ビジネス・アスリートの習慣─仕事の効率を飛躍的に向上させる(Harvard Business Review) - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

ビジネス・アスリートの習慣─仕事の効率を飛躍的に向上させる(Harvard Business Review)

2012年02月16日 18:00

生産性向上コンサルティング会社の
デビッド・アレン社長のデビッド・アレンさんと、

ザ・エネルギー・プロジェクト社長兼CEOの、
トニー・シュワルツさんが、


『DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2012年2月号』において、


「仕事の効率を飛躍的に向上させるビジネス・アスリートの習慣」


というタイトルのインタビューを受け、
その記事が掲載されていますので、
これをみなさんにシェアしたいと思います。





DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2012年2月号




デビッド・アレンは、生産性向上のコンサルタントであり、
ベストセラー『仕事を成し遂げる技術』の著者でもあります。

原題「Getting Things Done」の頭文字をとって、
その仕事術は「GTD」と呼ばれているのだとか。


一方、トニー・シュワルツは、
ベストセラー「Be Excellent at Anything(何事においても卓越する)」
の著者であり、

ザ・エネルギー・プロジェクトという、
ハイパフォーマンスに関する科学的知見を基に、
個人や組織が仕事により積極的に関わりを持ち、
生産性を向上させることを支援している会社のCEOでもあります。




仕事のできるビジネスパーソンになりたいと
このメルマガの多くの読者の方は思っていらっしゃることでしょう。

このメルマガの読者の方とやり取りをしていると、
多くの方が仕事のできる方なんだろうなあと想像しています。

そんな人たちは、
仕事をより効率的に生産的に進めていこうという努力も
日々重ねておられるようです。

この二人の主張は、
そんな毎日のビジネスのヒントになると思いますので、
みなさんにシェアしたいと思います。



まず、デビッド・アレンの主張する概念は、


「すっきりした空間の戦略的価値」


というものです。

なんとなくわかるようなわからないような。



───────────────────────────
【引用ここから】


自分がやるべき仕事とプロジェクトの内容を
もれなくリストに書き出し、

「次にとるべき行動」に集中し、

その行動がどのような種類のものか、
すなわちオフィスで行うのか、
電話をするのか、
コンピュータを使うのかといった手順を考えるのです。


【引用ここまで】
───────────────────────────

いたってシンプルですが、
これをやっている人は少ないかもしれませんね。


書き出す

行動に集中し、手順を考える




シンプルです。

やるべきこと、やりたいことはよく頭に思い浮かべますが、
実際に書かないといけないという話を、
以前のメルマガでもしたことがあります。

その後、

広島のFPファイナンシャルプランナー、
伊藤剛知さん
http://profile.dreamgate.gr.jp/consul/pro/mbc_ito


から、わかりやすい言葉を教えていただきました。


「脳書きするより、紙に書く」


これはわかりやすいですね。
実際に書き出してみることをアレンも提唱しているわけです。



また、シュワルツが、
アレンの理論で実行しているというのが、



「その日の最も重要な仕事はいつも朝一番にするということ」



なのだそうです。

これはよく言われていますね。
朝は休養が十分に取れていて、気が散ることも少ないと。


シュワルツは続けてこう言っています。


「90%の人が午前中真っ先に片づける仕事はeメールのチェックです。

ですが、そうすると、
 その人が最初に片づけようと考えていた仕事が、
 ほかの人がしてほしいとい考える仕事にすり替わってしまいます。」



もしかするとこのメルマガも、
あなたは午前中の仕事の合間に読んでいらっしゃるかも知れません。

そうだとしたらラッキーですね。


先に自分が片づけようと考えていた仕事をやってください(笑)。



このほか、二人のインタビューから、
仕事のやり方そのものについて、勉強になりました。

ぜひみなさんも読んでみてください。











DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2012年2月号


特集 自分を鍛える 人材を育てる


本当の長所を見極め、さらなる高みを目指す
リーダーシップ・コンピテンシー強化法
ジョン H. ゼンガー ゼンガー・フォークマン 共同創設者兼CEO
ジョセフ R. フォークマン ゼンガー・フォークマン 共同創設者兼社長
スコット K. エディンガー ゼンガー・フォークマン エグゼクティブ・バイス・プレジデント

知識労働者の生産性を高める
進捗の法則
テレサ M. アマビール ハーバード・ビジネス・スクール 教授
スティーブン J. クレイマー リサーチャー

組織の活力と良循環を生む
社員を輝かせる5つのステップ
エドワード M. ハロウェル 精神科医

マルチタスクを支える6つの原則
プロフェッショナルの「超」仕事術
ロバート C. ポーゼン ハーバード・ビジネス・スクール 上級講師

仕事の効率を飛躍的に向上させる
ビジネス・アスリートの習慣
デビッド・アレン デビッド・アレン 社長
トニー・シュワルツ ザ・エネルギー・プロジェクト 社長兼CEO

数だけが重要ではない
ハイ・パフォーマーの人脈投資法
ロブ・クロス バージニア大学マッキンタイア商学大学院 准教授
ロバート・トーマス アクセンチュア インスティテュート・フォー・ハイ・パフォーマンス エグゼクティブ・ディレクター

キャリア転換を成功させる5つのステップ
「新しい自分」をつくる法
ドリー・クラーク クラーク・ストラテジック・コミュニケーションズ CEO

社員の積極性と生産性を高める6つのルール
職場に「真実の協力」を生み出す
イブ・モリュー ボストン コンサルティング グループ シニア・パートナー&マネージング・ディレクター

コラボレーションや創造性を生み出す
「意図せぬ交流」を促す職場デザイン
アンヌ=ロール・ファヤード ニューヨーク大学 ポリテクニック・インスティテュート 助教授
ジョン・ウィークス IMD 教授

HBR Article
生物学、心理学、神経科学の知見が教える
利己的でない遺伝子
ヨハイ・ベンクラー ハーバード・ロー・スクール 教授

OPINION
ビッグ・データを操る者が勝つ
樋口知之 統計数理研究所 所長

CHIEF OFFICERS
ロイヤル・カスタマーの満足こそがモチベーションの源泉
ホルヘ・パドロン パドロン 代表取締役社長
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/583-b8fefd0b
    この記事へのトラックバック



    fx