れられることになるでしょう。

そのとき大事なキーワードは、


心的外傷後成長


つまり失敗した後にどのようにして再起を図るか、


ということなのでしょうね。

いま世の中で必要とされているプログラムと言えるでしょう。



【3、マスター・レジリエンス・トレーニング】

第三の、そして最も重要な構成要素は、
新兵教育担当の軍曹など、リーダー向けのもの。

これは企業の管理職向けの研修としても応用可能。

みずからがまず再起力を習得し、
その知識を部下に伝達する方法を、
リーダーたちに教えるというもの。


このMRTは

(1)強靭な精神の構築
(2)際立った強みの構築
(3)豊かな人間関係の構築

の三つに分かれています。



(1)強靭な精神をつくる

心理学者アルバート・エリスの「ABCDモデル」をまず学ぶ。
これは、

C(感情的結果)は、
A(逆境)から直接生じるのではなく、
B(その人の逆境についての思考)から生じる



D(逆境に関する非現実的な思考を素早く効果的にぬぐい去る方法)
を学習する

というモデル。


(2)際立った強みをつくる

「強みに関する調査票」から、グループセッションを行い、

自分自身について何を学んだか、
兵役を通してどのような強みを身につけたか、
任務の遂行と目標の達成に自分の強みがどのように役立つか、
自分の強みのマイナス面は何か、
どうすればそれを最小に抑えられるか、

を議論する。


そして次に、軍曹たちにチームを担当させ、
各メンバーの性格上の強みのプロファイルを用いて任務に取り組ませる。

最後に軍曹たちが、
「いかに強みを駆使して難局を切り抜けたか」
についての自分自身のストーリーを書く。




これもおもしろそうなものです。
就活キュッカで以前から使っていた手法に似ていますが、
軍曹の教育という面でみても大きな効果があるわけですね。

これからも工夫して就活キュッカで取り入れてみたいと思います。



この「軍曹の自分自身のストーリー」の例をあげてみます。

──────────────────────────────
【引用ここから】

ある軍曹は
「感情をむき出しにして衝突を起こす兵士を、
 愛、知恵、感謝の念という自分の強みを使って助けた」
と綴った。

軍曹は、その兵士が妻への怒りに駆られるあまり、
自分の部隊にまで八つ当たりしていることに気づいた。

軍曹は自分が得た知識を用いて、
妻の立場に立って考えることをその兵士に教え、
二人で協力して妻に手紙を書いた。

彼はその手紙のなかで、
自分が三回派兵されている間に、
一人で大変な思いをしている妻に感謝の意をしたためた。


【引用ここまで】
──────────────────────────────



(3)豊かな人間関係をつくる

カリフォルニア大学サンタバーバラ校心理学部の
シェリー・ゲイブル教授の研究を基盤としている。

この研究によれば、


ポジティブな経験をしている人に対して積極的で建設的な反応
(消極的で破壊的な反応とは逆の反応)を示せば、
愛情と友情が増す。



というもの。


次に、スタンフォード大学心理学部のキャロル・デュエック教授の
研究に基づいて、効果的なほめ方を教わる。


軍曹が(「よくやった」などの漠然とした言葉ではなく)
具体的な事柄に言及すれば、
部下は、自分のリーダーがきちんと自分を見てくれていて、
心からほめてくれているのだとわかる。





以上のような、「トラウマを糧にする法」を
セリグマン教授は、アメリカ陸軍で数年前から教育プログラムとして実施しています。


しかしセリグマン教授は当初、
こうしたプログラムは、ハードボイルドな兵士たちには

「少女趣味」
「感傷的」
「心理療法かぶれ」

と受け取られるのではないかと、
気をもんでいたそうです。

その気持ちも分かりますね。


実際そのような思いは杞憂で、
兵士の大多数が、これまで軍隊で受けたなかで最もよいコースと
五点満点の平均四.九点と評価したのだそうです。



ぜひみなさんも、この論文を参考にして、

トラウマを糧にする方法

を身につけてみてはいかがでしょうか?






