中部謙吉(大洋漁業社長)その1─船酔い克服法と「高く買って安く売れ」 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

中部謙吉(大洋漁業社長)その1─船酔い克服法と「高く買って安く売れ」

2012年02月15日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈7〉



中部謙吉(なかべ けんきち、1896年(明治29年)3月25日 - 1977年(昭和52年)1月14日)は
大正~昭和期(1920年代後半~1970年代前半)の実業家。

大洋漁業(現・マルハニチロ水産)元社長。
プロ野球チーム・大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)の元オーナー。
父は林兼商店(大洋漁業の前身)創業者の中部幾次郎。




明治29年兵庫県生れ。
林兼商店入り。大正14年常務。
戦後地方財閥として追放、昭和25年解除。
28年大洋漁業社長。
30年代積極経営で社業を拡大。
39-44年大日本水産会会長。
大洋球団オーナー。52年1月14日死去。




「私の履歴書」は昭和37年10月に連載している。




私の小さいころ、横浜DeNAベイスターズは、
大洋ホエールズというチームの名前でした。

いま思うと、大洋漁業が
鯨の遠洋漁業で大もうけをしていた時代だということが
わかります。

プロ野球のチームのオーナー企業を見ると、
その時代の日本の勢いがある企業がよくわかりますね。



中部謙吉は三代目の社長、
父親の中部幾次郎が初代社長でした。

中部家の先祖は、
源平時代の末期から代々漁師をしていたそうです。


中部の祖父の代から、
魚の運搬問屋を始め、


「林屋兼松」


と称します。

これが林兼商店となり、大洋漁業になるのでした。
正確には中部の父が五代目になるのだそうです。
丸に林屋の「は」で、マルハ。


中部は、明治29年3月25日、
明石市の東魚町で二男として生まれます。

中部の父は商売熱心で、
明治38年はじめて、鮮魚運搬船に発動機を据え付けます。
これは鮮魚の流通面に一大変革をもたらすことになります。


中部は小さいころから父親に連れられて、
何度も船に乗りますが、
生来船に弱く、真っ先に船酔いしたのでした。


しかし小学校のころの中部は運動神経が敏捷で、
手先も人一倍器用な子どもでした。

たとえば蝶番のふたのついたゴミ箱が流行ると
みかん箱をつぶしてたちまちゴミ箱に仕上げてしまいます。

ほめられると得意になって、
近所の分までいくつもゴミ箱を作ります。

正月にはしめ縄づくり。

林兼の船員たちに食べさせるたくあん漬けは
母が一手につけていましたが、その手伝いもやります。


両親に「勉強しろ」といわれたことは一度もありませんでしたが、
学問には自分から精を出し、
英語塾に通ったりしました。



満14歳、中部は高等小学校を卒業し、
上の学校には行かず家業の道に入ります。


中部は家業につくときまると、
すぐ夜汽車で下関へ向かいます。

下関から朝鮮巨済島へ向かう初船出でした。
下関を出るとシケ模様。
たちまち中部は吐き気を催します。

三日三晩飲まず食わずはき続け、
巨済島に着いたときにはくたくたになっていたのでした。




私渡辺も、
母の実家が島なので小さいころはよく船に乗りました。
今時の大型船で、波の高い時には出港しないわけですから、
大したことはありませんが、

それでも高波の時に動く船はなかなか手ごわいものがあります。
三日三晩はき続けるというのは相当大変だろうなと推測。




そして船酔い克服のため、
中部は特効法を編み出したのでした。


───────────────────────────
【引用ここから】


まず海に気負けしてはならない、
それが第一だが船が揺れたら、
自分の方から多少苦しくても強引に手を打ってゆくのだ。

酔ったと思ったら、
寝込んだりしないで、
自分から甲板に出て吐きたくなれば出す。

胃がからになったら
お茶づけのようなあっさりしたものをすぐに流し込む。

しばらくは持つ。

これを幾度でも繰り返すのだ。

何回もやっていると、
少々のシケには平気になる。

私はこうして、間もなく船酔いを克服してしまった。


【引用ここまで】
───────────────────────────

中部の船酔い克服法は、
なかなか厳しいですが効果がありそうですね。



あるとき中部は玄界灘で猛烈な荒海に遭遇し、
いけすに千何百貫と生け込んでいた、
肝心のハモをすべて失ってしまいました。

中部はそのままおめおめと引き揚げる気にならず、
嫌がる漁師を説得し、
そのまま三日間だけ出漁します。

ところが並みの八百貫のハモしか入りませんでした。

しかし、何が幸いするか分かりません。
生簀の中のハモは数が少ないため、
途中で傷つくものが少なく、歩留まりが非常によかったのだそうです。

さらに盆休みとシケ続きだったので、
値が上がり、前の航海の損失をカバーしてなお余りあるものでした。


また中部は、
父から商売のコツを教えられていました。


───────────────────────────
【引用ここから】


商売のコツとして、
おやじは昔から「高く買って安く売れ」ということを教えていた。

ちょっと聞くと変な気がするが、
売り手は高く買ってやれば喜んでいいものをどんどん売ってくれるし、
買う人は安い方がいいにきまっている。

特に鮮魚の仲買い問屋としてはこの商法は物を言った。


【引用ここまで】
───────────────────────────


噂が広まり、
林兼の若は水を買ってくれる、
と漁師たちがわんさと事務所に押し掛けるようになります。


価格設定の妙味ですね。


「高く買って安く売れ」


これはビジネスのヒントになると思います。


こうして、海で活躍する中部ですが、
ここからさらに大活躍をしていきます。


つづきはまた。






私の履歴書─昭和の経営者群像〈7〉



昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの
私の履歴書。過去の記事はこちらからどうぞ。






関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/582-18116153
    この記事へのトラックバック



    fx