仙台弁護士会で、中小企業に対する政策支援と「共通価値」について講演をしました - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 
自由民主党・県民会議
 事務局長
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
みやぎパラボウリング協会 会長。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

仙台弁護士会で、中小企業に対する政策支援と「共通価値」について講演をしました

2012年02月11日 18:00

2月7日に、
仙台弁護士会において、
中小企業に対する政策支援と「共通価値」について講演をしましたので、
その内容をかんたんにみなさんにシェアしたいと思います。

仙台弁護士会の事業者支援復興チームの先生方に、
主として政策面からの視点からお話をしました。

3次補正予算で、
中小企業の復興政策にどんなメニューがあるのか、
企業金融政策と、
中小企業に対する補助金について情報を共有しました。

また、経営の概念として、
「共通価値」の考え方についてお話をしました。


終了後も、若手弁護士のみなさんと懇親しながら、
深堀りした政策議論をすることができ、
大変勉強になりました。

仙台弁護士会のみなさまにあらためて御礼申し上げます。




【以下メモ】


平成23年4月「東日本大震災被災地復興支援に関する第1次緊急提言」
 =被災者一人一人の「人間の復興」を最大限支援すること
仕事をつくる、農業をつくる、まちをつくる=雇用(起業支援、「だれかの役に立てること」)


仙台弁護士会事業者支援復興チーム(東日本大震災で被災した企業に対する法的支援についての調査、研究)

事業者支援について、政策支援の立場から、また事業者の経営相談を受ける立場からの視点

1、政策支援
2、ビジネスアイデアの基礎となる考え方=「共通価値」




3次補正予算(経済産業省関係)平成23年11月21日成立
どんな事業があるのか?

●企業金融対策
 東日本大震災復興緊急保証(3,703億円)
 東日本大震災復興特別貸付等(日本政策金融公庫出資金)(2,175億円)
 雇用拡大、創業等融資(日本政策金融公庫出資金)(16億円)
 株式会社日本政策金融公庫出資金(資本性劣後ローン)(62.3憶円)
 グローバル展開志向創業支援資金(0.5憶円)
 震災対応型資本性劣後ローン(日本政策金融公庫出資金)(39億円)
 被災中小企業復興支援リース補助事業費(100.5憶円)

●被災地等中小企業の復旧・復興支援
 仮設工場・仮設店舗等の整備(被災地域産業地区再整備事業:中小機構交付金)(48.7憶円)
 被災中小企業等の早期復興に向けた資金支援等(中小機構出資金等)(417.3憶円)
 中小企業再生支援協議会事業(45億円)
 地域商業活性化支援事業(9憶円)
 復旧・復興のための支援専門家派遣(16.5憶円)
 IT・クラウドを活用した中小企業経営基盤強化(13.9憶円)(新規)
 中小企業の高度グローバル経営人材育成事業(5億円)
 下請かけこみ寺相談機能強化事業(2憶円)
 中小企業海外展開等支援事業(10憶円)
 海外展開のためのワンストップ相談支援の強化(5億円)
 海外展開を行う中小企業の経営基盤強化事業(25億円)
 戦略的基盤技術高度化支援事業(49.8憶円)
 経営資源融合を行う中小企業の資本力強化事業(20億円)
 中小企業人材対策事業(24.9憶円)






【共通価値について】


●3月11日以後のボランティア経験
 物資を集め、搬送、相談にのる
 えんぴつ 協力できてうれしい、ありがとうの声が全国から、全世界から
 =人のために役立てたという社会的価値の実現が急速に日本人の間に高まっている。


●ポーターの共通価値
 =社会的価値を創造することで経済的価値も創造するという行為
 =社会のニーズや問題に取り組むことで社会的価値を創造し、その結果、経済的価値が創造されるというアプローチ
 =世の中のためになることをしながら同時にお金もうけをする
  →CSRを否定

 =企業にとって社会問題は中心課題ではなく、その他の課題という認識

→食品メーカー=消費を刺激するために味や量を重視してきたが、「体によい栄養」と
いう基本ニーズに立ち返っている。
インテル、IBM=公益企業各社に向けて、デジタル技術を活用して電力消費を節減する方法を提案
リンク・ソリューション(日本)=経費削減
J&J社

経済産業省支援のドリームゲートアドバイザーとして起業相談。
   起業相談のなかに、ふるさとの地域活性化や起業支援のビジネス
   地元に帰って地域活性化ビジネスをしたい
   迷い猫・迷子犬のポスター・チラシ製作



●昭和時代の私の履歴書

 日本の経営者は昔からその思想をもつ 日本人に帰れ(出光佐三)

出光佐三 「第一次大戦で金をもうけず得意先をもうける」
     第一次大戦で油がなくなると予想
     油がなくなるからいまのうちに手当てしておきましょうと
     商売気を離れて油の用意をする
     出光の客だけ、油が不足して仕事を休むようなことがなかった
     他の事業会社では油が切れて事業を休んだところがたくさん出た。
     お客様のために油を用意しただけで金はもうけない。
     しかし戦争が終わると、油は出光に任せておけということになる。

帝国ホテル開業の日に関東大震災 そのまま宿泊施設開放、炊き出し

大谷米太郎 関東大震災で家と酒屋と工場すべてを失う→生活必需品を集めて売る→富

松下幸之助



【メモここまで】




関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/578-79ad2cd8
    この記事へのトラックバック



    fx