この記事だけではなく、失敗に学びたい人にオススメです。


DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年7月号


特集 失敗に学ぶ人 失敗で挫折する人


安心して失敗できる組織をつくる
失敗に学ぶ経営
エイミー C. エドモンドソン ハーバード・ビジネス・スクール 教授


マイクロソフト、3Mが実践する
「知的失敗」の戦略
リタ・ギュンター・マグレイス コロンビア・ビジネス・スクール 教授


「他責的」「無責的」「自責的」のカテゴリーから見る
失敗と責任の心理学
ベン・ダットナー ニューヨーク大学 特任教授
ロバート・ホーガン 元 タルサ大学 心理学部長


ストレス耐性を強化する
トラウマを糧にする法
マーティン E. P. セリグマン ペンシルバニア大学 教授


なぜ、ビジネスの論理と倫理を切り離してしまうのか
「意図せぬ悪事」の科学
マックス H. ベイザーマン ハーバード・ビジネス・スクール 教授
アン E. テンブランセル ノートルダム大学 教授


P&G前CEOが語る
失敗からしか学べない
アラン G. ラフリー 前 ザ・プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー会長兼社長兼CEO


成功への転換点
リーダーが失敗に学ぶ時
1.「マイクロマネジメント」を自覚した時
元 トレーダー・ジョーズ 社長 ダグ・ラウチ
2.「上手に失敗すること」の重要性
エンデバー CEO リンダ・ロッテンバーグ
3.有意義な経験は金銭的報酬に勝る
キュー・ボール CEO アンソニー・ジャン
4.「チャンスをふいにする」という失敗
エレベーション・パートナーズ共同創業者 ロジャー・マクナミー
5.勝利を収めるための条件
全米人道協会 会長兼CEO ウェイン・パーセル
6.リスクを取り続け、失敗してもまた挑む
マンダレイ・エンタテインメント 会長兼CEO ピーター・グーバー
7.失敗にはそれに見合う価値がある
ローズパーク・アドバイザーズ 共同創業者 ホイットニー・ジョンソン


失敗だけでは学べない
成功も厳しく検証せよ
フランチェスカ・ジーノ ハーバード・ビジネス・スクール 准教授
ゲイリー P. ピサノ ハーバード・ビジネス・スクール 教授


大惨事をいかに未然に防ぐか
ニアミス:隠れた災いの種
キャサリン H. ティンズリー ジョージタウン大学 マクドナー・スクール・オブ・ビジネス 准教授
ロビン L. ディロン ジョージタウン大学 マクドナー・スクール・オブ・ビジネス 准教授
ピーター M. マドセン ブリガム・ヤング大学 マリオット・ スクール・オブ・マネジメント 助教授


上海汽車、徳隆のM&Aから学ぶ
七転八起の失敗学
ピーター J. ウィリアムソン ケンブリッジ大学 ジャッジ・ビジネス・スクール 教授
アナンド P. ラマン 『ハーバード・ビジネス・レビュー』エディター・アット・ラージ


4つの知見から学ぶ
「失敗」の論点
1.新製品が失敗する5つの理由
シュナイダー・アソシエーツ 社長 ジョーン・シュナイダー
シュナイダー・アソシエーツ エグゼクティブ・バイス・プレジデント ジュリー・ホール
2.よい職場環境は鎮痛剤に勝る
ケンタッキー大学 助教授 C. ネイサン・デウォール
3.「顧客はいつでも正しい」わけではない
シンガポール国立大学 ビジネス・スクール 准教授
4.シリアル・アントレプレナーの「過剰」な楽観主義
ウォーリック・ビジネス・スクール 教授 デニズ・ユチェバシャラン
ダラム・ビジネス・スクール 教授 ポール・ウェストヘッド
ノッティンガム大学ビジネス・スクール 教授 マイク・ライト


OPINION
ものづくりの過去と未来
和田一夫 東京大学 経済学部経済学研究科 教授


CHIEF OFFICERS
ブランドの原点、成長力は、自分が最高と思えるものをつくること
川崎圭太 リシャールミルジャパン 代表取締役






(平成23年6月25日発行第284号を再録しました)





トラウマを糧にする法その1─二つの極端なタイプ

トラウマを糧にする法その2─無力感を克服するには何が必要か?

トラウマを糧にする法その3(終)─アメリカ陸軍教育プログラムの内容
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/586-56d19953
    この記事へのトラックバック



    fx